So-net無料ブログ作成

「君の膵臓をたべたい」 [映画]

kiminosuizowotabetai.jpg
〔2017年/日本〕


母校の高校で教師をしている僕(小栗旬)は、
図書室の本の整理をしながら、
生徒と話すうちに、
高校時代のクラスメイト山内桜良(浜辺美波)と過ごした、
数か月の出来事を思い出す・・・。


内気な高校生の僕(北村匠海)は、友達もなく、
一人で過ごすのが好きだった。
ある日、僕は病院の待合室で、
「共病文庫」とタイトルされた、
日記を拾う。


数行読んだそこには、
「自分は、膵臓病でもうすぐ死ぬ」と書かれており、
驚いていると、
持ち主が、クラスメイトの桜良だと知り、
さらに驚く。


以来、2人は友達になり、
デートするが、
桜良は入院。
そして一時退院して、
待ち合わせている時・・・。





試写会で観た。


この衝撃的なタイトルの本は、
以前から知ってはいたけれど、未読。


読んでから観るのも、
観てから読むのも、
その辺のこだわりは私にはないけれど、
(こだわりがあったとしても、
 すべてがそんなに上手くタイミングが合うわけないし)
これは、読んでから観た方が、
より楽しめるのではないかと思われる。
今回は仕方ないけど。


タイトルから、
おそらく難病ものかと想像がついたけれど、
やはり主人公の少女・桜良は、
膵臓に、重い病を抱えている。


そして言う。
体のある部分が悪い時は、
同じ部分を食べるといいらしい、と。
だから私は、
「君の膵臓をたべたい」と。


ラスト近くの桜良の、
「人が今ここにいるのは、
 運命でもない、必然でもない、
 自分で選んで、流れてきたんだ」
というセリフは、
なんとなく私が普段から思っている事と似ている気がして、
肯いてしまう。


僕と桜良は、
恋人同士というわけではない。
桜良は、僕を、
「仲良し君」と人に紹介する。


ほんっとにいい年して
笑われてしまうけど、
私は「仲良し」って言葉の語感や、
「仲良し」としか言いようのない関係が
とっても好きで、
自分も誰かと話している時、
よく、この言葉を使ってる気がする。


「恋人」や「友達」という言葉には、
何か含みがある場合も多いけど、
「仲良し」と言ったら、
それ以上でも、それ以下でもなく、
ひたすら
いい関係が連想されて。


場内は、泣いているかたが結構いるように
感じられた。
それから、隣の若いカップルは、
手を繋ぎ合って観ていたようだ。
いや、決してジロジロ見ていたわけじゃないです。
そんなもん、チラっと見ればわかる(笑)。
そして、この映画は、
そんな風にして観るのが、
正しい鑑賞法なのかもしれない(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(71)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 71

コメント 12

green_blue_sky

意味深なタイトル映画ですね・・・
by green_blue_sky (2017-07-04 16:22) 

にゃごにゃご

膵臓・・・
中学生の頃「膵炎」でした。
脂汗が出る痛み、つらかったの思い出しました。
by にゃごにゃご (2017-07-04 16:50) 

don

これ、見にいきたいです。本が面白かったので。
おっさんが1人で行っても大丈夫でしょうか(笑)

by don (2017-07-05 12:36) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

私も初めてこのタイトルを見た時は、
ビックリしました。

by 青山実花 (2017-07-05 20:19) 

青山実花

にゃごにゃごさん
コメントありがとうございます。

そうだったんですか。
大変でしたね。

今は、そのような事を感じさせないくらい
お元気になられていて良かったです。

by 青山実花 (2017-07-05 20:19) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

donさんが、この本のご感想を書かれていたのは、
とても印象深く覚えています。
感動なさっていましたよね。

1人で行ったって、無問題ですよ。
映画の世界に没頭している間は、
誰でも1人ですし^^

by 青山実花 (2017-07-05 20:20) 

ちょろっとぶぅ

かなり、衝撃なタイトルだけど・・・
泣けるんだぁ。。。

久しぶりに、映画見てきました。
大きいスクリーンだと、見入っちゃいますね。
試写会あたったから、行けたんだけど (^^;
by ちょろっとぶぅ (2017-07-06 07:34) 

hatumi30331

タイトルで・・・・・
惹かれるね!
見たい!
by hatumi30331 (2017-07-06 08:58) 

裏・市長

お任せ下さい!。
その願い、ワタクシめが叶えて差し上げましょう。
丁度、世間は七夕ではないですか!。
3年目の浮気、5年目の破局、2年目の浮輪…。
色々とございますが、
1年目の再会には丁度、よろしいのではないでしょうか。

映画館の暗闇の中で、手ぇぐらい、
なんぼでも貸しますがな!どうぞ自由にお使いください。

ワタシのこんな手ぇでよかったら、
どうぞもて遊んでください。

手ぇだけでよろしいんですか?。
他の部分でも遠慮なくおっしゃってくださいね!。

もし、青山実花さんが膵臓を食べたいと
おっしゃるなら、いいですよ。
膵臓のひとつやふたつ。

以前、安岡力也さんが息子から
肝臓を移植されたという話があったけど、
世間的には「普通、逆やろ?」とか、
「そこまでして生きたいか?」という意見も
あったようだけれど、息子としては
「生きていてほしかった」んだろうなぁ。

その思いを汲んで移植を受けたのだろう。

人のためにどこまで臓器を差し上げられるものだろう?。

相手との関係性もあるだろうけれど、
親や子供、きょうだいならOKか?。
嫁はもともと他人だからダメか?。
付き合ってるだけだったら、
明日、別れるかも知れんから問題外か?。

これはムズカシイぞ・・・。

でも日本人なら、目の前で困っている人がいる、
自分が今、助けられる…こんな状況になれば、
見捨てておけんわなぁ。

とりあえず、青山実花さん。
ボクが心臓手術する時には心臓おくれ。←軽々しい。


この映画、そんなラストはアリなのか?。
もう、夢オチに近い気がする。
これがまかり通ったら、なんでもアリになるで。
多分、ボク、呆気にとられて泣くどころではないかも知れない。
by 裏・市長 (2017-07-07 01:03) 

青山実花

ちょろっとぶぅさん
コメントありがとうございます。

はい、泣かれている方も結構いたようです。

家で映画を観るのもいいけど、
劇場だと入り込んじゃいますよね^^

by 青山実花 (2017-07-08 17:47) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

このタイトルに驚かない人はいませんよね^^
いつかぜひ観てみてくださいね。

by 青山実花 (2017-07-08 17:47) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

確かに世間は七夕ではございましたが、
皇室の眞子さまでさえ、
婚約会見を見送った模様、
私たちのような下々の者が、
映画館で手を握り合うなど、
この九州での災害時に、不謹慎極まりないですわ。

折角のお申し出ではありますが、
1年目の再会デートは
延期とさせていただきたいと存じます。
次に私の時間が空きそうなのは、
26年後でしょうか。
その日を楽しみにいたしております。

そうですか、
では遠慮なく、
膵臓だけいただきます。
こちらに送ってくださいね。
クール宅急便で。


親子間の臓器移植は、
デリケートな問題なので、一概には言えないでしょうが、
私は、子供側の思いより、
親側の思いに重きを置いてしまいます。

というのも、
遠藤周作さんが、やはり肝臓を患われた時、
自分の臓器を移植すると言った息子さんに、
「馬鹿な事を言うな!」と一喝されたそうなんですね。

どんなに話し合っても、
人それぞれの水掛け論、
何が正しいか、答えはありませんが、
私は遠藤周作さんを尊敬しています。


私の心臓を裏・市長様に?
それで裏・市長様の命が助かるなら、
喜んで差し上げますわ。
ただ、心臓の大きさって、体重に比例するのですよね。
私の倍の体重がありそうな裏・市長様ですから、
私の心臓では、役に立たないと思うのですが。


裏・市長様は、この映画のオチを
ご存知なのですね。
私も、そうくるのか、と思いました。
人の人生、一寸先は闇という事ですわね。

by 青山実花 (2017-07-08 17:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0