So-net無料ブログ作成

「祈りの幕が下りる時」 [映画]

inorinomakugaorirutoki.jpg
〔2018年/日本〕


葛飾区のアパートで、
絞殺された女・押谷道子の腐乱死体が発見される。
捜査の結果、
道子は滋賀県在住なことが分かる。


部屋の住人・越川睦夫が
行方不明になっており、
犯人と思われたが、
女との接点が見つからず、捜査は難航。


しかし、少しずつ、
細かい事が分かってくる。
道子は、
同級生で、今は舞台の演出をしている浅居博美(松嶋菜々子)に、
ある事を伝えに上京したらしい。


そんな中、
日本橋署の加賀恭一郎(阿部寛)は、
越川の部屋のカレンダーの、
各月に書き込まれた、
12の言葉を知り、
激しい衝撃を受ける・・・。





試写会で観た。


泣けた。
これは推理ものではあるけれど、
基本にあるのは、
親子の物語だ。


父と娘。
そして、
母と息子。


特に、父と娘の間には、
ある理由から、
鋼の絆がある。
誰も入る事のできない、
強い強い結びつきが。


そして、
そんな親子の情愛が、
究極の形で描かれる。
これこそが、親を思う気持ちなのか、
でも、もっと、
なんとかならなかったのか、と、
泣きながらスクリーンを見つめながらも、
考えずにはいられない。


幼い息子と離れ離れにならざるを得なかった母が、
あるきっかけで、
息子の現在の姿を知った場面も号泣。
大変に立派になった息子。
母は息子の成長過程に関わる事はできなかったけれど、
そんな風に育ってくれた事を、
どれほど誇らしく思っただろう。


事情を知らない人は、
この母を、
息子を捨てた、酷い女だと噂するだろう。
でも、本当は違う。
人にはそれぞれ、事情がある。
何も知らないのに、
表っつらの事象だけを見て、
人を批判してはいけないのだなぁと、
すぐにそれをしてしまいがちな自分も気を付けなければ、と
思わされる内容。


東野圭吾さんの原作は読んでいる。
とても面白い本だった。
原作も凄いけど、
あの内容を、
ここまできちんと映像化したのも凄い。
想像以上だった。


次から次へと新作を発表する東野さん。
東野さんの頭の中には、
どんだけ凄いアイデアが詰まっているのか。


そして、その新作をすぐに読みたくて、
図書館に予約を入れると、
世間は私なんかより、
ずっと情報キャッチが早いようで、
200人~300人待ちは当たり前。


じゃあ買えよ、って話だけど、
家になるべく物を置きたくないので、
極力物は買わないようにしている。
別に早さを競っているわけではないので、
いつも気長に順番を待っているのだけれど。


評価 ★★★★☆

nice!(68)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

nice! 68

コメント 12

green_blue_sky

東野さんの小説は読みずらいので映画のほうが良いです(^_^;)
この映画も観に行かなくては。
by green_blue_sky (2018-01-20 14:33) 

裏・市長

すごいな!青山実花。

たまに発作を起こしたように
映画レビューみたいなものを
ブログにあげる時があるのだけれど、
ボクのような新参者が、
青山実花に勝てる訳がないんだ。

映像だけじゃなく、本を読み、
文字からもその作品を考察する…。

中学校の時のセンセーが言ってたけど、
人間、本を、文字を読まないとアカンのよな。

テレビやスマホから飛び込んでくる情報を
ただ、受け止めるだけではアカンのよ。

自分の中で租借して、消化し、
ぷりぷりと排出しないといけないのよ。

勝とうとは最初から思ってはいないんだけど、
毛糸のパンツの一枚ぐらいは引っ張れるかな?と、
努力はしてみる。

まずは青山実花さんが排出した情報でも、
煎じて飲んでみるわ。

お手数をおかけして申し訳ないんですけど、
明日の朝一番に排出した情報を、
我が家まで送っていただけますか?。

できましたら、クール宅急便で。
なにせ鮮度が命ですので、お早めにお願いします。



by 裏・市長 (2018-01-21 06:18) 

えーちゃん

阿部寛が、いいともに出演してた頃は、こんなに良い役者になるとは思わなかったな(゚□゚)
by えーちゃん (2018-01-21 09:08) 

きよたん

阿部寛大好きな俳優さんです。
by きよたん (2018-01-21 17:15) 

hatumi30331

東野さんの若い頃、デビュー当時からのファンでです!
昔は、片っ端から本を読んでたけど・・・
今は映画になったのをWOWOWで観てるだけですが・・・
新参者はテレビドラマで見てました。
映画も気になる!
観たい!
しばらく待って・・・必ず観るよ!
実花さん、寒波のようです!
暖かくしようね。^^
by hatumi30331 (2018-01-22 07:32) 

さくら君

うちのお店のすぐ近くが舞台で撮影シーンに出くわしたこともあり、シリーズはずっと観ています(^^)
レビューを読ませていただいて俄然期待が高まりました!
楽しみです!(*^-^*)
by さくら君 (2018-01-22 11:58) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

東野圭吾さんは、日本で一番売れている作家さんですね。
どんだけ印税収入があるのか羨ましい^^

by 青山実花 (2018-02-11 14:00) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

「読書とは、他人の頭で考える事である」

と、昔、偉いどなたかが、
名言を残されたそうですけれど、

これの解釈には二通りあるようですね。

1.「他人の頭で考える」⇒自分で考える能力が育たない
2.「他人の頭で考える」⇒様々な方向から、色々な考え方を取り入れる


私は子供の頃から、
本を読むのが好きでしたので、
2を推したい所なのですが、
「お前、色々な考え方なんて取り入れてないじゃん」と
言われてしまえばそれまでで、
じゃあ、1なのかななんて、
全く自分に自信がない、
今日この頃でございます。


まぁ、そんな事はどちらでもいいんですよ。
別に私は知識を得ようとして
本を読んでいるわけではないのです。

物語が好きで、
自分以外の人の人生をなぞりたくて、
本を読むのはそれだけの理由なのです。


by 青山実花 (2018-02-11 14:02) 

青山実花

えーちゃんさん
コメントありがとうございます。

昔、バラエティなのに出ていたかたが、
立派な俳優さんになって、
驚くことがありますよね^^;



by 青山実花 (2018-02-11 14:02) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

私も阿部さん大好きです^^
シリアスもコメディもできる素敵な方ですね。

by 青山実花 (2018-02-11 14:03) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

東野圭吾さんの本はいいですね^^
この映画、
ぜひ観てみてくださいね。

寒いですね。
hatumi30331さんもお体を大切になさってくださいね。

by 青山実花 (2018-02-11 14:03) 

青山実花

さくら君さん
コメントありがとうございます。

そういえば、さくら君さんは
日本橋にお住まいでしたね。
このシリーズはいいですね。
東野圭吾さんの日本橋好きは、
様々な作品から感じ取る事ができますね。

by 青山実花 (2018-02-11 14:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。