So-net無料ブログ作成

「父の秘密」 [映画]

chichinohimitsu.jpg
〔2012年/メキシコ〕


ロベルト(ヘンナン・メンドーサ)は最愛の妻を交通事故で亡くし、
心機一転するため、
娘のアレハンドラ(テッサ・イア)と、
メキシコシティに引っ越す。


アレハンドラは新しい学校で友達もでき、
楽しそうにしている。
しかしロベルトは、妻を失ったショックから、
なかなか立ち直れていない。


友達の別荘に泊まりがけで遊びに行ったアレハンドラは、
そこでボーイフレンドのホセと性行為に及び、
その様子をホセのケータイで撮影する。


ところがホセがその動画をネットにアップし、
学校中が噂で持ちきりとなる。
そしてアレハンドラは、それがきっかけで、
壮絶なイジメの対象となってゆく。


修学旅行に出かけた先でも
激しいイジメに遭い、
アレハンドラは、そのまま姿を消す。
学校は彼女が死んだものと大騒ぎとなり、
イジメが発覚、
ロベルトの怒りは頂点に達し・・・。





辛くて辛くて、観ていられないほど辛い。
どこの国でもイジメはあるのだと、
分かってはいるけれど、
ここに出てくる少年少女たちのしている事は、
イジメではなく犯罪じゃないか。


主人公のアレハンドラは、
ボーイフレンドが撮影した性行為の動画がきっかけとなって、
イジメを受けるのだけれど、
トイレに男子生徒が入って来てセクハラされたり、
女生徒が作った、怪しげなケーキを無理矢理食べさせられたり、
地獄としか言いようがない。


修学旅行先でおこった事は、
酷すぎて、体に力が入ってしまう。
アレハンドラは、生徒たちから、
バスルームに閉じ込められ、
旅行の間じゅう、そこで寝泊まりする。
そして、入ってきた男子生徒に凌辱までされてしまう。


動画が出回ってしまったせいで、
生徒たちは、彼女には、
何をしてもいいみたいな雰囲気が蔓延してしまっている。


私は声を大にして言いたい。
特に若い女の子に。


今、どんなに好きな恋人がいたとしても、
絶対に、絶対に、
性的な動画や写真を撮らせてはいけない。


恋愛に夢中な最中は、
「この恋は永遠」と思うだろう。
その気持ちは分かる。
でも、いつしか熱情が冷め、
女の方からか、
男の方からか、
どちらかが別れを切り出した時、
相手が逆上しないという保証はない。


いや、もしかしたら、
その恋は永遠かもしれない。
2人はいつまでも仲良く、
撮った動画や写真は、
素敵な思い出になる事もあろう。


でも、それらを保存してるPCやケータイがウィルスに感染したら?
盗まれたら?
落したら?
あっと言う間に動画は流出し、
世界の裏側まで出回ってしまう。


私のような、いい年をした大人が
こんな事を言ったって、
小うるさいだけだろうけれど、
傷つく可能性のある行為は、
極力しない方がいいという、大人の分別。


これからの家庭や学校は、
そういった教育も必要だと思うなぁ。


評価 ★★★☆☆

nice!(65)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 65

コメント 10

don

つらい映画とか、怖い映画は・・
やっぱハッピーエンドがいいです。
とはいえ記憶に残るのは、こういう映画だったりします。。
by don (2017-07-19 12:29) 

裏・市長

これな!今、問題のリベンジポルノ言うやっちゃ。

でも、この作品での扱いはちょっと違うような。
なんやかんや言うても、
一番愚かなのはアレハンドラで満場一致。

このボーイフレンドとの距離も、
どのぐらいのものなのか。
交際期間10年とかならわかるが、
ただの友達、顔見知り程度で、
ただ、遊びにいった先で解放感に酔って…。
これはダメ。

大体、ホセが相手の事を思うならば、
興味本位でネット上にアップするかいな。
ただの「ヒマつぶしの道具」ですわ。
それを見極められないアレハンドラが
やはり愚か者。

写真、動画を撮るのはお互いが納得なら、
いいと思うんです。絶対にダメとは言わない。
あの!川口浩さん&野添ひとみさんも…。
(この話はまた別の機会に語るとして)。

ただ、今の若者は軽すぎる。
ノリだけでやってる。

で、後から騒ぐ。

騒がない人限定でなら、いくらでもやればいい。
それだけの自己責任能力が問われるのだ。

こーゆーのは「オトナのあそび」やねん。
子供はうかつに手を出してはいけない。
ここで言う子供とは年齢的なものではない。
いいトシくってても、中身が子供のほうが、
世間には多い。

大人が大人の遊びをするのはよいと思います。
ボクだけが一方的に撮られるのはイヤですが…。
・・・どこを?。
by 裏・市長 (2017-07-20 02:24) 

hatumi30331

同感!
今、ネットの人権侵害問題が一番多いのよ!
安易に撮らせない事よね。
自分を守らなくちゃ!
中学生の授業でも言ってるんやけど・・・・
恋愛になると・・・・勘違いしちゃったりするのよね。
私は大丈夫! 彼は絶対にそんなことしない!ってね。
気を付けて欲しいね。
今日も暑いね!
大阪は36度予報。
引きこもるしかないか・・・・・
by hatumi30331 (2017-07-20 09:08) 

tommy88

仰るとおりその通りです。
さもありなん、さもそうず。
まず、流出した男が恥ずかしくないという発想が基本的にあり、おかしい。
映画でも、被害を受ける女性の映像ばかりです。
かつて、女性監督が、レイプされる側にカメラを持たせて映しました。
醜悪な「豚野郎」の顔がアップされ、後は声、音。
やっぱり、そういう映像がレイプシーンの定番になれば、見たくなくなりますよ。
おかしな発想と映像が、刷り込まれていきます。
学校が「指導」にモザイクを掛けて、何も言わないから現状は何でもありです。
おバカがもてはやされる時代に、おそらく、流出は続くと思います。
もっと言うと、簡単に若者が、タトゥーと称して墨を入れるようになりました。
アダルトビデオにもたくさんの若い女子がお金を稼ぎに来ています。
無茶苦茶な世相の中、簡単にハダカも動画も、流出させていくのでしょう。
誰かが得をしていて、損をする者、恥さらしの代償、誰も教えません。
そういう話題が、学校では語られません。
本日の危機感、同意同意、その通りです。

by tommy88 (2017-07-20 11:59) 

mitu

いじめは、殺人罪と同じぐらいの犯罪だと思います。

by mitu (2017-07-20 19:53) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

確かに辛いラストは、
インパクトが強いので、
記憶に残りますね。

この映画のような出来事が、
地球から永遠になくなってほしい。

by 青山実花 (2017-07-26 13:20) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

この映画の場合の
動画流出は、
男の側の、自慢?悪ふざけ?が原因で、
「リベンジ」とは少し違うのですよね。


まだ幼稚な彼らは、
性行為があった事を、
他人に自慢したくて仕方がない。
だから、相手の気持ちも考えず、
動画流出後、どんな騒ぎが起こるか想像する能力もなく、
馬鹿な事をしてしまう。


そもそも、ビジネスとしての性行為は、
映像もそれなりに綺麗ですが、
ど素人のそれを、
俯瞰で見てごらんなさいよ。

男女共に、
醜い体、稚拙なテクニック、太平洋、ポークビッツ・・・
とてもじゃないけど、
人様に見せられるものではないのです。

それを平気な顔で、
世間に映像を流すなど、
どんだけ自分の恥を晒しているのか、
分かっていないのだと思います。

まぁ、性行為でなくても、
ツイッターなどで、
馬鹿な行為をして、動画や写真をアップして逮捕されるのも、
根っこは同じですね。

by 青山実花 (2017-07-26 13:21) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

若い頃は、
「この恋は永遠」だと
思ってしまいがちなんですよね。
中高生時代の彼氏、彼女と結婚する確率を
データで示すのもいいかもしれませんね。
いや、結婚はゴールではないですね。
その後、泥沼離婚になるかもしれないし、
そうなったら、
性行為の動画の存在に、
人は一生怯えていなくてはならない。
やっぱり撮っては駄目です。

by 青山実花 (2017-07-26 13:21) 

青山実花

tommy88さん
コメントありがとうございます。

性行為を強要する男の顔、
醜いのは容易に想像できます。
確かに、そんな映像ばかりなら、
そういった犯罪も減少するかもしれません。

学校で、もちろんそのような教育は必要でしょう。
性行為云々から始める必要はないのです。
子供たちはもう、そんな事はとっくに勉強済みです。
「撮るな、撮らせるな」を教えればいいのです。
なぜそんな簡単な事に、
二の足を踏むのでしょう。

それより重要なのは家庭です。
性の話は家庭では言いにくいとか、
そんな事を言っている場合ではないと思います。
こちらも、
「撮るな、撮らせるな」だけです。

by 青山実花 (2017-07-26 13:22) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

同感です。
心を殺してしまういじめは、殺人と同じです。
親は、子供が学校に上がった時、
「いじめられたらどうしよう」と心配するのでなく、
「いじめたらどうしよう」に、
もっと心を配るべきだと思います。

by 青山実花 (2017-07-26 13:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0