So-net無料ブログ作成

「今夜、ロマンス劇場で」 [映画]

konyaromancegekijoude.jpg
〔2018年/日本〕


映画監督を夢見て、
映画スタジオで働く純情青年・健司(坂口健太郎)は、
ある日、映画館「ロマンス劇場」のロッカーで、
古い映画のフィルムを見つけ出す。


そこに写っていたのは、
まだ映画が白黒だった時代の作品で、
美しいお姫様の物語。
健司は劇場の閉館時間後、
そのフィルムを何度も何度も観る。


すると、どうした事か、
ある時、スクリーンから、
主人公の姫・美雪(綾瀬はるか)が
出てきたではないか!


白黒映画の中で生きていた美雪は、
色付きのこちら側の世界が珍しく、
また、高飛車なお姫様の性格のままで、
健司を振り回す。


それでも、次第に惹かれ合ってゆく二人。
健司は美雪と、
永遠に一緒にいたいと願うようになるが・・・。





試写会で観た。


映画館のスクリーンから、
主人公が出てくるって、
ウディ・アレンの映画、
「カイロの紫のバラ」かよ!と、
観る前はそう期待もしていなかったのだけれど、
思っていたより、いい映画だった。


私が古い邦画が大好きなせいもあるんだろうけど、
まず、坂口健太郎演じる健司が、
ロッカーから古いフィルムを発見する場面からして、
胸のときめきが止まらない。


その映画は、
人々から忘れ去られ、
残っているフィルムは、
日本でそれ1本だという。


ひゃ~、
そんな貴重な映画、
忘れ去ったりしないよ、
私も観るよ、
お願い観せて観せて!と、
頼み込みたい気持ちになる。


そして、古い邦画のスクリーンから、
主人公が出てくるって、
私でいえば、
川口浩さまが出てくるって事じゃないか。
返す返すも、「ひゃ~」だよ(笑)。
「カイロの紫のバラ」では、
スクリーンからジェフ・ダニエルズが出てきても、
それほど感情移入できなかったけど、
やっぱり、日本人は日本人同士、
こちらは観ていてウキウキする。


で、その後、
健司と姫が恋に落ちるのは、
まぁ、当然の展開だけど、


「この世のものでない」姫は、
ある事をすると、
この世から消えてしまうという条件がある。


その辺りをどうクリアするのかが、
この映画の見どころでもあり、
「そうきたか」というラストには、
涙が出た。


ファンタジーらしく、
とにかく悪人が出てこない。


「もしかして、嫌な奴?」と思われた、
北村一輝演じる
自信過剰、自意識過剰な大スターも、
結構いい奴だったし、


本田翼演じる、
映画会社の社長令嬢で、
健司に片思いする女の子も、
恋のライバルである綾瀬はるかに、
嫌がらせしても不思議はないのに、
一歩身を引く様子が、
むしろいじらしくて、
好きな人に恋人がいたら辛いだろうなぁと、
可哀想に思ったくらい。


それから、この映画の、
本当の主人公は、
加藤剛さんだと思う。


評価 ★★★☆☆

nice!(61)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

nice! 61

コメント 12

うりくま

時代を超えたロマンス、ときめきますネ~。
加藤剛がキーマン?!(昔ファンでした)
SF的洋画「ある日どこかで」も好きでした。
ところで立体メガネを見つけ、拙ブログで
青山実花様の「赤影」の御記事を勝手ながら
リンクさせて頂きました。申し遅れてスミマセン!

by うりくま (2018-02-04 12:47) 

green_blue_sky

予告編は観ていますが、最後は気になっても、観に行かなさそう(^_^;)
by green_blue_sky (2018-02-04 12:53) 

きよたん

良さそうな映画の印象です。
設定が面白いし ロマンチックな感じ
by きよたん (2018-02-04 23:01) 

mitu

ローマの休日の、オードリーが出てくる感じかな
綾瀬はるかファンのツレが観たがっている映画です(^^)/
by mitu (2018-02-05 07:34) 

hatumi30331

そうか〜
そう言う映画やったのね〜
加藤剛さん、出て来るの?
それは、楽しみ。^^
by hatumi30331 (2018-02-05 07:55) 

裏・市長

すいません、異議あり。

この作品は根本的におかしい。

モノクロサイレント映画の世界から、
呼ばれて飛び出てジャジャジャ~ン、
ハクション大魔王でごじゃるよ。

の、綾瀬はるかさんが色つきの女であるのは
おかしい。白黒であるべきだ。

青山実花さんが色つきの女で、
色気ムンムンなのは、世間が認めるところだが、
この映画は誰もが認めるところではないだろう。

ふんっ。ヘンクツジジイの独り言だと、
お笑いくだされ。

異世界というか、時間の流れが違う世界の
人間の遭遇というのは本当は怖い。

ボクがご幼少の頃に見たもので、
今だにトラウマになっているもので、
「ゲゲゲの鬼太郎」の
「隠れ里の死神」というのがあって、
ある村からたくさんの子どもたちが神隠しにあう。

子どもたちは400年に渡り、
隠れ里で暮らしていた。子どものままで。

鬼太郎が妖怪を倒し、子どもたちは解放された。

お父さん、お母さんのもとに帰れる!。

喜び、隠れ里から元の村に戻るほら穴を
くぐり走る子どもたち。

だが、隠れ里と現在では400年の時間差があった。

みるみる肉体は朽ち果て、転がる大量の人骨…。

助けなければ、子どもたちは
あの里で今も生きていられたのに…悔やむ鬼太郎。

いや、元の村に帰っても父も母もいない、
それでよかったのじゃ。目玉の父がつぶやく…。

怖い、怖すぎる・・・。

よかったわ。
青山実花さんとボクは同じ時代に生きてて、
本当によかった。50歳の年の差はあるけれど…。
by 裏・市長 (2018-02-05 12:42) 

青山実花

うりくまさん
コメントありがとうございます。

そうなんです、
加藤剛さんは、キーマンです。
キーマンすぎるんです^^

「ある日どこかで」は未見なのですが、
お噂だけは聞いています。
めっちゃ良い映画のようですね^^
今度観てみます。

このような与太ブログをご紹介いただき、
ありがとうございます。
うりくまさんのブログの品格が落ちなければよいのですが^^;

by 青山実花 (2018-02-10 11:39) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

映画はオチが気になりますね。

by 青山実花 (2018-02-10 11:40) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

たぶん、女の子ならみんな、
この映画にドキドキするのではないでしょうか。
いつか観てみてくださいね^^

by 青山実花 (2018-02-10 11:41) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

あ!
確かにオードリーがスクリーンから出てきたといったら、
分かりやすいかもしれません^^
お連れ様、きっと
綾瀬はるかさんにうっとりなさると思います^^

by 青山実花 (2018-02-10 11:41) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

はい、加藤剛さんが
とってもいい役なんです^^
いつか観てみてくださいね^^

by 青山実花 (2018-02-10 11:41) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

あら、裏・市長さん、ごめんなさいね。
わたくしの文章が下手なせいで、
裏・市長さんによけいなご心配を
おかけしてしまいましたわ。

この映画の綾瀬はるかさんは、
こちら側の世界にきても、
色は付いていないんですの。
そう、お顔もドレスも全部が白黒!

なので、身体の出ている部分全てに
ファンデーションを塗りたくって、
「色付きの女」になったというわけなのですよ。
まるで再結成したタイガースの歌みたいに!

一体どんだけ厚塗りしたら、
そんな風になるのかとは思いますが、
そこはツッコミ無しでお願いしたいですわ。
厚塗りしても、綾瀬さんは綾瀬さん。
可愛い事に変わりはありませんので。
まぁ、わたくしの色気には負けておりますけれど。
おほほ。


え?
400年の時空を超えた物語?

どうも裏・市長さんは、
最近、「400」という数字に凝っておられませんこと?

ほら、なんとかいう僕ちゃんの母親が、
踏み倒した借金の額も400万円でしたわね。
国民的大騒動になっている、あの事件、
ずいぶん何度も、
ブログに書いておられますわね。

400万円なんてはした金、
とっとと返しておしまいになれば、
1億円とも言われる持参金をものにできたというのに、
本当に馬鹿な親子でございますわ。

これが本当の、
「一文惜しみの百失い」というやつですわね。


え?
裏・市長さんって、私より50歳しか年下ではありませんの?
私はまた、62歳くらい下だと思っておりましたわ。
こんな年上の私に、
よくもまぁ、毎日嫌がらせに来るものだと呆れておりましたの。
50歳くらいの差でしたら、同級生みたいなものですわね。

by 青山実花 (2018-02-10 11:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。