So-net無料ブログ作成

「ボンジュール、アン」 [映画]

Bonjouranne.jpg
〔2016年/アメリカ〕


著名な映画プロデューサーの夫・マイケル(アレック・ボールドウィン)と
長年の夫婦関係を築いてきたアン(ダイアン・レイン)。


ある時、マイケルと共に、
カンヌ映画祭にやってきたアンだが、
マイケルは、撮影で急遽ブダペストに行ってしまう。


マイケルは、
自分の友人のジャック(アルノー・ヴィアール)に、
アンをパリまで送ってくれるように頼む。


そのままストレートにパリまで行くつもりでいた
アンだったが、
ジャックは、
行きつけのレストランや、
プロヴァンスの城や、
サントヴィクトワールなどに
案内がてら寄り道する。


少し困ったアンだが、
ジャックと話しているうちに、
自分が何を好きなのか、
何がしたいのかを再発見してゆき・・・。





フランスの名所巡りを兼ねた
ロードムービーという感じだけど、
人生に一段落した主婦が、
自分の事を考えるよい機会を与えられたという感じで、
悪くない。


ダイアン・レインがとっても素敵。
デビュー作「リトル・ロマンス」から38年、
「ストリート・オブ・ファイヤー」から33年か。


子役は大成しないなんて言葉は、
彼女には全く当てはまらない。
めっちゃ綺麗な年の取り方をしていて、
羨ましい。


彼女がとても魅力的なせいだからか、
夫の友達・ジャックは、
カンヌからパリまで、
その日のうちに行ける所を、
2日の時間をかける。


電話を掛けてきた夫は驚く。
当然パリに着いていると思っていたアンが、
まさか、途中でホテルに泊まる事になっているとは。


そして言う。
「あいつはフランス人だ、気を付けろ」と。
そんなに心配なら、
最初から、アンを友達なんかに託さなければいいのに(笑)。


そして、私がアンだったら、と考える。
たとえ初対面でも、
「あ、この人とは気が合いそう」と思えば、
何日一緒に旅してもいいけど、
どうにも気の合いそうにない人とだったら、
短時間でも苦痛だな、と。


アンの場合は・・・
ここには書かないけど、
映画が終わった帰り道、
私の後ろにいた、年配の女性2人の会話が聞こえた。


「あの後、2人はどうなると思う?」って。
うん、私も考えた事は同じ(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(54)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 54

コメント 14

hatumi30331

こういう話し、好き!
見てみたいです!
ダイアン・レインも好きです!^^

by hatumi30331 (2017-07-25 12:55) 

Ginger

ご覧になったんですね~♪
自分が美しいということや、クリエティブな感性を持っていることに目覚めることができたのは、ジャックのピュアな興味、欲望がきっかけ。フランスという場所もそうだったのかも・・・。
ダイアン・レインのマチュアな美の存在感も素敵でしたー。
私が行った日も、映画館の殆どがマダム層でした( ̄^ ̄ゞ
by Ginger (2017-07-25 13:07) 

向日葵

ちょっと(?)大人の恋愛映画・・??
だけじゃなさそうですが、面白そうな映画ですね。。
by 向日葵 (2017-07-25 17:44) 

きよたん

どうなったんだろう
気になる みるしかない?
by きよたん (2017-07-25 22:20) 

裏・市長

フランスのご当地映画誕生!。

奈良県のご当地映画との違いは…予算だ!。
ケタが違う。

夫はアホやな。
よぉ、そんな嫁はん、友達に預けるわ。
最初は絶対的な自信があったんやろな。
コイツはワシにメロンメロンやで!と。

それがアンタ、途中で足踏みしてて、
まだ目的地に着いてない、なんでやねん?。
急に不安が押し寄せてきたんやろ。

フランス人だ、気をつけろというのは差別的やな。
奈良県民だ気をつけろ。
暗い場所には近づくな、2人きりでカラオケで
唐揚げなんてもってのほかだ!というぐらい差別的。

奈良県民もフランス人もそんなに危険じゃない。
彼らだって相手を選ぶ。誰にでも発情する訳じゃない。
安心してほしい。

「あの後、2人はどうなると思う?」。

1 人生第二のスタートを切った。
2 ハッと我にかえって、それぞれ現実へと戻った。
3 撮影打ち上げのパーティーに向かった。

正解はこの中にある・・・。
by 裏・市長 (2017-07-25 22:37) 

tommy88

「あの後、2人は」
相手がイタリア人なら即座に、フランス人なら時間を掛けて、とにかく喋る。
1 予想どおり、致して失望
2 予想どおり、致して苦悩
3 予想どおり、致して秘密

正解はこの中にある・・・。

by tommy88 (2017-07-26 09:28) 

MONSTER ZERO

拝観されたんですね!
仕事柄この映画でダイアン・レインが使っていたカメラ(ライカ)
が気になって拙ブログにも記してしまいました(^^;
http://comfortable-sense.blog.so-net.ne.jp/2017-07-03
しかしいくつになってもキレイな人です!
by MONSTER ZERO (2017-07-26 11:30) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

女性向けの映画ですので、
楽しめると思います。
ぜひ観てほしいです♪

by 青山実花 (2017-07-26 13:23) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

Gingerさんのレビューを読ませていただき、
観に行ってしまいました^^
よい映画をご紹介くださって、
ありがとうございます。

ダイアン・レインの自然な様子が良かったですね。
それから私は、
アレック・ボールドウィンとアルノー・ヴィアールが
役を入れ替わったら、
それはそれで印象が変わるな、と思いました(笑)。

by 青山実花 (2017-07-26 13:24) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます。

ほどよく成熟した大人の映画で、
楽しめると思います。
フランスを旅した気分にもなれますよ^^

by 青山実花 (2017-07-26 13:24) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

気になりますよね。
私も気になります(笑)。
その後の顛末は、
観客に委ねられている気がします。

by 青山実花 (2017-07-26 13:25) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

おフランスの映画と、奈良の映画を比べてはいけませんわ。
低予算でも、「天使のいる図書館」のような名作を
作る事は十分できますもの。
裏・市長さんは、次の葛城地区映画、「かぞくわり」に
出演なさるとか。
商店街での通行人役の演技は、
素晴らしすぎて、
見学者の涙を誘ったと、こちらではもっぱらの噂でございます。
あぁ、公開日が待ち遠しい。


いえいえ、
奈良県の皆様を差別するなど、
とんでもございませんわ。

奈良は、県民の皆様全員が、聖徳太子の末裔だと聞いております。
カラオケボックスといえば、現代の夢殿。
聖徳太子が法隆寺の夢殿に籠ったあの日、
たとえ、薄暗い部屋で女人と2人きりになろうが、
決して心乱す事なく修行した、
その高潔な血は、
今も奈良県民の皆様の体に、
脈々と流れているのでございます。
間違いなど、起こるはずがありません。


私の個人的希望は、1ですわね。
映画の「その後」は分かりませんけれど。

by 青山実花 (2017-07-26 13:26) 

青山実花

tommy88さん
コメントありがとうございます。

こちらの3択でしたら、
私の希望は3です(笑)。
失望も苦悩もしたくないので。

by 青山実花 (2017-07-26 13:26) 

青山実花

MONSTER ZEROさん
コメントありがとうございます。

はい、観てきました^^
確かにダイアン・レインは、
カメラで沢山の写真を撮っていましたね。
特に食べ物の写真は印象的でした。

綺麗だし、可愛いし、
憧れてしまいます。
女から好かれる女だと思います。
by 青山実花 (2017-07-26 13:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0