So-net無料ブログ作成
検索選択

「現代インチキ物語 騙し屋」 [映画]

gendaiinchikimonogataridamashiya.jpg
〔1964年/日本〕


カマキリ(曽我廼家明蝶)、
赤とんぼ(伊藤雄之助)、
河豚(船越英二)、
ちょこ松(丸井太郎)。


彼らは、他人を騙して、
金を頂く、「騙し屋」。
4人がそれぞれを役割を演じ、
騙された者は、
自分が騙されたとは気づかない、
功名な手口。


ある日、赤とんぼの内縁の妻・むつ子(園佳也子)が、
税務署の職員から税金の滞納を
突き上げられており、
赤とんぼは、高利貸しの演技で、
職員を退散させる。


4人の仲間に入りたいが、
入れてもらえない若造・胡瓜(犬塚弘)は・・・。





「騙し屋」なんていうから、
何かとんでもない詐欺集団なのかと、
覚悟して(笑)、見始めたのだけれど、


これが、可愛いというか、
せこいというか、
大きな勝負に出るわけでなく、
とにかく小金をちょこちょこ稼ぐ、
薄利多売(言葉の使い方、間違ってる?(笑))な商売で、
笑わせられる。


とにかく、様々な
騙しのテクニックが見られて、
これがバラエティに富んでいて、面白い。
なるほどねー、と感心してしまうものもある。
感心してはいけないが(笑)。


人を騙して取り上げるのは、
金銭だけでなく、
そば屋に出前を持ってこさせて、
出前持ちを騙して、
うどんを安い値段で食べるなど、
その、みみっちさったらない(笑)。


そんな事をするなら、
真っ当に働いた方が
金になると思うのだが、
それとこれとは、話が違うらしい。


しかも、
散髪屋から、
雑誌の最新号を拝借してきた犬塚弘に、
「それは泥棒や!何てことするんや!」と怒り、
返しにいかせる。
ただ単に、自分たちのしている事を棚に上げてる
だけなのだけれど、
そこに彼らなりの美学があるらしい(笑)。


男性陣も面白いけど、
私は紅一点の、園佳也子さんが大好き。
この映画の雰囲気にもピッタリ。


評価 ★★★★☆





以前、リクエストをいただきましたので、
増村保造監督の映画を観た際は、
リストを載せる事にしています。


(★は観た作品)
(全制覇まで、残り6本)


★くちづけ(1957年)
★青空娘(1957年)
★暖流(1957年)
★氷壁(1958年)
★巨人と玩具(1958年)
★不敵な男(1958年)
★親不孝通り(1958年)
★最高殊勲夫人(1959年)
★氾濫(1959年)
★美貌に罪あり(1959年)
★闇を横切れ(1959年)
★女経 第一話 耳を噛みたがる女(1960年)
★からっ風野郎(1960年)
★足にさわった女(1960年)
★偽大学生(1960年)
 恋にいのちを(1961年)
★好色一代男(1961年)
★妻は告白する(1961年)
★うるさい妹たち(1961年)
★爛(1962年)
★黒の試走車(1962年)
★女の一生(1962年)
★黒の報告書(1963年)
 嘘(オムニバス・第1話プレイガール)(1963年)
 ぐれん隊純情派(1963年)
★現代インチキ物語 騙し屋(1964年)
★女の小箱より 夫が見た(1964年)
★卍(1964年)
★黒の超特急(1964年)
★兵隊やくざ(1965年)
★清作の妻(1965年)
★刺青(1966年)
★陸軍中野学校(1966年)
★赤い天使(1966年)
★妻二人(1967年)
★痴人の愛(1967年)
★華岡青洲の妻(1967年)
★大悪党(1968年)
★セックス・チェック 第二の性(1968年)
★積木の箱(1968年)
★濡れた二人(1968年)
★盲獣(1969年)
★千羽鶴(1969年)
★女体(1969年)
★でんきくらげ(1970年)
 やくざ絶唱(1970年)
★しびれくらげ(1970年)
★遊び(1971年)
★新兵隊やくざ 火線(1972年)
★音楽(1972年)
 御用牙 かみそり半蔵地獄責め(1973年)
★悪名 縄張荒らし(1974年)
★動脈列島(1975年)
★大地の子守歌(1976年)
★曽根崎心中(1978年)
 エデンの園 Il giardino dell'Eden(1980年)
★この子の七つのお祝いに(1982年)

nice!(64)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 64

コメント 10

裏・市長

曽我廼家明蝶、伊藤雄之助、船越英二、
丸井太郎・・・誰ひとり生きてない・・・。

時代の流れを感じるな・・・。
特に丸井太郎さんはこれからっちゅう時になぁ。

「騙し屋の美学」。
そこには常人には計り知れない、
プライドがあるのだろうなぁ。

知りあいの板井さんも実にセコイ。
吉野家に行く時はタッパー持参。
紅ショウガをいただいてくる。

店員の目をかすめて、タッパーいっぱいになるまで、
座席を移動したりして食べる。
・・・カメラに映ってるっちゅーねん。

郵便物で消印のかかっていない切手を見つけたら
大喜び!。水につけて切手をはがし再利用。
詐欺やっちゅーねん。

ご町内旅行に行くと、帰りは太って帰って来る。
旅館の寝巻きを着こんで帰って来るから。
備品も平気で持ち帰る。

本人は「旅の記念っスよ」と悪びれる様子もない。


増村保造監督全制覇まで、残り6本か・・・。
いいなぁ!目標があって。
でも、段々と厳しくなって行く目標やなぁ。

古本マンガでも、最後の1冊、2冊が見つからんねん。
それならば「全巻セット」を買ったほうが、
手間暇考えると効率的。
でも、映画はそーゆー訳にはいかんからなぁ…。

まぁ、がんばって。 ←すっかり他人事。(今日は冷たいな)。

by 裏・市長 (2017-06-25 20:16) 

hatumi30331

なんてオールドなメンバー!
うちの母ならみんな知ってるね!
??私も知ってる!(笑)

この前、WOWOWで、フランスの「奇跡の教室」観て感動。 
信じる! 諦めない!って・・・・大事やね。

今日は、曇ってるけど雨はないようなので・・・・
母の所に行ってきます。 リハビリ頑張ってもらわなきゃ!へへ
by hatumi30331 (2017-06-26 07:26) 

旅爺さん

これらの名優達も多くは天に召されてますが、
東寺の映画は素晴しい物ばかりでしたね。
by 旅爺さん (2017-06-26 08:30) 

馬爺

おはようございます。映画は余り見ないのでどんな作品かは分かりませんが園佳也子さんは懐かしい名前です。
暫くブログは休みますが秋位には復活するつもりです、又よろしくお願いいたします。
よろしければメール頂ければ東京へ出た時にはお会いできるかと思います、mailはサイドに設けて有ります。
by 馬爺 (2017-06-26 09:24) 

MONSTER ZERO

兵隊やくざ、悪名を始め数本は拝観しました!
先日WOWOWでやってくれた「悪名 縄張荒らし」を超久々に拝観することが出来ました!

モートルの貞役の北大路欣也に変わり、ある意味全くの別人の様な面白さを感じましたね!
配役も主役と中村雁二郎さん以外は全て別の役者さんでしたが前作(第1作&第2作)に負けず劣らずのスゴい人ばかり!
by MONSTER ZERO (2017-06-26 11:23) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

丸井太郎さんについて、
それほど、お詳しい裏・市長さんは、
さすが後期高齢者だけの事はありますわね。
もう日本にも、
覚えておられる方は少ないんじゃないかと思いますわ。


板井さん、素晴らしい方ですわね。
大変な節約をされてらっしゃる。
普通の人には真似のできない行為でございます。

吉野家さんの店員さんは、
バイトの方が殆どでしょうから、
紅生姜を少しくらい持っていかれても、
注意して、トラブルに巻き込まれるくらいなら、
見て見ぬフリしたほうがマシでしょうから、
大丈夫ですわ。

切手の使い回しも、
生活の知恵ですわね。

旅行で太って帰ってくるというのが
一番笑えますわね。
夏だったらどうするのかしら。
帰ってきたら、あせもだらけなのかしら。
今度、町内会の旅行に、
ご一緒したいものですわ。

そこまでされるのですから、
板井さんはさぞお金持ちなのでしょうね。
紅生姜や、切手や、備品を買う分のお金を、
貯金に回していたら、
相当な額が溜まっている事と思います。
豪邸でも建てられた暁には、
ぜひご招待してほしいものですわ。
その時は「紅生姜御殿」と呼んで差し上げたいと思います。

by 青山実花 (2017-06-28 23:20) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

たしかに、
hatumi30331さんのお母さまの世代の
俳優さんたちかもしれませんね^^

「奇跡の教室」良かったですね。
生徒たちが一生懸命で。

お母様、リハビリされているのですね。
早く良くなられるといいですね。

by 青山実花 (2017-06-28 23:21) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

昔の俳優さんたちは、
亡くなっている方が殆どですが、
いい映画を残してくださって、
本当にありがたい事だと思ってます。

by 青山実花 (2017-06-28 23:21) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

園佳也子さんは、本当にいいですね。
私は古いドラマも好きなのですが、
「ありがとう」というドラマの園さんが最高なんです。

ブログ、秋には復活ですか。
楽しみにお待ちいたしております。
こちらこそ、またお会いできるといいですね^^

by 青山実花 (2017-06-28 23:22) 

青山実花

MONSTER ZEROさん
コメントありがとうございます。

「悪名 縄張荒らし」は、
ソフト化されていないようですので、
貴重な映画ですね。

北大路さんは、田宮さんとはまた違った雰囲気で
面白かったですね。

by 青山実花 (2017-06-28 23:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0