So-net無料ブログ作成
検索選択

「草原に黄色い花を見つける」 [映画]

sougennikiiroihanawomitsukeru.png
〔2015年/ベトナム〕


80年代後半のベトナム。
農村で暮らす、
ティエウとトゥオンは、
仲のいい兄弟。


ティエウは、幼馴染の少女・ムーンに、
淡い恋心を抱いているが、
その気持ちを上手く伝える事ができない。


そんなある日、ムーンの家が火事になり、
ムーンの両親が新しい家を探すまでの期間、
彼女をティエウたちの家で預かる事になる。


まだ幼いトゥオンは、
ムーンと無邪気に一緒に遊ぶが、
どうしても彼女を意識してしまうティエウは、
それができず、
トゥオンに嫉妬心を燃やしてしまう。


ある日、嫉妬が頂点に達した時、
ティエウは、取り返しのつかない事をしてしまう・・・。





試写会で観た。


いい映画だった。
詩情あふれる、珠玉の作品。


ベトナムの農村が舞台だけれど、
「邦画だよ」と言われたら、
信じてしまいそうなくらい、
日本の田園風景に似ている光景が広がり、
出てくる人々の顔立ちも、
日本人と何ら変わらない印象で、
懐かしさを感じるような映像。


そして、そんな風景の中、
ティエウとトゥオンという、
仲のいい兄弟を中心に、
物語が展開する。


2人の年齢は明確には分からないけれど、
見た感じや行動から、
ティエウが6年生、
トゥオンが1年生くらいだろうか。


子供の頃の、この年の差は大きい。
ティエウは、恋を知った、大人になりかけた少年だけれど、
トゥオンは、兄のムーンに対する恋心など、
まるで忖度する事もなく、
無邪気に彼女と接する。
そしてティエウは、それに嫉妬する。


このように書くと、
ティエウの恋がメインの話のようだけれど、
それだけではなく、
細かいエピソードがいっぱいで、
その一つ一つが、面白い。


トゥオンが、村の青年と娘の、
ラブレターを運ぶ手伝いをしていたり、
トゥオンがめっちゃ可愛がっているカエルに、
とんでもない顛末があったり。
(場内から笑い声。私も笑った)


ティエウは、学校で、
担任の先生に小突かれたりしている。
(体罰とは違う)
今の日本では、
あの程度でも問題になるんだろうなぁ。


そして、いつの時代も、どこの国にでも、
必ずいるのが、ジャイアンみたいなクラスメイト。
ティエウは、こやつに殴られたりもするけれど、
意外とやり返したりして、
それなりに対等な関係だ。


そして起こる、ある「事件」と、
その後の流れ。


ファンタジーのようだけど、
ファンタジーでなく、
とてもいい。
多くの方に観てほしいです。
(試写会で観せていただいたからと、
 まるでステマのようなレビューですが、絶対違います(笑))。


評価 ★★★★☆

nice!(66)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 66

コメント 8

きよたん

ポスターのー写真みただけでもいい映画とわかりますね
観てみたいです
by きよたん (2017-07-29 13:06) 

旅爺さん

ベトナムも戦後の復興はめざましい物がありますね。
緑豊かな農村地帯の幼い子供達の物語なんですね。
by 旅爺さん (2017-07-29 14:04) 

裏・市長

「ティエウは、取り返しのつかない事をしてしまう・・・」。


・・・なにや?!何をやったんや!!?。

子ども同士の嫉妬というと一番に思いだすのは、
「わたしのアンネット」やな。

あれは・・・エグイ。

子ども向けなのに、子どもに見せてエエんかと思うほどエグイ。

嫉妬の末に犯した罪と罰。
後悔と懺悔。
そしてどれだけ謝罪しようとも許されず、報われない…。

もう主役のアンネットが強烈すぎる。鬼か!。

青山実花さんもお時間がございましたら、
絶対に見ないでください。胸が悪くなります。

「嫉妬」の感情は誰にでもある。
ないと言えばウソになる。
いいなぁ、うらやましいなぁ、誰だって思う。

天皇陛下だって、天下一品でラーメン食べて、
カラオケに行き、サーチーワンアイス、
ダブルで食べたいかも知れない。
でも、そんな事、一生出来ないんだぜ?。

ボクらは園遊会には一生、出席できないけれど、
自由がある。好きな時に好きな事がでける。

どっちが幸せかなんて、誰にもわからないけれど・・・。


by 裏・市長 (2017-07-30 06:17) 

hatumi30331

チェックです!
ベトナムの映画ね。
こういう好き!
きっとWOWOWでやると思う。^^
by hatumi30331 (2017-07-30 08:08) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

このポスターは、
本国ベトナム版ですね。
日本版よりいいので、これを載せてみました。

とてもいい映画でした。
きよたんさんにもぜひ観てほしいです。

by 青山実花 (2017-07-30 20:11) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

ベトナム戦争・・・悲しい歴史ですね。
この映画は、戦争があった事など
感じさせないような、
田園が舞台の映画です。
子供たちも生き生きと描かれていて、
良かったです。
by 青山実花 (2017-07-30 22:57) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

「取り返しのつかない事」、
やっぱり気になりますよね。
では、いつものように、
裏ブログに、それを書いておきますので、
お暇な時にでも、読んでくださいね。


もう、裏・市長さんが、
「わたしのアンネット」を見ろ見ろ見ろ見ろ言われるものですから、
思わず借りてしまいましたわよ。

まだ、第1話しか見ておりませんので、
裏・市長さんが仰るような佳境に入るまでには、
もう少し時間がかかりそうですわ。

1話だけ見た感じでは、
アンネットが鬼とは思えず、
可愛い、活発な女の子という印象ですわ。
彼女がどう鬼になっていくのか、
楽しみに見ていきたい所でございます。


裏・市長さん、
園遊会に一生出席できないなどと、
決め付けてはいけませんわ。

人生は、チャンスチャンス、チャンスの連続でございます。
いつか、裏・市長さんにも、
チャンスが回ってくるかもしれません。
園遊会は、同伴者一名までOKだと聞いております。
裏・市長さんがお招きされた際には、
申請書の同伴者の欄に、ぜひ「青山実花」と書いてくださいね。



by 青山実花 (2017-07-30 22:59) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

hatumi30331さんもきっと
楽しめると思います。
ぜひご覧になってみてくださいね。


by 青山実花 (2017-07-30 23:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0