So-net無料ブログ作成
検索選択

「クッキー・フォーチュン」 [映画]

cookiefortune.jpg
〔1999年/アメリカ〕


アメリカ南部の田舎町で暮らす
老女・クッキー(パトリシア・ニール)は、
家事を手伝ってくれる
黒人の青年・ウィリス(チャールズ・S・ダットン)を
頼って生きている。


夫との思い出の中で生きるクッキーは、
夫のいる天国に行こうと、ついに自分の頭を撃って自殺。
すると、彼女の姪の
カミール(グレン・クローズ)は、
一族から自殺者を出すなどみっともない、と、
妹・コーラ(ジュリアン・ムーア)を巻き込んで、
他殺に見えるよう、偽装工作。


クッキーを慕っていた、
コーラの娘・エマ(リヴ・タイラー)は
嘆き悲しみ、
さらに、大好きなウィリスが、
犯人として逮捕された事が信じられず、
ウィリスと一緒に留置所に入ってしまう。


そんな中、カミールの偽装を目撃していた
少年が現れ、
ウィリスは釈放され、
代わりにカミールが留置所に入る。


カミールは観念し、
「クッキーは、実は自殺だった」と
供述を始めるが・・・。





昨日、映画「フォーチュン・クッキー」についての感想を書くとき、
検索していたら、
「フォーチュン~」とセットになってヒットするのが、
この、「クッキー・フォーチュン」。


どちらもタイトルだけは知っていたけど、
こうなったら、どちらも観ないと気が済まない。
誰かとこれらの映画について話題になった時、
「えーっと、私が観たのは、
 フォーチュン・クッキー、いや、クッキー・フォーチュンだったかな?」と
なるのも嫌だ。
(今後生きていて、そういう話題になるかどうかは分からぬが(笑))


で、すぐに借りてきたのだけれど、


中々面白い。
私は、ティーン向けの「フォーチュン・クッキー」より、
ちょっとブラックな味付けの、
「クッキー・フォーチュン」の方が好き。


殺人を自殺に見せかける話ってのは
よくあるけど、
自殺を殺人に見せかけるってのも、
それはそれで難しい。


暴漢が入ったように工作しなければならないし、
指紋を拭き取る事はできても、
足す事はできないし。


グレン・クローズが、
そんな中年女を怪演。


彼女はとにかく、
自分の事しか考えられない女で、
クッキーが死んだと分かった途端、
遺書を食べてしまい、
目ぼしいアクセサリーを自分の物にしてしまう。


さらに、立ち入り禁止の黄色いテープを
どんどん取っちゃって、
「今後、クッキーの家は自分の物」みたいな態度で、
模様替えまで始める始末。


妹のコーラは、多少頭がゆっくりだし、
警察も、田舎ののんびりした雰囲気だから、
それでも、大きな問題にはならず、
雰囲気はホワーンとしている。


でも、侮ってはいけないよ(笑)。
人を舐めていると、
必ずどんでん返しがある。
そっか、そうきたか、って、
中々面白いラストだった。


評価 ★★★★☆

nice!(58)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 58

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0