So-net無料ブログ作成

「飛びだす冒険映画 赤影」 [映画]

akakage.jpg
〔1969年/日本〕


琵琶湖に近い霞谷村に、
金目教というカルト宗教が興り、
村人たちは皆、信者になってしまう。


木下藤吉郎は、
金目教の正体を探るよう、
軍師・竹中半兵衛に命じたが、
半兵衛の送り込んだ忍者は、
全て帰ってはこなかった。


そこで半兵衛は、
飛騨の山奥で修行をする、
忍者・赤影に、
金目教の根絶を命じた。


赤影は、
金目教を滅ぼす事ができるのか・・・。





友人が送ってくださった沢山のDVDの中に、
この映画が入っていたので、
観てみた。


「赤影」というキャラクターがいるのは
知っていたけれど、
見るのは初めて。


そして、この映画にとってより重要なのは、
「赤影」ではなく、
「飛びだす」という所にあると思う。


そう、この映画は、
現代では珍しくもなんともなくなった、
3D映画の元祖とも言える映画なのだ。


冒頭で、赤影を演じる坂口徹さんが、
「いいかい、僕が合図をしたら、仮面を付けるんだ」
みたいな説明がある。
仮面というのは、
今でいう、3Dメガネの事なのだろう。
もちろん、今のように立派なものではなく、
紙とセロファンで作られたものではないかと想像する。


説明でも分かるように、
3Dは、全編通してではなく、
劇中の数か所、
主に、アクションシーンだけで、
その場面で合図が出ると、
観ている子供たちは、
慌ててメガネをかけたのだろう。


私はマイ3Dメガネは持っていないので、
その場面は、
モニターに二重に写る動画を
観ているだけだったけど(笑)。


それよりも、私は、
坂口徹さんを一目見た時、
「・・・顔面センター・・・」とすぐ思い、
最後まで、その言葉が頭から離れなかった(笑)。


すみません、
人様の顔をどうのこうのと言うなんて、
あまり品のいい事ではないですが、
思ってしまったので、
正直に書きました(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(54)  コメント(18) 
共通テーマ:映画

nice! 54

コメント 18

よーちゃん

赤影はテレビで見てたけど、こんな映画もあったのね。
確かに3D映画の走りっぽいです!
by よーちゃん (2018-01-26 12:33) 

馬爺

赤影白影なんて懐かしいですね、今では映画は余り見なく成りましたが昔は結構見ておりましたからね。
by 馬爺 (2018-01-26 13:48) 

hatumi30331

うわ〜〜〜
懐かしい!
赤影、大好きでした!
カッコ良かったのよ〜〜♪^^
by hatumi30331 (2018-01-26 15:47) 

green_blue_sky

赤影、テレビでよく観ていました(^_^;)
竹中半兵衛などは全く記憶にないです(笑)
by green_blue_sky (2018-01-26 18:42) 

kinkin

TVで見た赤影、なつかしですね・・・・
まだ、テーマソングが歌えますよ(^^ゞ
by kinkin (2018-01-26 18:49) 

うりくま

うっ、これは親に連れられて見た「東映まんが祭り」
の忍者赤影・・?実写なのに何故「まんが」なのか
判りませんが、赤と青のセロファン(だったか?)
を貼った紙製メガネで見ると立体的になるのが子供心
に不思議でした。「ダイジョウブ!」と鼻に親指を
当てパーの形にするの、真似しました。年がバレル・・
by うりくま (2018-01-26 19:56) 

さる1号

うわぁ、懐かしい~≧≦q
白影が好きだったな^^
by さる1号 (2018-01-27 07:00) 

Ginger

うわ~、そのトキメキってVRに勝る、創造力のチカラですね!
by Ginger (2018-01-27 16:54) 

裏・市長

赤影の魅力は主題歌にも歌われた、
「すずしい目!。

裏・市長の魅力は
下心のありそうな「いやらしい目つき」!。

赤影は時代劇の枠を越えた傑作!。
大きな凧に乗って現れる白影のおじさんは、
ウーウーとサイレンを鳴らしながら登場。

大砲や近代兵器の数々はあたりまえに
画面に登場。しまいには上空をUFOが飛び交う。

里見浩太朗もまさか、こんな物語になるとは、
思ってもいなかっただろう。

この映画、実は急遽穴埋めに作られたものらしい。
本来は、ささきいさおさん主演の
「妖術武芸帳」の飛び出す3D映画で
進行していたものが、テレビ版視聴率不振で、
13話で打ち切りとなってしまい、
どうにもこうにもならなくなった。

そこですでに放映終了していた赤影の第1部を
再編集、出演者を再び招集し、立体部分を
新規に撮影し完成した…らしい。

歴史に「もしも」があるならば、
この映画は本来、誕生していなかった一作なのだ。

という事は、この「のんびり。」にも
レビューは掲載されていなかったハズで、
このボクもコメントを残していなかったハズ。

もっと遡っていけば、
ボクがこの世に誕生していなかった可能性も…。

そうなると青山実花さんの人生にとって、
大いなる損失なので、青山実花さんは、
赤影に足を向けて寝ないように。


by 裏・市長 (2018-01-28 19:07) 

青山実花

よーちゃんさん
コメントありがとうございます。

結構知らないうちに、
映画化されている作品ってありますよね^^;

元祖3D、凄いですね。

by 青山実花 (2018-01-29 09:19) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

馬爺さんさんも、赤影を懐かしいと思われる方の
一人ですか^^

またお時間がある時にでも、
映画、観てみてくださいね。

by 青山実花 (2018-01-29 09:20) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

赤影、お好きでしたか^^

きっと今でいう所の、
ヒーローものの走りだったのでしょうね。

by 青山実花 (2018-01-29 09:20) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

テレビで観ていた、という方が多いですね。
やはり相当な人気だったのでしょうね。

by 青山実花 (2018-01-29 09:20) 

青山実花

kinkinさん
コメントありがとうございます。

テーマソングが歌えるという事は、
相当なファンでいらしたのですね^^

by 青山実花 (2018-01-29 09:20) 

青山実花

うりくまさん
コメントありがとうございます。

えー!
この映画をリアルに劇場で
ご覧になられているとは!
それはもう凄い事です。
羨ましい。
今の3Dですら、
なぜ飛び出して見えるのか、なんて
仕組みも分からない私ですから、
子供時代のうりくまさんが不思議に思うのも当然です。
いいなー^^

by 青山実花 (2018-01-29 09:21) 

青山実花

さる1号さん
コメントありがとうございます。

赤影でなく、白影がお好きという所に、
さる1号さんのこだわりを感じます^^

by 青山実花 (2018-01-29 09:21) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

ほんと、当時劇場で観た子供さんは、
どれほど胸ときめいた事でしょうね^^

by 青山実花 (2018-01-29 09:21) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

まぁ!
当時、大人気であったであろう
赤影さんは、
「すずしい目」と歌われていたのですか。

それを私ったら、
「顔面センター」などと失礼な事を書いて、
本当に申し訳ない事をしましたわ。

人様のお顔の事を、
とやかく言ったりするから、
恥をかく事になるんですわね。
以後、気をつけますわ。


確かに、これだけ長く生きておりますと、
「もしも」・・・
と思う事がよくありますわ。

もしも、裏・市長さんが、
この与太ブログにコメントをくださらなかったら、
この時間、私は、
週末のバカンスの疲れを取るために
二度寝をしていたはずで、
寿命が1日延びていた事でしょう。

「赤影」のおかげで、
死ぬのが一日早まってしまった、
その責任を誰が取ってくれるのかしら。
「妖術武芸帳」が飛び出してくれた方が、
まだ良かったかもしれませんわ。

もしも、裏・市長さんがこの世に誕生されていなかったら、
嫌がらせの応酬をする事で、
解消していた私のストレスが
溜まりまくっていたかもしれませんわね。

それとも、そもそも嫌がらせをされないので、
ストレス自体、溜る事もなかったのか・・・

分からなくなってきましたわ。

by 青山実花 (2018-01-29 09:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。