So-net無料ブログ作成
検索選択

浦沢直樹 手塚治虫を語る [美術]

urasawanaokitedukaosamuwokataru.jpg


8月20日。
池袋の自由学園で行われた、
「浦沢直樹 手塚治虫を語る」の
講演会に行ってきました。


浦沢直樹さんといえば、
「20世紀少年」や
「YARAWA!」などで知られる、
当代きっての人気漫画家さんであり、
手塚治虫フリークとしても
知られているという事で、
20日をとても楽しみにしていました。




1時間半ほどの講演は、
会場から何度も笑いが起こるほど面白く、
その時私が取っていたメモを読み返してみても、
ここには書ききれないくらいの、
手塚治虫さんのエピソードでいっぱいです。


私が強く印象に残ったのは、
手塚治虫さんの、
それはもう、異様とも言えるような
負けず嫌いだったというエピソードの数々。


例えば、70年代、
手塚漫画が低調と言われるその時期に、
台頭してきたのが、
梶原一騎さんに代表されるような、
数々のスポ根もの。


手塚さんは、アシスタントさんの机にあった、
その類を本を見つけると、
目に涙を浮かべて、
床に叩きつけ、
「こんなものの、どこが面白いんだ!」と叫ばれたそうだ。


そして、スポーツで表現される根性なんて、
根性でもなんでもない、と言わんばかりに、
別の形で、
もっと壮絶な根性を
漫画にしてみせたのだという。


私が、以前に、
手塚さんの、負けず嫌いなご性格や、
激しい嫉妬心の持ち主だったと知った時は、
あのような神様とも言えるようなお方にも、
そのような黒い心があるのかと、
とても驚いた事を覚えているのですが、


そういう部分があったからこそ、
凄い作品が生み出されたのだと、
浦沢さんのお話から、
それを強く感じましたし、
手塚さんも人間だったのだなぁと、
この年になってみると、
少し安心したりもして(笑)。





ステージに置かれた机の上には、
浦沢さんの手元が、
そのままスクリーンに映し出される機械が設置されていたのですが、
手塚さんの絵の特徴を説明されるために、
マジックで紙に絵を描かれたことに、
「うわっ☆」と、私の中で衝撃が。


浦沢さんほどの人気漫画家さんが、
今、目の前で絵を描いておられる。
その、「点の1つ」「線の1本」から、
自分はリアルで見ているんだ思うと、
言いようのない感動で胸がいっぱいで。





それから、1つ。


私がこの講演に出席できましたのは、
お友達のAさんがお誘いくださったおかげなのを、
ここに記しておきたいと思います。


このような個人的なメッセージは、
いつもはメールでするようにしているのですが、
諸事情により、
Aさんは、ご参加が適わなくなってしまい、
「内容については、ブログに書きますね」と
約束していたので、
書かせていただきました。


Aさんが誘ってくださったおかげで、
貴重な体験ができた事、
感謝しています。
Aさん、本当にありがとうございました。

nice!(65)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

nice! 65

コメント 14

green_blue_sky

スポ根、流行りましたね。
巨人の星に代表されるものが多数、いろいろとアニメを読んでいましたがどれもそれぞれに面白いかったですが(^▽^;)
浦沢直樹さん、YAWARA!やMASTERキートンの作品が大好き。
私もこのようなイベントがあるときはお話を聞きたくなります。
by green_blue_sky (2017-08-25 13:25) 

lequiche

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっ!
メチャメチャ行きたかったのです。
でも残念ながら行けなかったので。

手塚治虫は伝説ありますよね。
初めてディズニー映画を観たとき、
お弁当持って行って朝から晩まで
ずーっと映画館にいたとか。

明日館も良い建物ですね。
結婚披露宴を明日館でやった知人がいます。
by lequiche (2017-08-25 15:40) 

にゃごにゃご

小学生の頃、家庭教師の女子大生に「火の鳥」を読ませてもらったのが印象に残ってます。
「ロボットの反乱」のあったやつ、強烈に憶えてます。
大っきくなって「火の鳥」全編購入しました。
by にゃごにゃご (2017-08-25 18:19) 

裏・市長

詳しいな!。

しかし守備範囲広すぎる。
もうとてもついて行けない・・・。

最初、青山実花さんって、
タダの映画バカ(褒めてる。多分)かと
思ってたんですけど、
暗闇にばかりこもっているわけでは
ないんですね!。

友達に黒い人が多かったりするもんなぁ。
交友関係もワールドワイドっぽい。
日本の異国、僻地、秘境、
生きては帰れないと言われる、
奈良県くんだりにもお知り合いがいるんでしょ?。

よし!50年以内にはボクも講演して
差し上げるよ。
「裏・市長(世捨て人) 青山実花を騙る」。

このブログの愛読者さまは、
みんな来てくださるんじゃないかな?。

入場無料だけれど、
集まらなかったら不安だから、
来場者にこちらから謝礼として3万円ぐらい
お渡ししようと考えている。

みてろよ、泰葉並みの爆弾発言が
会場を震撼させる・・・。
by 裏・市長 (2017-08-26 00:09) 

hatumi30331

良い講演に行って来たね〜
手塚治さんの激しい性格の話しは前にも聞いたことあるよ。
だからこそ出来た!って事があるのよね。^^
by hatumi30331 (2017-08-26 07:38) 

向日葵

とても良い講演会だったようですね。

浦沢直樹さんが実際に書いている所を
生で見ることが出来たなんて!!

ここに書ききれなかった濃い話とやらを、
また機会がありましたらお聞かせください。
by 向日葵 (2017-08-26 08:33) 

don

おお、いいもの見られましたね。
うまやらしいです!

ぼくファンなんです。
「BILLY BAT」以外は全作品読んでます。
とくに、マスターキートンは好きで。
日本を代表する、すごい作家です。

by don (2017-08-29 12:49) 

青山実花

green_blue_sky
コメントありがとうございます。

「巨人の星」や「あしたのジョー」ですね。
私は、それらは読んだことが無いのですが、
梶原一騎さんの「愛と誠」がたまらなく好きです。

green_blue_skyさんは、
浦沢直樹さんのファンなのですね。
このようなイベント、
もっとたくさん開催されるといいのに。

by 青山実花 (2017-08-31 22:31) 

青山実花

lequicheさん
コメントありがとうございます。

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっ!^^;
そうだったんですか!
応募はされたのでしょうか。
大変な倍率だったと聞きました。
私は運が良かったのだと思います。

映画館にお弁当ですか^^
どんな事にも研究熱心な手塚治虫さんらしいですね。
ライバルだと思った方の漫画は、
虫眼鏡で細部まで検証するくらいだそうですので^^

明日館、確かに、教会っぽい雰囲気ですね。
素敵でした。

by 青山実花 (2017-08-31 22:32) 

青山実花

にゃごにゃごさん
コメントありがとうございます。

「手塚治虫さんの漫画で、ベストは何か」という話になった時、
皆さん、意見はそれぞれですが、
「火の鳥」を挙げられる方も多いようですね。
残念ながら、私は読んだことないので、
今度読んでみますね。
ちなみに、私が一番好きなのは、
「ブラックジャック」です^^

by 青山実花 (2017-08-31 22:32) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さん、
この間、私は、コメント欄で、
「Facebookのお友達は黒人ばかり」と書きましたが、
あの後、すごく後悔したのですよ。
事情を知っている、裏・市長さんや、一部の方は、
「あはは~」と笑われた事でしょうが、
他の殆どの皆さんは、
「友達は黒人ばかりって、こいつ、自慢かよ」と
思われたんじゃないかなぁって。

それはもう、自慢でもなんでもないんです。
黒人さん「しか」友達がいないなんて、
異常事態なんです。
友達認定なんて、していないんです。
事情を知りたい方は、
コメント欄にアドレスを書いてくだされば、
説明したいくらいなんです。

まぁ、いいですけどね。
所詮バーチャルな世界での出来事。
全ては仮想空間で起こっている事なんですから、黒人上等。
自慢でもなんでもしてやれってんですよ。

え?奈良に知り合い?
いますわよ、バーチャルな世界に一人。
それは自慢になるのかしら。
3万円くださるの?交通費別で?
行きます!
一番に駆け付けますので、その時はぜひご招待をお願いします。

by 青山実花 (2017-08-31 22:33) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

はい、とても楽しかったです^^
手塚さんは、私が思っていた以上に、
「人間」だったようで、
親近感を覚えてしまいました^^;

by 青山実花 (2017-08-31 22:33) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます。

> 浦沢直樹さんが実際に書いている所を

向日葵さんは、ここに反応されますよね。
分かります。
ご一緒できれば良かったですね。

また色々お話できるといいですね。

by 青山実花 (2017-08-31 22:33) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

浦沢直樹さん、やはり人気ですね。

漫画以外にも、バンド活動もされているというのも、
donさんの感性と
どこか似ている部分があるのかもしれませんね。

by 青山実花 (2017-08-31 22:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。