So-net無料ブログ作成

「デヴィッド・リンチ アートライフ」 [映画]

DAVIDLYNCH.jpg
〔2016年/アメリカ〕


試写会で観た。


ここのところ、
ちょっと忙しくて、
眠いなぁ、と思っていた所に、
この試写会。
途中で寝ちゃうかなぁと心配だった。


なにせ、デヴィッド・リンチ監督。
監督の映画は、
数えてみると、
今まで6本観ているけれど、
私が理解できた作品は、
1本もない(笑)。


いつも、観始める時は、
今回こそ頑張ろう、
最後まできっちり理解できるようにしようと
意気込むのだけれど、
途中で、
「駄目、分かんない」って。


この映画は、
私には難しいリンチ監督に密着した、
ドキュメンタリー。


もう絶対、
私のような俗人とは、
脳味噌の構造が違うであろう監督が
少しでも理解できれば、
と思ったわけだけど。


私は知らなかったけど、
監督は映画だけでなく、
日常から、
色々、芸術作品を作っているのが
アトリエ(?)の様子から分かる。


監督がアトリエで、
作品を作り出す映像に、
監督自らが語る、
これまでの人生の道のりの
ナレーションがかぶさる。


あのような映画を作る監督だから、
余程特異な幼少期を送ってきたのかと
思っていたけれど、
意外に、特別な事はなく、
幸せそうな子供時代のようだった。


「母親が、塗り絵を買い与えてくれなかったのが良かった」
というのが印象深い。
監督の聡明な母は、
監督の才能に早くから気付き、
既存の絵に色を付けるだけの塗り絵は、
この子に与えてはいけない、と考えたようだ。


両親の仲が良く、
喧嘩している場面など見た事がないという言葉からも、
立派な親に育てられたんだなぁと感じる。


現在71歳の監督が、
芸術作品を生み出している横で、
1~2歳の可愛い女の子が、
うろちょろしている。


お孫さんかと思いきや、
なんと娘さんだそうだ。


さすが監督は、
やる事すべてが規格外なのね。


評価 ★★★☆☆

nice!(61)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 61

コメント 8

さる1号

71歳で1歳の娘さんですってぇ@@;)
いやぁ・・・・凄い、ホント規格外ですねぇ
規格内な自分はちょいと羨ましい^^;
by さる1号 (2018-01-18 21:43) 

すーさん

ツインピークスでリンチの不可解なシナリオに
圧倒され続けるのが楽しくて、理解できなくても
それが何よりの娯楽になってます^^;。
今ではリンチ作品のTSUTAYAなど貸し出し検索
しまくるほどなんです(リンチ作品だけ
なぜかツタヤは検索対象外なんですけど〜^^;)。
by すーさん (2018-01-18 22:15) 

裏・市長

デヴィッド・リンチ監督の映画は、
6本観ているけれど、
私が理解できた作品は1本もない。



…ママァ~、青山実花さんって、バカなのぉ?。


いや、誤解なきように。
この場合のバカというのは、
「バカ正直」の「バカ」。

誰も頭の中まで家宅捜索しに来んで、
「わかったフリして書いとく」んや!。

「さすがはデブミンチ監督、
毎回、私の感性を内部から刺激してやまない」。

「あまりの衝撃に、しばらく私は
座席から立つ事ができなかった…」。

「この作品の評価は各自に委ねたい、
私ごときがあれこれと書き連ねるのは
野暮というものだ」。

で、評価 ★★★★★にしておく。

へ~、あの青山実花さんがここまで書いてるのか…。
一度、観てみるか。

観た人、みんなワケわかんない…。

でもなぁ、あの青山実花さんが絶賛してるんだよ?、
あのエログロナンセンス、アニメまで
なんでもかかって来やがれの庶民派レビュワー、
青山実花さんがだよ?。

理解できないのは、
私がおかしいんじゃないかしら…?。

みんなこれで納得。

映画会社からバックマージンが、
青山実花さんの元にガッポガッポ!。

とりあえず2人で山分け…という事で、
こちら、よろしかったでしょうか?。
もうすぐ利息で食っていけるぜ!。
もう、笑いが止まらん!。
ヘソが麦茶を湧かし続けるっ!!。

あ、このコメント、第三者に見られると
ヤバイんで、あとで消しといてくださいね。


by 裏・市長 (2018-01-19 03:21) 

hatumi30331

これ気になる!
かなり前に、この監督の映画にハマって観てたのよね。
監督の頭の中・・・・思考回路、見てみたい!^^
by hatumi30331 (2018-01-19 07:16) 

青山実花

さる1号さん
コメントありがとうございます。

いえいえ、
私にとってはさるさんも、
十分規格外ですよ(いい意味で)。
あれだけ上手に、ケーキをお作りになられて、
お蕎麦やカレーの食レポを丁寧に書かれるなど、
私にはできない事です。

さるさんなら、71歳でお子様、
十分いけると思います(笑)。

by 青山実花 (2018-01-20 08:38) 

青山実花

すーさんさん
コメントありがとうございます。

おぉ!
リンチ監督、お好きですか。
「理解できない」と書かれてはおりますが、
きっと私よりは、ずっと理解なさっておられるのでしょうね。
羨ましい。
このままリンチ道を突き進んでほしいです^^

by 青山実花 (2018-01-20 08:39) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

あ、コメントが来てる、
誰だろ。
表洋七?
知らないな、ソネット外の人?

なになに、

「僕はデヴィッド・リンチが大好きです。
 彼の映画は毎回、僕の感性を内部から刺激してやみません。

 12月26日公開の新作は、あまりの衝撃に、しばらくは
 座席から立つ事ができなかった…

 この作品の評価は青山実花さんに委ねたい、
 私ごときがあれこれと書き連ねるのは
 野暮というものだ」。

ひゃ~~~!!!!!

「委ねたい」って、
委ねられても困るっつーの。

あの新作、
つい、分かったフリして、
超感動しましたぁ、とか書いちゃったんだよね。
でも、もう本当は、
ぜーんぜん、
意味なんか分かってないもんね。

出まかせよ、
口から出まかせ。
あんな映画、
わざわざ劇場まで観に行く人がいるとは
思ってないもんね。
だから、安心して書いたってのに、
まさか、私以外に観に行く人がいたとはね。


このコメント、
どう返信すりゃいいの?
下手な事書いて、
またコメントが来たら大変だよ。
「もっと深く語り合いたい」なんて言われたら、
困るよ。


そうだ、良い事考えた。

「わたくしこそ、この作品の評価は表洋七さんに委ねたいと思います。
 私ごときがあれこれと書き連ねるのは
 野暮というものですので」。

これでどうだ。
もう二度と、コメントは来るまい。

by 青山実花 (2018-01-20 08:40) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

はつみさん、デヴィッド・リンチお好きでしたか^^
私より、はつみさんが、
この試写会に行かれた方が、
ずっと役に立ったと思うと、
近くに住んでいない事が残念です。

by 青山実花 (2018-01-20 08:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。