So-net無料ブログ作成
検索選択

「ブランカとギター弾き」 [映画]

blankatoguitarhiki.jpg
〔2015年/イタリア〕


フィリピンのストリートチルドレンの少女・ブランカは、
物乞いや、
時に窃盗やスリをしながら、
生きている。


ある日、ブランカは、
有名女優が孤児を養子にしたことを知り、
「子供を買えるなら、ママだって買えるだろう」と考える。


ブランカは、盲目のギター弾き・ピーターと知り合い、
2人で旅に出た先で、
「ママ買います」のポスターを街中に貼る。


路上で、
ピーターのギターに合わせて歌っていると、
その美しい歌声を聞きつけたレストランのオーナーが、
自分の店で歌ってみないかと声を掛けてくる・・・。





試写会で観た。


甘い。
甘いなぁ、自分は。
本当に甘さを痛感したよ。


それは、
ブランカが、見知らぬ中年女性に騙され、
何やら、怪しげな店に連れて行かれる場面。
「付いて行ってはダメ!
 そこは性的なサービスをさせられる店よ!」と
こちらは、ハラハラしながら観ている。


2人の後を付けていく、
ストリートチルドレン仲間の、
ちょっと意地悪な少年がいる。


私は、てっきり、
その少年は、
ブランカがいよいよ危なくなったら、
助けるつもりで、後を付けてくれているのだと思っていたのだ。


けれど、違ってた。
逃げ出したブランカを追いかける女性から、
「あの子を捕まえて」と言われた少年は、
ブランカを鳥小屋に閉じ込める。
彼は、最初から、
ブランカの事なんかどーでもいいし、
彼女が逃げ出す事を想定して、付いていっただけ。
捕まえた事によって得られる報酬の方が、
ずっと大切なのだ。


今までいろんな映画を観てきて、
予定調和というか、お約束というか、
「普段、意地悪な人間も、いざとなれば助けてくれる」
などという、
甘い刷り込みがある自分に気付く。
でも現実の生活に、予定調和など有りはしない。
私は本当の貧困など、分かっていない。


ギター弾きのピーターはとても優しく、
ブランカとは、
本当の親子のようにいい関係だ。


けれど、そんなピーターも、
一日中、路上でギターを弾いて、
人々から恵んでもらった金を、
夜、ストリートチルドレンに奪われてしまう。
「あの人は障害者だから」などという、
特別視は全くない。
目の前の缶に金が入っているから、奪う。
ただ、それだけ。
むしろ、追いかけてこないだけ幸いという感じで。


それから、
ハリウッド女優などが、
発展途上国から、養子を迎えるという行為には、
前から少し違和感を感じていたけれど、
やはりそれは、私が思っている以上に、
残酷な事なのではないかと思った。


そのニュースを見聞きしたストリートチルドレンは、
羨ましくて羨ましくて羨ましくて羨ましくて、
「いつか自分も」と思う。
けれど、スターに引き取られる確率なんて、
宝くじが当たるより、有り得ない事だ。
大人なら、それが分かるけど、
子供は夢を見てしまう。


ブランカが、何度か、
道行く人の財布を盗む場面がある。
最初は、「それは駄目だよ」と思っていた私だけど、
一人の女性の、ヴィトンのバッグから財布を盗む時、
「ま、いっか。ヴィトン持てる人なんだから。
 財布の一つくらい盗まれたって、何とかなるでしょ」と
思ってしまった自分に少し笑った。
(笑っちゃいけないが)


評価 ★★★☆☆

nice!(58)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 58

コメント 6

にゃごにゃご

東南アジア旅行が好きな親戚の青年と話してて、
ストリートチルドレンの話になって、
親戚「他の国では、(金をくれ)なんだけど、
フィリピンでは(水をくれ)だった」って。
「すっごい貧しい」って言ってた。
「教育も関係あるみたい」って。
by にゃごにゃご (2017-07-28 17:00) 

裏・市長

「有名女優が孤児を養子にした」。

これは、気分がいいだろう?。サイコーだろう?。
なんせ可哀想な孤児を引き取って
育てるんだから。哀れな孤児を。

絶対にしてはいけないと思う。
するならば、すべての孤児を引き取るべきである。
ひとり残らず引き取るべきである。

選ばれた子はラッキー♪。
選ばれなかった子は次回にご期待ください。

貧困だなんだは、個人がどうのこうの出来る
レベルの問題じゃない。

ボカァ、募金とか24時間テレビとか嫌いなんだ。
募金なんかした事もない!…と言いたいところだが、
大震災の津波に圧倒されて、ついつい、
貯まっていたヤフーポイントを全部、
クリック寄付してしまった過去がある。

あとで「しまった!」と思った。

こんなん、国レベルでする事やん!。
個人のチカラなんて微々たるもんやん。

ヨソの国に支援する余裕があるなら、
自国の足元を見直せよ…と。

そうは思ったが、ここは身近なところで
裏・市長さんの闘病を支援する
クリック募金をこのブログに設置してはくれまいか。

どこに使われてるのか、誰に使われたのか
わからん募金をするならば、
裏・市長さんを支援する方がよっぽど有意義である。
by 裏・市長 (2017-07-29 08:52) 

hatumi30331

なかなか面白そう〜
私もヨーロッパ映画を見ると、自分の中にはない不調和を感じる事が多いよ。 思い込みやね。 日本人は、いたって平和主義。
言い終わり方を期待するけど・・・・・・
ことごとく裏切られてイヤな気持ちで終わる事が多いのは、韓国映画。
酷い!酷過ぎる!!って、よく叫んでます。
私も甘ちゃんなのよ。^^;
by hatumi30331 (2017-07-29 09:31) 

青山実花

にゃごにゃごさん
コメントありがとうございます。

> フィリピンでは(水をくれ)だった

これは大変に重いお話ですね。
生きてゆくのに、基本中の基本である、
水を得る事さえも難しいという事ですね。

私もセブ島に行った事があるのですが、
ここには書けないような、
トンデモ話があります。
またオフ会の時にでも、お話いたしましょう。

by 青山実花 (2017-07-30 20:08) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

お!珍しい事もあるものです、。
普段、嫌がらせの応酬に明け暮れている裏・市長さんと、
意見が合いましたわね。
私も同じ考えです。
貧困など、
有名人が一人や二人、孤児を引き取ったって、
どうにかなる問題だとは思えません。

しかも、引き取った子を、
その国の平均的なレベルの生活をさせるならともかく、
金にあかせて贅沢三昧させるなどしては、
なんだかもう、意味が分かりません。
何かの実験か?とまで思ってしまいます。


今年も24時間テレビの季節がやって来ましたね。
マラソンがどうのとか、
あれも意味がわかりません。

何か、誰かが得をするようなシステムが、
きっとあるのでしょう。
テレビ局や、芸能事務所や、スポンサーが、
損をしてまでチャリティをするとは思えませんからね。


裏・市長さん、
こんな3人しか読者がいないような与太ブログで、
募金したって、お金は30円しか集まりませんわ。

それより、この、大金持ちセレブの私が、
裏・市長さんの闘病を支えて差し上げますわ。
これからは、嫌がらせ返信をやめて、
心温まる、優しい返信をすればよろしいでしょうか。
お金の支えより、心の支え。
あぁ、私ったら、何て優しいんでしょう。

by 青山実花 (2017-07-30 20:09) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

やはり、日本人は平和なんでしょうね。
人は優しくしてくれて当たり前と
思っている所があって。

ヨーロッパも、アメリカも、アジアも、
自分で生きて、自分を守らなければ、
誰も助けてくれない。
精神構造からして、違うのだと思います。

by 青山実花 (2017-07-30 20:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0