So-net無料ブログ作成

「シェイプ・オブ・ウォーター」 [映画]

shapeofwater.jpg
〔2017年/アメリカ〕


1962年。
政府の秘密研究所で、
清掃員として働くイライザ(サリー・ホーキンス)は、
耳は聞こえるが、
話す事ができない。


ある日、イライザは、
研究所の水槽に閉じ込められている、
不思議な生き物を見る。


それは、アマゾンの奥地で、
原住民から神と崇められている生き物で、
イライザは“彼”と、
心が触れ合えるのを感じ、
密かに“彼”に会いに行くようになる。


しかし、研究のリーダーである
ストリックランドが“彼”の解剖を決め、
その日が近づく。


イライザは、“彼”を連れ出し、
自分の部屋に匿うが・・・。





試写会で観た。


この間、
人魚の映画を観たばかりなのに、
今度は半魚人(笑)。
いや、笑ってはいけない。
これは、究極の
ファンタジーラブストーリー。


アマゾンで神と崇められている、
“彼”を、一目見た時、
3年前に感想を書いた事、
「チュパカブラ」がすぐに思い浮かんだ。
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2015-01-30


本当にこの映画の"彼”は、
“チュパカブラ”っぽい。
南米出身というのも、同じだし。
可愛い、とか、
飼ってみたい、とか、
そういうレベルのルックスではないかも(笑)。


いや、「飼う」という言葉は相応しくないかな。
何せ、“彼”には人間と同じくらいの知性がある。
ちょっと狂暴になっちゃう事はあるけど。
(劇中、それは本能だから仕方ないと言っている)


とてもいい映画だと思うけど、
一つ言わせて。
劇中、
イライザと“彼”は恋に落ちる、
そこまでは、まぁ、いい。


ただ、2人を性交させるまでって、
必要なんだろうか。
そんな場面がなくたって、
十分感動できるんじゃないだろうか。
(イライザがその事を親友に打ち明けるセリフが、
 これまた、大変に生々しい(笑))
何度も書くけど、
人間とチュパカブラよ(笑)。


もちろん、ロマンティックではある。
それは、言葉を超えた愛。
イライザは口がきけないし、
“彼”は言葉を持たない。


それが運命だったら、
必ず惹かれ合う。
相手が誰であっても。


私は、この映画を撮った、
ギレルモ・デル・トロ監督の、
「パンズ・ラビリンス」が好きで好きで、
だから、めっちゃ期待大だったし、


さらに、この映画、今年のアカデミー賞の
作品賞にノミネートされている。


そういった情報に、
左右されたくないけど、
楽しめたので、この点数。


評価 ★★★★☆

nice!(65)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 65

コメント 10

green_blue_sky

話題の作品ですが、趣味に合わない(^_^;)
本日、空海を鑑賞しました。
by green_blue_sky (2018-02-27 14:01) 

zombiekong

私は絶対見たいー! 「パンズ・ラビリンス」も好きだしこれは今年一番見たい映画です。
by zombiekong (2018-02-27 23:43) 

裏・市長

・・・最近、こちらのブログ・・・、
なんだか生臭いんですケド・・・。
湿度も高いわぁ~~。

ちょ…待てよ!。

「神」を飼うなよ!。
「神」を解剖すんなよ!。

なんだか突っ込みどころの多い作品やな。

人間とチュパカブラ…禁断の恋どころじゃないな!。
「変」やな!。
青山実花さんと大和高田市民の恋ほど、
変ではないけどね。
(こちらは全ソネブロ民が祝福した…らしいゾ)。

ポスター見たら、みんな★5つ!。
あの厳しい青山実花さんも★4つ!。
これは期待できるんちゃうん?!。

公開されたら、チュパカブラ(メス)と
一緒に観てきます!。


by 裏・市長 (2018-02-28 05:01) 

馬爺

この所映画が人間以外の生物が多くなりましたね。
実際にこんな生き物がいたらちょっと怖いですね。
by 馬爺 (2018-02-28 07:48) 

リュカ

ここのところの実花さんのレビューは
そそられるものが多いです(笑)
ポスターではピンとこなかったけど、内容を読んで
あれ、これ予告で見たぞって思いました。
予告では水槽の中にどんなのが居るのか分からなかったけど、チュパカブラだったのか!ww
by リュカ (2018-02-28 10:52) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

いつか機会がありましたら、
ご覧になってみてくださいね^^

by 青山実花 (2018-03-02 18:29) 

青山実花

zombiekongさん
コメントありがとうございます。

「パンズ・ラビリンス」は大傑作でしたね^^
こちらもきっと楽しめると思います。
zombiekongさんのご感想が楽しみです^^

by 青山実花 (2018-03-02 18:29) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

すみません、
奈良の方まで、
生臭い匂いが行っていましたか。
消臭元を置いておいたのですが、
そちらの方までは
効かなかったようですわね。


私と大和高田市民との恋ですか?
それは、
人間とチュパカブラとの恋より、
物笑いのタネになりますわよ。
チュパカブラは南米出身ですので、
多少絵になりますが、
ここは日本ですので、
いわば、人間と河童の恋みたいなものですわよ。

どうです、人間と河童。
二人が一緒に映画を観たり、
お食事したり、
公園をお散歩したりするのよ。
スマホで動画を撮られて、
翌日は大変な騒ぎになる事間違いなしですわね。

by 青山実花 (2018-03-02 18:30) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

こんな生き物がいたら、
世界的な大発見となるでしょうね。
見てみたい気もします(笑)。

by 青山実花 (2018-03-02 18:30) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます。

こんな与太ブログでも、
参考になったのなら、嬉しいです^^

そうなんです。
“彼”は、ちょっと恋に落ちる・・・
というルックスではなくて(笑)。
でも愛はルックスを超えるんでしょうね^^

by 青山実花 (2018-03-02 18:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。