So-net無料ブログ作成

「地獄花」 [映画]

jigokubana.jpg
〔1957年/日本〕


平安時代。
琵琶湖に近い高原地帯で、
貴族の一行が、
二組の盗賊、
「麿の党」と「御坊派」に襲われる。


姫君が捕らえられ、
「御坊派」の頭・馬介(山村聡)が連れて行こうとするが、
それを見ていた「麿の党」のステ(京マチ子)は、
姫を可哀想に思い、
馬介に、
「後日、何でも望むものをあげるから、姫を譲ってほしい」と言い、
もらい受ける。


姫を都に逃がした数日後、
馬介がステを訪ねてきた。
「望むものをいただきにきた」と言う馬介は、
ステに襲い掛かった。


数か月後、ステは懐妊している事に気が付いた。
ステの夫で、「麿の党」の頭・袴野は
狂喜乱舞するが、
腹の子が、馬介の子だと知り、
怒り狂って、ステを追い出した。


山中で死のうとしているステを
袴野の手下・勝(鶴田浩二)が助けた。
勝の家で暮らすようになったステは、
可愛い男の子を生んだ。
しかし、ある日、袴野がやって来て・・・。





これはいい。
私好み。
特にラストが好き。
やっぱり大映の映画はいいなぁ。


これは許しの映画だ。
いや、許しといっては語弊があるか。
だって、許されるもなにも、
ステは何も悪い事はしていない。
むしろ、被害者だ。


今の時代なら、
性暴力の被害者として、
訴えてもおかしくない状況だけど、
でも、遠い昔の物語、
たとえ暴力といえども、
「貞女、二夫にまみえず」との諺通り、
それは、あってはならない事だったのだろう。


物語の展開が素晴らしい。
全てのエピソードが自然で、
話がスムーズ。
普段、私も生きている中で、
「あの出来事があったから、
 ああなって、こうなって、そして今がある」
と思う事がよくあるけど、
そんな感じ。


鶴田浩二さんのセリフがいい。
死のうとしているステに、彼は、
「袴野と生活していても、懐妊しなかったあなたが、
 馬介との一度の交わりで子を宿した。
 お腹の子は、必要だから生まれてくるのです」と。


鶴田さんは、
ステに惚れているんだろうけれど、
彼女の出産前も、出産後も、
指一本触れる事のないストイックさ。


そのおかげで、
物語は、
ギリギリ恋愛物にはならず、
ステの行動の基本は、
母性から来るものになっている。


私は、
恋愛物も大好きだけれど、
この映画に限っては、
そうではなくて良かった。


もちろん、
この物語に続きがあるなら、
鶴田さんと京さんは、
その後、結ばれるんだろうけど。


評価 ★★★★☆

nice!(53)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 53

コメント 10

sakamono

遅ればせながら、あけましておめでとうございます^^;。
本年もよろしくお願い致します。
by sakamono (2018-01-06 14:48) 

einstein

謹賀新年
本年もよろしくお願いいたします
by einstein (2018-01-06 19:48) 

裏・市長

「指一本触れる事のないストイックさ」。

…今日はボクに関するレビューでしょうか?。
いくら新年とはいえ、
公然の場でそこまで誉められては、
なんだか居心地が悪い。

もっと言って。


ボクの中での「鶴田浩二」と言えば、
戦争、特攻隊の生き残り…。
昭和をひとり背負っている男。

どんちゃん騒ぎをしていて、
マイクを向けられても、
「いや…自分は…」と、頑なに拒否。
どうしてもと言われれば、
仕方なく立ち上がり、歌うのは
戦地で散って行った仲間たちを偲ぶ軍歌。

自分は生きて日本に帰ったのではない。
死ねなかった、生き残ってしまったんだと、
常に罪悪感にさいなまれている・・・。
そんなイメージが強い。

戦争から時が流れ、当時を語れる者が
いなくなってきた。
我々は「源氏物語」とか「かぐや姫」の物語よりも、
戦争について、もっと聞いておくべき、
知っておくべきではなかったのだろうか。

…え、正月からうるせぇよ!って。

あぁ、そうでした。
遅くなりましたが本年もよろしくお願いいたします。
…何回、新年の挨拶すんだ?。
覚えてろ!明日も新年の挨拶をしに来てやる!。








by 裏・市長 (2018-01-07 03:41) 

旅爺さん

おはよう御座います。
京マチ子って綺麗で色っぽい女性でしたね。
今どうしてんだろう?。
by 旅爺さん (2018-01-07 08:41) 

青山実花

sakamonoさん
コメントありがとうございます。

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
またお会いできるといいですね^^

by 青山実花 (2018-01-07 09:40) 

青山実花

einsteinさん
コメントありがとうございます。

今年もよろしくお願い致します。
お互い、良い映画を沢山観られるといいですね^^

by 青山実花 (2018-01-07 09:41) 

青山実花

鶴田浩二さん
コメントありがとうございます。

明けましておめでとうございます。
謹賀新年。
賀正。
Happy New Year!
年の初めから、早速の嫌がらせ、
本当ににありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


特攻隊の生き残りの
鶴田さん、
イメージ戦略の成功、
おめでとうございます。

目の前に女性がいても指一本触れず、
カラオケに行っても、
決して決して、アニソン10連発などはしない、
その渋いお姿に、
世の女性たちは、
あなた様を憧憬の念を持って見つめていたと、
お噂に聞いております・・・


・・・あれ?
でも、変ですわね。
鶴田さんって、
婚外子の存在が明らかになったり、
女優に手を付けて、
映画を降板されたりと、
死後に、スキャンダルが発覚しませんでしたっけ。

やっぱり、女性に指一本触れない男など、
この世に存在しないんですのね。

いえ、わたくしは、決して咎めているわけではありませんのよ。
「英雄色を好む」
当たり前の事ではございませんか。
どんどんやってくださいよ。
わたくしはそういう人の方が好きですわ、おほほ。

by 青山実花 (2018-01-07 09:41) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

京マチ子さんは、
お元気のようですが、
今は出てこられませんね。
もっと映画に出てほしいですね

by 青山実花 (2018-01-07 09:44) 

うりくま

遅すぎですが、明けましてあけまして
おめでとうございます。
ストイックな鶴田浩二っていいわ~。
といっても私が初めて見たのはドラマ
「男たちの旅路」ですけど(^^;)
鶴田浩二シリーズ、楽しみです。
今年もよろしくお願い致します。♬
by うりくま (2018-01-07 12:38) 

青山実花

うりくまさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、こちらこそ、
これからもよろしくお願い致します。

私もストイックな男性、好きです^^
普段とってもストイックで、
でも、たった一人の女性に対しては、
ストイックでなくなる男性、もっと好きです(笑)。

「男たちの旅路」、
評価が高いようですね。
鶴田さん、素敵なのでしょうね♪
by 青山実花 (2018-01-08 10:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。