So-net無料ブログ作成

「復讐の切り札」 [映画]

fukushunokirifuda.jpg
〔1966年/日本〕


ある4人の悪党、
権藤、駒田、貝塚、中島の所に、
それぞれ、動物の死骸に括り付けられた
脅迫状が届く。
そこには、
「父を殺したお前に復讐する」と書かれてあった。


送り主は、青田新次(田宮二郎)。
船長だった青田の父は、
ダイヤの密輸をしようとした権藤たちを咎めた事で、
嵐の中、
拳銃で撃たれた挙句、海中に放り出されたのだ。


青田は、老人に変装し、
中島に近づき、
父を撃った人間を言えと迫った。
しかし、中島は、
青田の目の前で、
何者かに撃ち殺されてしまう。


その後も、青田は、
そば屋、マジシャン、殺し屋などに変装し、
権藤たちに近づき・・・。





田宮二郎が、
父を殺した4人の男に復讐する物語だけれど、
なんたって、見どころは、
彼の七変化であろう(笑)。


最初に化けた、老人は、
まぁ、いいとしよう。
白髪だし、腰は曲がっているし、
敵が騙されるのも、仕方あるまい。


しかしだ。


その後、彼はフランス人マジシャンとして、
パーティで、
フランス語訛りの、変な日本語を話しながら、
手品を披露したり、
顔にひどい火傷の痕がある殺し屋として、
権藤たちに雇われたり。
どう見たって、怪しすぎる変装を繰り返す(笑)。


さらに、
蕎麦屋の出前持ちや、
盲目の按摩に至っては、
変装にすらなっていない。
白衣を着て、
サングラスをかけただけ(笑)。


敵も、鈍くさすぎやしないか?(笑)
最初に老人で騙された時に、
田宮が変装名人だと知ったはずなのだから、
初対面の相手には、
大変な警戒をするはずなのに、
全くそんな様子もない。


まぁ、とにもかくにも、
トンデモ映画だと思えば楽しめる。


田宮二郎の、昔の恋人を演じる
江波杏子が素敵。


江波さんは、田宮が死んだと思い、
今は、ある実力者の情婦をしている。
そんな彼女と田宮が対面する場面は、
変装の場面とは、
空気感が変わる。


評価 ★★★☆☆

nice!(63)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

nice! 63

コメント 14

green_blue_sky

今だと顔認証でばれそうですね(^_^;)
田宮二郎さん、面白い役をやっていたんですね(笑)
by green_blue_sky (2017-12-07 12:08) 

mitu

目を見ただけで、田宮さんとバレバレな変装ですね^^

by mitu (2017-12-07 12:58) 

うっかりくま

実花さんの解説が面白いので「ツッコミを
入れながら見たい映画」にランクイン決定!
普通の会社員とかじゃなくて特殊な仕事人に
変装する所がミソですね♪やっているうちに
復讐より変装が楽しくなったりして(笑)


by うっかりくま (2017-12-07 22:42) 

MONSTER ZERO

高 毬子さんが懐かしいです!^^;
by MONSTER ZERO (2017-12-08 10:26) 

Ginger

田宮さま三昧!しかも大映映画!面白そうー!!
by Ginger (2017-12-08 12:08) 

海

今時のは知らないですが、昔の映画はバレバレの変装なのに周りが気付かないという前提で進みますね。スター映画の醍醐味でしょうか。
by (2017-12-08 23:19) 

裏・市長

動物の死骸に括り付けられた脅迫状…。

いやぁ~勉強になります!。
本当に憎ったらしい相手には、
このようにやると効果的なのですね。

(…コメント欄への書き込み程度では、
甘いんだなぁ…。みつを)。

全裸の裏・市長の死骸の汚ない尻の
ホッペタあたりに、極太マジック(油性)で、
「実花、お前の秘密を知っている」。

こう書いて、転がしておくのですね。

青山実花め!なにを言う!!。
変装の名人・田宮二郎に対して、
いくら個人ブログでも書いていいことと悪い事がある!。

変装の名人やで?あの、プライド高き田宮二郎やで?。
フランスのマジシャンになりきるためには、
ゼンジー北京師匠に弟子入りし、
手品を会得したに違いない。あいや~!。

蕎麦屋の出前持ちだって、
そば打ちの修行からはじめたに違いない。

ここまで努力した結果が、
そうたやすく見破れるハズがない!。

これは、金を払って観に来てくれた、
青山実花さんに対する二郎のサービス!。

わかりやすくバレバレなまで、
ビジュアル的に見せてるだけーーーーー。

…さすがは紳士・田宮二郎。
ボクも見習いたい…。


by 裏・市長 (2017-12-09 09:04) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

こんなに立て続けに騙されたら、
現代なら顔認証されちゃいますね^^

田宮さんは、二枚目役ばかりではなかったようですね^^

by 青山実花 (2017-12-13 15:21) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

田宮さんはイケメン過ぎて、
バレますね。
こんな人、あまりいませんもの^^

by 青山実花 (2017-12-13 15:21) 

青山実花

うっかりくまさん
コメントありがとうございます。

本当にうっかりくまさんにも
観てほしい映画です。
このような映画、もっとソフト化してほしいです。

確かに、変装したいために復讐を理由するという
本末転倒な事が起こりそう(笑)。

by 青山実花 (2017-12-13 15:22) 

青山実花

MONSTER ZEROさん
コメントありがとうございます。

高毬子さん、田宮さんの弟子みたいな役で
出ておられました^^

by 青山実花 (2017-12-13 15:22) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

田宮さんって、思っていた以上に、
色々な映画に出演されているようですね^^

by 青山実花 (2017-12-13 15:22) 

青山実花

海さん
コメントありがとうございます。

もう、昔は、
そのスターが見られれば、
細かい事など気にしなかったのでしょうね。
映画に突っ込み入れるなんてしなかったのでしょうし。
スターがスターだった、
良い時代だったのですね。

by 青山実花 (2017-12-13 15:23) 

青山実花

みつをさん
コメントありがとうございます。

あ!
余計な事を書いてしまいましたわ。
脅迫状に動物の死骸を括り付けるなんて、
つまらない事を。

みつをさんが、死骸を送り付けたくなるくらい、
憎い相手と言うのが、
どなたの事を指すのかは、
存じませんが、
まぁ、わたくしは除外視して大丈夫ですわよね。

毎日書かれる嫌がらせコメントに、
これだけ心を込めた嫌がらせ返信をしているのですから、
感謝される事はあっても、
憎まれるいわれはありませんわ。

死骸を送る際は、
指紋の拭き取りなど、
ご丁寧になさってくださいね。
最近の警察は、どんな小さな証拠も
見逃さないと言われておりますので。


田宮二郎さまは、
盲目の按摩の役をするために、
浪越徳治郎先生の指圧学校に通ったと、
わたくしも、彼の伝記本で読みましたわ。

その時習った指圧が、
後々知り合った、
山本陽子さんをはじめとする名女優たちを虜にする
結果になったんだとか。
どんな事でも、勉強しておいて損はないのですね。

猟師の役をするために、
猟友会に入ったことが、
あのような結果になったとも言えますけれど。

by 青山実花 (2017-12-13 15:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。