So-net無料ブログ作成

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」 [映画]

seinarushikagoroshi.jpg
〔2017年/イギリス〕


外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は、
美しい妻・アナ(ニコール・キッドマン)と、
14歳の娘・キム、
8歳の息子・ボブと幸せに暮らしている。


スティーブンは、
以前、酒に酔った状態で手術をし、
患者を死なせてしまった過去がある。


その後ろめたい気持ちからか、
その時の患者の息子で16歳のマーティン(バリー・コーガン)と、
個人的付き合いをするようになる。


ある日、マーティンを家に招いたスティーブンだが、
その日を境に、奇妙な事が起こる。
ボブの足が、突然麻痺し、
歩けなくなってしまったのだ。


数日後、キムも同じ症状となる。
どんなに検査をしても原因が分からない・・・。





試写会で観た。


不気味、
とにかく不気味。
映画の最初から、
「何かが起こりそう」という
空気で満ちているし、
案の定、それは起こる。


この不気味さは、
バリー・コーガン演じるマーティンに因る所が大きい。
彼は、別に何をするわけでもない。
ただ、何かがおかしい。
彼は、人との距離感が掴めないといった風で、


突然スティーブンの病院に訪ねてきたり、
また、別の日には、
「10分後に待ってますから」みたいなことを、
断れない雰囲気で言ったりと、
大人しいのに、微妙に強引で、
どう対処していいのか分からない、
危うさがある。


スティーブンの家を、
外からずっと見ていたりもする。


そういうのって、
悪魔や、霊よりずっと怖い。
じわじわと締め付けられるような恐怖。
しかも、スティーブンには負い目があり、
強く出る事もできないし。


それから、マーティンの存在とは別に、
我が子が2人とも、
同じ症状で、
寝たきりになってしまった、
スティーブンとアンの気持ちに心が痛んだ。


姉弟が、同時に同じ症状になったら、
私だったら、まず、
何らかのウィルスの感染を疑うだろう。


そうでなかったら、
シックハウス症候群や公害などの環境問題、
それも違うなら、
遺伝性の病気か?
などなど、
あらゆる理由を模索し、
なんとか治してほしいと、
医師に縋り付くだろう。


結局、
マーティンが何らかの呪い(?)をかけた事が、
子供たちの病気の原因だと
分かってくるのだけれど、


どうやら、事態は、
子供のどちらかを殺さない限り、
収まらないと分かる。


無理だ。
子供たちのどちらかを選ぶなんて、
誰にだってできっこない。
そこで、スティーブンはある方法を考え出すのだけれど、
それ以上は書かない。


評価 ★★★☆☆

nice!(69)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 69

コメント 10

きよたん

人の恨みは怖いです
人に恨まれたくない
自分も恨みたくないし
by きよたん (2018-02-25 18:01) 

hatumi30331

この手の映画好きです!^^
観たいなあ〜〜
今は、wowowで、韓国映画のサスペンス?猟奇的?
えげつないのやらいろいろ観てます。^^;
by hatumi30331 (2018-02-26 08:21) 

リュカ

ぐいぐい引き込まれる気がする!
実花さんのレビューを読んでいても惹かれました^^
公式サイトも見て来ちゃいました(笑)
バリー・コーガン、要チェックですわ。
by リュカ (2018-02-26 10:17) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

常に誰かを恨んだり、
憎んだりせずにはいられない人を知っていますが、
表情が暗くて、尋常ではない感じです。
二度と関わらないようにしています。

by 青山実花 (2018-02-26 13:22) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

韓国映画は色々ありますね。
国民性でしょうか。
変えられないDNAなんですかね^^;

by 青山実花 (2018-02-26 13:23) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます。

この不気味な世界に、
リュカさんを引き込んでしまい、
書いた甲斐があるというものです^^

バリー・コーガン、
これから活躍するかもしれませんね^^

by 青山実花 (2018-02-26 13:23) 

裏・市長

「聖なる鹿殺し」だとぉ~~?!。
奈良県民にケンカ売ってんのか?、
ってな映画ですね。

主演もバリー・睾丸とか、
こんなん上映禁止や!。
少なくともワシの目ぇの黒いうちは、
奈良県内では上映させんぞ!。

…と、今検索したら、
TOHOシネマズ橿原で上映予定やて!。
奈良県でここだけ!。なんでや!。

ちょっと映画館前でヘイトスピーチしてくるわ。
「青山党」ののぼり立てて。


子供のどちらかを殺す。

…究極すぎる選択やな!。
大抵、こんな場合、
元凶のマーティンの頭をマグナムで
ブッ飛ばせば、すべて丸く収まるんちゃうの?。

そもそも、酒に酔って患者の手術すんなや!。
で、まだ医者を続けてる・・・。
こっちのほうがよっぽどホラーやで…。
by 裏・市長 (2018-02-26 18:33) 

旅爺さん

おはよう御座います。
この先どうなるんだろう?と思いながら恐怖心を抱いて見る映画は楽しめますね。
by 旅爺さん (2018-02-27 08:43) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

本当にごめんなさいね、
奈良県では、
神様の使者として、
人間より大事にされている鹿を「殺す」だなんて、
罰当たりな事言って。
もう、そのような事は決して言いません。
鹿肉ジャーキーも食べません。
鹿肉フレークも食べません。
ガーリック鹿チャーハンも作りません。
それで許していただけるでしょうか。


裏・市長さん、
マーティンの頭をマグナムでぶっ飛ばしたら、
かけられた呪いが、
永遠に解けないではありませんか。

ここはもう、
彼には優しく親切に。
全財産をあなたに差し上げます、くらいの
気持ちで接しないと。

え?
裏・市長さんも、私に全財産をくださるの?
それはありがたいですわ。
今すぐに、呪いを解いて差し上げますわ。

by 青山実花 (2018-03-02 18:45) 

青山実花

旅爺さん
コメントありがとうございます。

先の気になる映画って、
本当に面白いですよね。
あとは、オチでガッカリしない事を
祈るのみです^^;

by 青山実花 (2018-03-02 18:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。