So-net無料ブログ作成

「ジョン・ウィック」 [映画]

johnwick.jpg
〔2014年/アメリカ〕


最愛の妻を亡くし、
生きる気力を失った男・ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)。
すると、妻が生前買っておいたらしい、
犬が贈られてくる。
「この子を私だと思って可愛がってね」と。


犬はジョンに懐き、
安らぎを覚えるが、
数日後、チンピラたちが、
ジョンの車目的で家の押し入り、
ジョンは重傷、
犬は殺されてしまう。


怒りに震えたジョンは、
床に埋め込んであった、
大量の武器を取り出した。
妻の形見の犬を殺した奴らを、
絶対に許しはしない。


一方、犯人グループのリーダー格・ヨセフは、
ロシアンマフィアの父親・ヴィゴから、
鉄拳制裁を受けていた。
「お前は、なんという奴に手を出してしまったのだ」と・・・。





一昨年の10月、
劇場で観たいと思いつつ、
逃してしまって残念だと思っていたこの映画。
DVDを借りて、観てみた。


ジョン・ウィックというのが、
キアヌ演じる主人公の名前だというのは、
まぁ、想像が付いたけれど、
予備知識は、ほぼゼロと言ってよく、
最初は、彼が何者なのかが分からない。


なので、ヨセフがいきなり父親のヴィゴから
腹を殴られて、
「な、何すんだよ、父ちゃん」と驚いた表情は、
理解できる。


ジョンは、元はヴィゴの手下の殺し屋で、
その仕事っぷりは完璧、
狙った獲物は必ず仕留める腕前の持ち主だと言う。
それが大袈裟ではないと証明するかのように、
ヴィゴは、手下を「全員」集めろ、と言う。


あとは、もう、
私が書くまでもなく、
ジョンは、自分を狙うヴィゴの手下を殺して殺して殺しまくる。
しかも、なぜか、
ジョンの殺しは警察も公認なようで、
通報を受けて、駆け付けた巡査は、
死体を見ても、
「お疲れさん」みたいに言うだけで引き上げる。
署に帰って、
一体何と報告してるんだ?(笑)


しっかし、
ジョンも激しいけど、
ヴィゴったら、非情にもほどがある。


ジョンに銃を向けられ、
最早これまでか、という時、
なんと彼は、
息子が隠れているアジトを、
ジョンに教えやがる。
自分の命と引き換えに。
自分さえ助かれば、
息子の命はどーでもいいらしい。


確かにこの息子、
立派な父と比べて見劣りがする
どチンピラで、
父が、跡取りとして物足りなく思う気持ちも
分からなくはないけど。
(たしか「イースタン・プロミス」のロシアンマフィアの親分も、
 跡取り息子のダメっぷりに、ため息ついていた記憶が)


息子の命を差し出す男と、
犬のために、殺しをする男。
中々面白い対決だった。


評価 ★★★☆☆

nice!(68)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 68

コメント 10

Ginger

キアヌくん、来日するたびラーメンのことばっかり聞かれて、でも悲しそうに「まだ食べてない・・・Very sad(涙)」って答えているのがカワイイ~♪
by Ginger (2017-06-29 13:03) 

hatumi30331

これは前に見ました。
殺し屋対決・・・
結構、面白かったよね。

この映画の2が出来たとかって・・
違う? 
by hatumi30331 (2017-06-29 16:48) 

向日葵

> 息子の命を差し出す男と、
> 犬のために、殺しをする男

うっぷ!!
おもわず吹き出しそうになるほど受けてしまいました!!
(不謹慎かな・・??)
by 向日葵 (2017-06-30 01:21) 

馬爺

ありがとうございました。
この6年間皆さんのお陰で続けて行く事が出来たんですがちょっと色々な事が有りまして半年くらい休んで見ることにしました、又復活の折にはよろしくお願いいたします。
by 馬爺 (2017-06-30 10:25) 

裏・市長

おっ!レンタル、旧作扱いに
なりましたかい?。
さすがだねぇ~、こだわりだねぇ~。

なんという奴に手を出してしまったのだ…!と、
後悔する父親だけれども、
その後、手下にジョンを狙わせるのか?!。

もう、どうにもヤツを止める事は出来ないと、
あきらめの果てがチカラで抑えつけて
しまうということか。

まぁ、狙ってくれないと話が進まんけど…。

大きな文字では書けないけれど、
so-netブログでも触らぬ神にタタリなし、
女房とタタミは新しいほうがいい、
タタミの妹、あさりちゃん・・・と、
そんな人物が確実にいる。

いないとは言わせないぞ。

誰だってひとりやふたりは、
心当たりがあるはずだ。

青山実花とか、青山実花と、青山実花とか…。

みんな笑ってんだろうなぁ。
毎日コメント欄から挑発して、
バッカじゃねーの?って…。

笑っていられるのも今のうちだけだ!。
おらぁ、ちゃあんと、ちゃんとちゃんとの味の素で、
先の先までよんで、
今、手下を集めているところだ!。
ヒトクセもフタクセもあるヤツらばかりだぜ!。

いくらあの青山実花と言えども、
タダじゃあ済まねぇ連中ばかりだぜ。

…オレもきっと後世で周りから
言われるんだろうなぁ・・・。

「お前は、なんという青山実花に
手を出してしまったのだ」と・・・。
by 裏・市長 (2017-06-30 14:50) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

キアヌったら、
ハリウッドスターなのに、
すっかりラーメンのイメージが付いちゃってますね^^
どこかのラーメン屋さんで遭遇できないかな(笑)。

by 青山実花 (2017-07-01 00:30) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

観られてますか^^
迫力があって面白かったですね。

もうすでにアップしていますが、
実は「2」のために、これを観ました^^

by 青山実花 (2017-07-01 00:30) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます。

いえいえ、映画に「不謹慎」はないと思います(笑)。
どんな場面でも、楽しみたいですよね。
受けてくださって嬉しいです♪

by 青山実花 (2017-07-01 00:31) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

ご事情は色々おありかと思いますが、
できれば、できるなら、
再開をお待ちしております。

ブログはお休みしても、
飲みには来られるのですよね^^

by 青山実花 (2017-07-01 00:31) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そ、それが・・・
これを観たのは全ては翌日の試写会の
下準備でしたので、
準新作の料金496円も支払ってしまいましたわ。
セレブの私は、それくらいそれくらいそれくらい、
惜しくなんかないんですからね!

そうなんですの。
バカ息子がジョン君のワンコを殺して、
車を奪ったのなら、
車はお返しして、土下座して謝れや、
そうすれば、ジョン君も許してくれようぞ、と思ったのですが、
彼を怒らせたら、手が付けられない事を、
ヴィゴは知っているのですね。
殺す以外の選択肢はなかったのでは、と思いますわ。

大きな口では言えないですが、
so-netブログでも、
近寄るだけで危ないぜって人物が確実にいますわね。

いないとは言わせませんわ。

誰だってひとりやふたりは、
心当たりがあるはずです。

裏・市長とか、裏・市長とか、裏・市長とか…。

みんな笑ってるんでしょうね。
毎日書かれる嫌がらせコメントにわざわざ返信するなんて、
バッカじゃねーの?って…。

笑っていられるのも今のうちだけよ!。
私、ちゃあんと、ちゃんとちゃんとのキューピーで、
先の先までよんで、
明日から、コメント欄を閉じるつもりでおりますの。
ヒトクセもフタクセもある裏・市長を封じ込めるには、
それが一番ですわ。

…私もきっと後世で周りから
言われるんだろうなぁ・・・。

「お前は、なんという裏・市長に
手を出されてしまったのだ」と・・・。

by 青山実花 (2017-07-01 00:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0