So-net無料ブログ作成

「パディントン2」 [映画]

PADDINGTON2.jpg
〔2017年/イギリス〕


ペルーからやって来た、
クマのパディントンも、
今ではすっかりロンドンでの生活に慣れ、
ブラウン家の家族として、
充実した日々を送っている。


パディントンは、
ペルーのルーシーおばさんの誕生日に贈る
プレゼントを買おうと、
骨董品のお店に行く。
すると、おばさんにピッタリの品、
ロンドンの街が描かれた飛び出す絵本を見つける。


けれど、その絵本はとても高価。
パディントンはアルバイトをしてお金を貯め、
絵本を買おうと意気込む。


ところが、骨董店に、
何者かが泥棒に入り、
絵本が盗まれ、
さらに、泥棒を捕まえようとしたパディントンが、
犯人に間違われ、逮捕されてしまう。


ブラウン家のみんなは、
パディントンの無実を晴らすため、
奔走するが・・・。





良かった、本当に良かった。
まさか、これほどとは、
想像もしていなかった面白さ。


冒頭、
弾むようなテンポで描かれる、
パディントンの、
ロンドンでの日常。
彼が、日々をいかに楽しくすごし、
そして、街のみんなから愛され、
役に立っているかが分かる。


観ているこちらまで、
心浮き立つ出だし。
掴みはOK!


その後、色々あって、
泥棒に間違えられ、
警察に逮捕されてしまうパディントン。


その手には、
手錠をかけられるという、
何ともリアルで、ショックな展開。
今の日本での、
どんな凶悪犯が連行されるニュースでも、
なぜか手錠にはボカシがかけられるという、
不思議な現実を鑑みると、
これ、子供に見せちゃいけないんじゃなかろうかと
思えるような、絵面。


この先のパディントンのムショ生活はどうなるの?と、
気になるけれど、
そこはファンタジー。
パディントンの人柄(熊柄?)のおかげで、
最初は殺伐としていたムショの雰囲気に
変化が表れ、
どんどんハッピーに(笑)。


小ネタも笑える。
靴下を洗濯しちゃった場面とか、
ブラウン家のみんなが面会に来た時の
様子とか。


映画の「2」が、
「1」より良かったというのは、
あまりない気がするけど、
このパディントンは、
もう絶対、「2」の方が面白い。
それは「1」が駄目というわけではなく、
よりパワーアップしたという感じで。
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-11-05


「1」の敵役は、ニコール・キッドマンだったけど、
本作はヒュー・グラント。


ヒュー様は、
「ドッグフードのCMに出るような」落ちぶれた俳優という役を
見事に演じておった。


で、で、
映画の本筋とは関係ないけど、
ヒュー様の家の中には、
過去の栄光にすがるかのように、
若かった頃の写真が
無数に飾ってあるのだけれど、
これがファンには必見。


昔の、
あの美しく、イケメンだった頃の
ヒュー様のお写真だらけで、
私ったら、一瞬だけ
パディントンの事を忘れて、
それらのお写真にウットリしてしまった(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(64)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 64

コメント 6

うりくま

面白そうな映画!ヒュー様も楽しそう?
自分のアイコンはハロッズのテディベアで
パディントンではないけどくまが活躍する
ものはとりあえず押さえておきたい(笑)。
ヒュー様というと、つい「モーリス」を
思い出しますが、今でもイギリス人らしい
お顔立ちが素敵ですね♪
by うりくま (2018-02-03 22:40) 

裏・市長

このマタギ野郎っっ!!。

こんな気マジメなクマまで狙ってやがるのか!。
このクマは、このクマだけは見のがしてくれ…。

あの千葉真一さんでさえ、冬山に籠った際に、
ヒグマと出くわし、やむを得ず倒してしまった後、
小熊の存在に気付いた。

真一は小熊に謝った。…スマン!と。

いつか、小熊は成長し真一に、
復讐を遂げるため、その姿を現すかも知れない。
だが、真一は小熊を手にかける事は出来なかった。

小熊に背を向け、そっと下山する真一であった…。

                              完
by 裏・市長 (2018-02-04 02:07) 

裏・市長

あ!青山実花さんも観られたんですか!。
マーマレードサンド2!。

実はボクも観たんです!。
この映画、奈良県でも上映してましたよ!。
ワザワザ東京まで行かなくても、
観られたのが、うれしくて
ポップラコーンまで食べてしまいました。
タダで!人が一生懸命貯めたポイントを使って!。

いやぁ~、タダで食うポップラコーンはうまい。
まぁ、タダなら、なんでも有り難いんですが。

実によい映画でしたね。
なんといってもマタギが登場しない!。
観客の中に若干一名、
マタギが混ざっていたようですが。

クマ料理も一切登場しない!。
クマ以外の動物はすべて、ケダモノ扱いで、
人語すらしゃべられせてもらえないのにね。
観客の中に若干一名、
ケダモノが混ざっていたようですが。

これこそ老若男女、
上は青山実花女王から、下は裏・市長の下僕まで、
すべての年代が楽しめる作品ではないでしょうか。

次回、「パディントン3 悪魔の熊狩り」が
公開されたら、ぜひご一緒しましょう!。
by 裏・市長 (2018-02-04 02:20) 

青山実花

うりくまさん
コメントありがとうございます。

あ、そうでしたね、
うりくまさんのアイコンもくまちゃんでした^^
くまちゃんのキャラって、
何でどれもあんなに可愛いのでしょうね^^

はい、ヒュー様は、「モーリス」の頃から素敵でしたね^^
インテリなところもいいですし、
出ている映画が殆ど
外れがないのもいいですね^^

by 青山実花 (2018-02-10 12:09) 

青山実花

裏・市長野郎
コメントありがとうございます。

しょがねーな、
マタギに生涯をかけた俺様ではあるが、
そんなに言うなら、
このパディントンだけは見逃してやるよ。

ただ、裏・市長野郎よ、
ちょっと勘違いしてやしないか。

このパディントンは、
子供じゃねーんだぜ。
もういっぱしの大人だぜ。
その証拠に、逮捕された時、
少年鑑別所でなく、普通の刑務所に入れられたじゃねーか。
いつまでも人を子供扱いしていると
痛い目に遭うってもんだぜ。

by 青山実花 (2018-02-10 12:10) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そうか、裏・市長、
お前も、この映画を観たのであるか。
それは良かったのぉ。
たまの休日に、
映画くらい観てもバチはあたらないであろう。


しかし、わらわは裏・市長が羨ましいぞ。
わらわは、ケダモノが出る映画館には
行かせてもらえず、
城の中にある、
シアターでしか
映画を観せてはもらえぬのじゃ。

爺やが運んでくるポップコーンは、
毒味に時間がかかり過ぎて、
わらわの口に入る時は、
すっかり冷めておる。

一度でいいから、
映画館という所に行き、
まだ温かいポップコーンを
食べてみたいものじゃ。

裏・市長に頼みがあるぞ。
2020年公開予定の、「パディントン4 やっぱり破談」の時は、
わらわを城から連れ出してはくれんかの。
金子は小判3枚をはずむでな。

by 青山実花 (2018-02-10 12:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。