So-net無料ブログ作成

「ダンケルク」 [映画]

dunkirk.jpg
〔2017年/イギリス〕


1940年。
第二次世界大戦が激化したころ。


フランスの港町・ダンケルクでは、
ドイツ軍に追い詰められた、
40万人の英仏連合軍兵士たちが、
絶体絶命の状況に瀕していた。


まだ若い兵士、
トミー(フィン・ホワイトヘッド)と
アレックス(ハリー・スタイルズ)も、
その中にいた。
2人は何とかして生き延びようと模索する。


そんな中、
ドーバー海峡を挟んだ対岸のイギリスでは、
兵士たちを助けるべく、
軍艦も民間船も関係なく、
ダンケルクへ向かっていた。


空軍パイロット・ファリア(トム・ハーディ)も、
出撃。
形勢不利な状況の中、
兵士たちは助かるのか・・・。





試写会で観た。


何ともありがたい事に、
IMAXでの上映。
物凄く贅沢な気分になる。


ケチな私は、
IMAXや3Dで映画を観た方が、
迫力満点だと分かってはいても、
その数百円が惜しくて、
普段は2Dでしか、映画を観ないので。


やっぱりIMAXの臨場感は凄いなぁ。
天井から床までがスクリーン。
音も、体への響きが全然違う。
爆撃されるたびに、
本当に自分がその渦中にいるような迫力を感じる。


帰ってから調べたところによると、
元々、この映画は、
IMAXにかける事を前提に撮られた映画なのだそうだ。
なるほど。
迫力満点なはずだわ。
ただ、逆にいうと、
2Dのスクリーンだと、
IMAXで観られる画像の40%が観られないとか。
それはちょっとどうなのよ、と思わなくもないけど、
まぁ、いいや(笑)。
とにかくIMAXで観られたわけだし。


映画は、特にストーリーというものはなく、
最初から最後まで、
ドイツ軍に攻撃される、
英仏の兵隊たちが描かれる。


クリストファー・ノーラン監督は、
若い兵士の役は、
無名の俳優を使う事に決めていたのだそうだ。
確かにその方が、
兵士を駒としか考えない戦争というものの、
臨場感が伝わってくる。


ただ、
これは、私の問題なのだけれど、
この、ダンケルクという港町で起こった、
兵士救出劇の歴史を全く知らないので、
ただ、映像を観て、
「すごーい」と思うに留まってしまっているのが、
本当に残念だ。


もし歴史に詳しかったら、
もっともっと面白く観られただろうに。


この辺を、
どう考えるかで、
この映画をどう受け止めるかが変わってくるけど、
まぁ、
そんな事、
深く考える事ではないのかな。


評価 ★★★☆☆

nice!(57)  コメント(9) 
共通テーマ:映画

nice! 57

コメント 9

green_blue_sky

ダンケルク以後は、ドイツがパリを占領し、ほぼヨーロッパが、占領されることになります。
しかし、大きな兵力がイギリスに逃れ、4年後の反攻にこの兵力が使われます。
武器はほとんどなしで撤退しています。武器はアメリカから調達し、その輸送船を攻撃したドイツ・・・アメリカが出てきて、それでアメリカ主導になる。武器は大量にアメリカらイギリスに送られています。いろいろな歴史があります(^▽^;)
by green_blue_sky (2017-09-07 19:26) 

sakamono

IMAXというモノを知りませんでした^^;。
そういう、臨場感満点の映画館があるのですね。
そういう映画館で、映画を観てみたいなぁ。
by sakamono (2017-09-07 23:59) 

NO14Ruggerman

コレNHKのニュース枠か何かで取り上げていたのを観ました。
監督はドキュメントの記録にこだわったがゆえCGなし、スタントマンなしで撮り続けたと説明しておりましたので
観てみたいと思いましたね。
by NO14Ruggerman (2017-09-08 14:46) 

裏・市長

IMAXにかける事を前提に撮られた映画。

それが監督の意向なら、
すべてのスクリーンでその仕様で見せてくれよ!。
もちろん通常料金で。

普通の上映館では画面情報の
40%が失われているというのは、
ちょっとマズくはないか?。

ここらで監督の「こだわり」を感じたいところだ。
IMAXじゃないと上映させない!とか。

黒澤明監督は、
作品が完成して納品したら、
「おめー長ぇんだよ。」
もっと切れよ」と会社から言われ、
「これ以上入れねーよ!、切るんなら
フィルムを縦に切れや!」と
言い返したらしい。

やはり100%すべてを見たいのなら、
オプションで別料金を支払えということか。
ストリップに行き、隠し事なしで全開!、
写真も撮らせて!と希望する者は別料金が
発生するものなぁ・・・。

世の中、やっぱり銭やなぁ・・・。

数百円を惜しまず40%を楽しむか、
同じストーリーじゃん?その数百円で
ポップラコーン買って、
爆音あげながらかっ食らうよ!。

キミならどちらを選ぶ?。
by 裏・市長 (2017-09-09 11:31) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

おぉ!
green_blue_skyさん、お詳しいですね。
ご解説、ありがとうございます。
ドイツも、最初は強かったという事ですね。
この映画のイギリスは、どうも弱い感じで^^;

今度、お会いした時に、
また色々教えてくださいね。

by 青山実花 (2017-09-10 12:46) 

青山実花

sakamonoさん
コメントありがとうございます。

映画と接点のない生活をされている方なら、
IMAXを知らなくても、何ら無問題だと思います。

いつか、IMAXで映画を観てほしいです。
すごい迫力にビックリされると思いますので。

by 青山実花 (2017-09-10 12:46) 

青山実花

NO14Ruggermanさん
コメントありがとうございます。

私も、この映画、
CG無しだと後で知り、驚きました。
IMAXは、CGを見せるためという要素が強いのかなと
思っていましたので。
やはりクリストファー・ノーラン監督は、
別格ですごいんですね。

by 青山実花 (2017-09-10 12:47) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

確かに、
IMAXにかける事を前提に作っているのなら、
通常料金で、
絶対IMAXでしか上映させない!
くらいの根性を見せてほしかったですね。

裏・市長さんが、
以前、ブログで「観た」と書かれていた、
「ファンタビ」とか、「はじまりへの旅」とか、
「美女と野獣」とか、「パイレーツ・オブ・カリビアン」
などの監督さんにも、
それくらいの気概があれば、
IMAXで観られたのに、
残念ですわねぇ。

黒沢明監督のこだわりも、
大変なものがあったと、
今では伝説のようになっていますわね。
「あの建物が邪魔だな」と言った数日後に、
それが無くなっていたとか、
本当だか嘘だか分からないようなエピソードも
聞いたことがございます。

裏・市長さん、どうします?
ある日、突然、黒沢組のスタッフが家に来て、
「監督が、この建物を買い取って、今から壊すから、
 出ていってくれ」なんて言われたら。

私ならどうするかしら。
立ち退き料1億円くれ!とでも言おうかしら。
あぁ、だれか、私の家を邪魔だと言ってくれないかな。
楽しみになってきた。

> キミならどちらを選ぶ?。

私なら、数百円を惜しんで2Dで観て、
でもポップコーンは買わずに、
貯金する・・・
・・・って、ケチすぎ・・・。

by 青山実花 (2017-09-10 12:50) 

don

こんにちは~
IMAXのことはよく知りませんが、
ぜひIMAXで見てみたいと思いました。
ぐぐると近所のイオンシネマは、2D上映でした。
orz・・・
by don (2017-09-11 12:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。