So-net無料ブログ作成

「スリープレス・ナイト」 [映画]

sleeplessnight.jpg
〔2017年/アメリカ〕


ラスベガス警察の刑事・ヴィンセント(ジェイミー・フォックス)は、
相棒と共に、
マフィアが所持していた、
大量のコカインを奪う。


しかし、その事を、
マフィアのボス・ルビーノ知られ、
ヴィンセントの息子が誘拐され、
コカインとの引き換えを要求される。


また、警察内部の悪を調べる、
女捜査官・ブライアント(ミシェル・モナハン)は、
ヴィンセントが、
コカインを奪った事に気付き、
尾行を開始する。


ビンセント、ブライアント、ルビーノ、
そして、
ルビーノの上をいく、
冷酷なマフィア・ノヴァック。
これらの面子が入り乱れ、
ラスベガスの一夜は・・・。





試写会で観た。


不夜城という言葉がピッタリのラスベガスでの、
たった一夜の出来事を描いた、
ノンストップムービー。


舞台は、
ほぼ、一つのホテルの中だけだけだというのに、
それでも、十分に面白い。


ジェイミー・フォックスはいいなぁ。
あの、
何かやらかしそうな面構え(笑)。
善人を演じても、
悪人を演じても、
どちらもいける、幅の広さ。


ちょっと残念なのは、
このポスター。
こんな大きな文字で、
思いっ切りネタバレしてないか?


観ているこちらは、
どうなの?どうなの?
彼は何者なの?
良い人なの?悪い人なの?と
頭の中で右往左往しながら観るのが
楽しいというのに。


この映画で、
ジェイミー・フォックスの演技や、
ストーリーを堪能する以外に、
もう一つ、楽しみがある。


それは、ラスベガスの街並みを見る事。


これって、ラスベガス観光PR映画?と
言いたくなるくらい、
お話の合間合間に、
意味もなく(笑)、
街が映し出される。


でも、それがいいんだな。
ラスベガスには一度しか行った事がないので、
知ったような事は言えないけど、
あの街の、
いい意味でのどぎつさというか、
毒気には、本当にやられてしまう。
私と一緒に旅行した女友達は、
めっちゃハマって、
旅行後、すぐに、
今度は、恋人と一緒に行ったくらい(笑)。


なので、街が俯瞰で映されるたびに、
おぉ!という気持ちになって、
嬉しくなる。


それから、
この映画、
元々はフランスの、
同名映画をリメイクした作品のようだ。


近いうちに、
オリジナルを絶対観たい。


評価 ★★★★☆

nice!(67)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 67

コメント 6

裏・市長

そうかー、ヴィンセントが奪ったコカインも、
すべては潜入捜査のためかー。

迷わなくても大丈夫。
ヴィンセントはいい人よ。
ポスターに大きく書いてあるから、信用して。

裏・市長さんもいい人よ。
これはブログには書いてないけど、信用して。
信じる者は救われる。
だってお名前からして信用できそうじゃん?。

青山実花さんが信じる、
その貴重な心が、明るい朝を連れてくるのよ。
わかった?。

ラスベガス行ったんかい!人に無断で!。
ワシ、誘われたっけ?。
どうもその辺の記憶があいまいで…。
なんせ、ゆうべの晩御飯すら怪しくて…。

で、ラスベガス言うたら、やっぱりカジノやろ?!。
カジノでルーレットやろ?!。
もう、スッテンテンになって、
スッポンポンにされて、スッカラカンで
日本に命からがら戻ってきたんちゃうのん?。

永遠の天才ギャンブラー・ウラーを
連れて行かないから、そんな目に合うのよ。

ラスベガスくんだりまで行けるオンナが、
なぜに日本の奈良県に来られないのか、
不思議で仕方ない。

ラスベガスよりは近いと思うのだが、
今度、地球儀で調べておくよ。
それとも奈良県には会いたくないヤツでも
住んでいるというのかい、ハニー?。
by 裏・市長 (2018-01-31 05:27) 

mitu

サングラスの下は、意外とかわいい目だったりして…ということもよくありますね~♪
街並みが見たくて見たくなる映画ってあります(^^)/
by mitu (2018-01-31 10:07) 

Ginger

物理的にずーーっとスリープレスナイトが続き死にそ。。。リービングラスベガスで人生に絶望したニコラスがかの地を選んだ、乾いた哀しみを思い出しました!
by Ginger (2018-02-02 20:22) 

青山実花

ウラーさん
コメントありがとうございます。

え!?
ヴィンセントって、
いい人だったんですか?
コカインをマフィアから奪って、
闇で売り捌く、
悪徳刑事じゃないんですか?

最後の最後まで
気付かなかったわー。
私ったら、一体何を観ていたのかしら。
寝ていたのかしら。
映画ブログをする資格なんてあるのかしら。
これからは、
全ての映画の感想は
ウラーに書いてもらおうかしら。


あら、ウラーったら酷いわ。
それじゃあ、まるで、
わたくしが、ウラーに断りもなく、
勝手にラスベガスに行ったみたいじゃないですか。

ちゃんとお誘い致しましたわよ。
2012年11月4日に、
一緒にラスベガスに行きましょうって。

でもウラーったら、
その時妊娠中で、
まだ安定期に入っていないからと、
お断りになったんじゃありませんか。

ま、わたくしは、
ベガスにホテルを持っておりますので、
そんなに行きたいなら、また今度、お誘いいたしますわ、
おーほほほほほ。

ところで、あの時の赤ちゃん、
もう産まれたのかしら。

by 青山実花 (2018-02-03 22:47) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

ジェイミー・フォックスは、
「アニー」にも出ていたくらい、
本当は優しい目をしたおじさんですよね^^

by 青山実花 (2018-02-03 22:47) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

それはそれは・・・。
スリープレスの状態から抜け出せることを祈っています。

おぉ!「リービング・ラスベガス」。
アメリカンドリームを夢見るのも
ラスベガスなら、
死に場所に選ぶのも、
ラスベガス。
素晴らしい映画でしたね。
もう一度観たくなりました。

by 青山実花 (2018-02-03 22:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。