So-net無料ブログ作成

「猫と鰹節 ある詐話師の物語」 [映画]

nekotokatuobushi.jpg
〔1961年/日本〕


白神善六(森繁久彌)は、天才詐欺師。
4人の仲間(ミッキー・カーティス、三木のり平、森川信、千葉信男)と組んで、
今日も、カモを見つけ、
金を巻き上げる。


そんなある日、
善六は、店を買い替えたいというバーのマダム(草笛光子)の
存在を知り、
彼女が金を欲している事に付け込み、
200万円を騙し取った上に、
体までいただいてしまう。


騙されたと気付いたマダムは、
怒り狂い、
金を取り返すべく、
善六と組んで、盛大な賭場を開く。


ところが、
善六とマダムの仲に嫉妬した善六の妻が、
警察に密告し・・・。





ここの所、
植木等さんが詐欺師まがいの男を演じる映画を
立て続けに観ているけれど、
この映画の主演は森繁久彌さん。


同じコメディでも、
植木さんとはまた違った風情で楽しい。


まぁ、とにかく金金金。
世の中、それしかないのかというくらい
(ないんだろう(笑))
札束の山が、何度も何度も映し出される。


私は偽善者ではないので、
正直に書くけど、
やっぱり羨ましい。
テーブルに積まれたり、
鞄に入りきれないくらいの札束の、
全部とは言わないけど、
あの半分でももらえたら、
あれもしよう、これもしようと、
妄想は膨らむばかり。


そんな観る者の気持ちを代弁するかのような、
草笛光子さんの演技が秀逸。
彼女は、バーを買い替えたいという目標がある上に、
それが全くの夢物語ではないせいで、
余計に金を欲している。


で、札束を見る時、
瞳がキラっと光る。
あんなに綺麗な草笛さんが、
そこまで金に執着するというギャップ、
そして、金を失った時の号泣する様子に、
こちらは本気で感情移入してしまう。


そして、当然の事だけど、
森繁さんが上手すぎ。
この人、俳優じゃなかったら、
詐欺師になればいいのに、と思うくらい、
役にハマっている。


そして、好色なのもいつも通り(笑)。
そんな森繁さんの浮気癖に、
いつも目を光らせている妻を演じるのが、
乙羽信子さん。
彼女の演技が、また最高。


最後まで、どんでん返しで目が離せない。
詐欺師ものって面白い。


評価 ★★★★☆

nice!(66)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 66

コメント 12

Ginger

草笛光子、乙羽信子が喜劇で欲望や感情を露わにするなんて、贅沢なキャスティングだ~!
by Ginger (2017-07-17 13:34) 

green_blue_sky

詐欺を扱う映画面白いですね。実際には困りますが(^▽^;)
配役が良くできている。
by green_blue_sky (2017-07-17 15:47) 

向日葵

物凄いキャスティングですねぇぇ。。
今ではもう夢物語。。

これまた「是非とも見たい映画」になってしまいました!!

>実花さん、

困っているのよ、ホント。。
by 向日葵 (2017-07-18 00:05) 

裏・市長

伴淳三郎好っきゃなぁ~!!。

青山実花さんの男性のタイプが
わからなくなってきた今日この頃です。

川口浩やろ?浦辺粂子やろ?デカプリオやろ・、
ブラッド・ピットやろ?裏・市長やろ?・・・。
共通点はタンパク質と水分と脂肪ぐらいやで。

金は・・・欲しいな。
あるに越したことはない。
でも、なくても困るし、あり過ぎても揉めるんやなぁ。
ほどほどがよいのだろうが、
その「ほどほど」がタマゴよりムズカシイ。

詐欺はねぇ、引っ掛かるほうも悪いんだよ。
結局、「欲」やねん。「得」がしたいねん。

還付金があるとか、この株は必ず上がるとか、
3カ月後には倍になって戻るとか、
普通に考えたら、ありえない。

そんなお得情報、あなた、見知らぬ他人に
ワザワザ教えますか?。
まず自分で実践しますよ。
それで追いつかなくなったら、
まず身内に勧めますよ。

それをいきなりかかって来た電話の指示で、
ATMから振り込んだり、おかしいで。

騙されるほど「余裕がある」ねん。
余裕のある金なら騙されろ。

老後の資金が…などと泣きごとを言うな。
明日食う飯代はあるんじゃないか!。
老後はもうあきらめろ!。いい勉強をしたと思え。

警察も本気出して捜査なんかしてないぞ!。
あとからあとから被害者出て来るもん、
キリがないもん。

騙されるほど余裕のないボクは気楽なモンだぜ!。


by 裏・市長 (2017-07-18 14:57) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

草笛さんのお金に対する執着、
そして、乙羽さんの嫉妬。
最高でした。
女優さんってすごいですよね。

by 青山実花 (2017-07-18 21:44) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

現実の詐欺は困りますが、
映画ではいいですね。

by 青山実花 (2017-07-18 21:44) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます。

豪華な映画ですよね。
今の俳優さんたちも華やかで好きですが、
昔の方って、重みがありますよね。


向日葵さん、
なにかお悩みでもあるのでしょうか。
メールしますね。

by 青山実花 (2017-07-18 21:44) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

まぁ、裏・市長さんったら、
私の好みの男性の中に、
さり気なくご自身の名前を入れるなど、
なんという図々しい・・・・・・・・・ではなく、
ご自分に自信がおありなのですね。

いえ、別に咎めているわけではありませんのよ。
男が自信を失ったら、
お終いですもの。
いつでも、プリオやブラピと同列の男、
それが、裏・市長。
カッチョイイですわ。


詐欺事件は、
本当に、どんなに時代が進んでも
なくなりませんわね。
人間というのは、
それほど成長できないという証なのかしら。

よくもまぁ、
自分の大切な虎の子を、
ポンと何千万も、他人に預ける事ができるものだと、
そこに感心いたしますわ。

お金には名前が書けませんからね。
そのお金が誰のものかなんて、
混ざってしまえば、もう誰にも分からない。
そこが敵の狙いなのですから。

そもそも、リスク無しで、
金を増やそうってのが、
間違っているのでございます。
金を増やすためには、
必死に働くか、
リスク覚悟で、
何があっても泣き言を言わないという条件のもとで、
行うべきなのでございます。

なんて、リスクだらけの綱渡り人生の私が言っても、
説得力ゼロでございましたわね。
おほほ。

by 青山実花 (2017-07-18 21:45) 

えーちゃん

森川信て、寅さんの初代おいちゃんだよね。
おいちゃんは、森川信が一番好きでした。
by えーちゃん (2017-07-19 01:18) 

向日葵

いえいえいえ。。
実花さんのブログで見たい映画がどんどん増えて、
「本当に困っているの」です!!

ご心配おかけしてごめんなさい。
&本当にありがとう!!

これからも宜しくお願いします!!
by 向日葵 (2017-07-19 17:58) 

青山実花

えーちゃんさん
コメントありがとうございます。

森川信さんは、
8作目まで、おいちゃんを演じておられましたね。
一番最初の方って、印象に残りますよね。

by 青山実花 (2017-07-26 13:18) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます。

こちらこそ、
向日葵さんのお心が読み取れず、
本当に失礼いたしました。
ごめんなさい。

日々、お変わりなくお過ごしのようで、
ホッとしています。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪

by 青山実花 (2017-07-26 13:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0