So-net無料ブログ作成
検索選択

「しあわせな人生の選択」 [映画]

shiawasenajinseinosentaku.jpg
〔2015年/スペイン〕


カナダで暮らすスペイン人・トマス(ハビエル・カマラ)は、
家族に見送られ、
スペインの友人・フリアン(リカルド・ダリン)を訪ねる。


フリアンは、末期の肺癌で、
もう治療するのは止めたと宣言。
トマスの説得をフリアンは嫌がる。
それはもう、決めた事なのだから、と。


フリアンの一番の気懸りは、
愛犬・トルーマンの事。
自分の死後、トルーマンを飼ってくれる人を
探していると言う。


それから、フリアンとトマスは、
アムステルダムに留学している、
フリアンの息子に会いに出掛ける。


4日間の滞在中、
トマスは、
フリアンの美しいいとこ・パウラ(ドロレス・フォンシ)と
親しくなり・・・。





試写会で観た。


人生の終わりが見えた中年男性が、
4日間を親友と過ごす物語。
スペインのアカデミー賞と言われるゴヤ賞で、
5冠を獲得した作品だそうだ。


自分の生や死をどのように扱うか、考えるかは、
それこそ、100人いたら100通り、
肯定はしても、否定はしないという
スタンスでいたいと思うけど、


フリアンの気持ち、分かるな。


フリアンが決めた事を、
トマスが覆そうとするのだけれど、
フリアンは、
「君は今、この瞬間考えた事を言っているだけだ。
 僕は1年間考えて結論を出したんだ」と言う。


もちろん、トマスの気持ちだって十分解かる。
何十年も友達だった人が、
余命宣告され、
治療は止めたと言われたら、
ショックで、
つい、何か言いたくなってしまうだろう。


自分が死ぬは、
もう覚悟ができたとして、
気にかかるのは、残された命あるもの。
それは身内であり、ペットであり。


息子に会いに行ったフリアンは、
自分の余命を、息子に告げようとするが、
結局、言えない。
それはそれでいい。
息子の恋人を紹介され、
和やかにお食事できたことに、
観ているこちらも、ホッとする。


ただ、その後、
実は息子の方がフリアンよりずっと大人なことが分かる。
若造だからと、
侮ってはいけないね。


余談だけど、
フリアンとトマスは、
マドリードからアムステルダムに行くのに、
なんと日帰り。
ランチしに行っただけって感じ。


今、YAHOO地図で、
マドリードからアムステルダムの距離を測ったら、
約1500キロ。
ちなみに、東京から約1500キロだと那覇くらい。


那覇まで日帰りランチかぁ(笑)。
すごく贅沢で、もったいない旅な気がするけど、
国同士が、陸続きでひしめき合うヨーロッパは、
日本とはまた感覚が違うのかも。
気軽に外国気分が味わえていいな、とも思うけど、
いやいや、日本は島国だからこそ平和なのだと
思い直したり。


それから、トマスはたった4日間のスペイン滞在中、
最後の夜に、
パウラと一夜を共にする。
さすがラテン系。
情熱の国スペイン。
面倒くさい事は一切なし。
2人は何事もなかったかのように、
空港でバイバイしてたし。


評価 ★★★☆☆

nice!(69)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 69

コメント 16

薔薇少女

連れのPCを無断借用して覗き見に来ました・・・
by 薔薇少女 (2017-06-22 12:29) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

アドレスと電話番号、受け取りました・・・が、
メールが戻ってきてしまいます^^;
今からショートメールを送ってみますね。
by 青山実花 (2017-06-22 13:30) 

green_blue_sky

難題ですね(^▽^;)
工場見学のほうが何も考えない(笑)
by green_blue_sky (2017-06-22 19:02) 

sakamono

約1500キロを日帰りランチ!?
確かに日本とは、感覚が違うのかなぁ、と思わないと、
納得できませんね^^;。
by sakamono (2017-06-22 22:55) 

tommy88

『ピウス13世 美しき異端児/(The Young Pope)』という2016年制作の海外ドラマ(全10話)がWOWOWで放送されました。ジュード・ロウ主演だから録画して一気に見ましたが、秀作です。この時のクレジットで4番目に出てくるお方がハビエル・カマラでした。真面目な細身の斎藤さん風で、良い演技もあり記憶しておりました。

・ピウス13世/レニー・ベラルド : ジュード・ロウ
・シスター・メアリー : ダイアン・キートン
・ヴォイエッロ枢機卿 : シルヴィオ・オルランド
・グティエレス : ハビエル・カマラ

と、この観賞解説を読んでいて、是非見たいと思いました。ハビエル・カマラの罪を犯してしまう顔があるのかどうか。また、犬のトルーマンが、いったいどういう処遇を受けるのか、特に後者が気になります。死を覚悟して延命拒否した人の「声」を聞けないまま臨終に立ち会ってしまった者として、こういう映画は見たいと思うのでした。ハツミ姐さんと同じく来年、WOWOWで見るのですが。

by tommy88 (2017-06-23 06:33) 

mitu

どうやって死ぬかを考えることは
どうやって生きるかを考えるのと同じことだと思います
よく死ぬためには、よく生きねばなりませぬな(=_=)
by mitu (2017-06-23 10:23) 

hatumi30331

私も見たい!
こういう映画好きです!^^
自分の最後を考えるのは、大事な事です。

死ぬまで生きる!
誰しも何時か直面する話しですからね。
来年、WOWOWで・・・・へへ;
by hatumi30331 (2017-06-24 00:04) 

裏・市長

フリアンはズルイ!。
そりゃあアンタは1年間、考え抜いて出した
答えかも知れんけど、トマスは今、聞いたとこじゃん。

この場でトマスも「1年間、考えさせて…」と、
自宅に帰ったらよいのか。

やはり人の感情としては、
どのような姿であれ、
1日でも長く生きていてもらいたいと
願うのが本当ではなかろうか。

今、世間は小林麻央さん一色で、
色々と考えさせられる問題なのだが、
子供のことを思うと、生きていてもらいたかった。

子供がかわいそうなんじゃなくて、
残していく母親の心情を思えば、
どれだけ心残りだったろうかと思う。

子供はかわいそうだけれど、
なんとかなって育っていくと思う。

もっとも、小林麻央さんだけの問題ではなく、
世間にはこのようなケースは、
星の数ほどあるであろう。我々が知らないだけで。

自分で決めたことは尊重されるべきだけれど、
周りに与える影響も考えて、行動、発言してほしいわ。

自分とは違う意見を効くのがイヤなら、
もう一切外部には知らせないでほしい。

野良猫が自分の死期を悟って、どこかへ消えゆくように、
野性の象が自分の死に場所をもとめて、
さまようように、ひっそりいこうぜ。

by 裏・市長 (2017-06-24 19:44) 

don

ワオ♪
ラテン系、いいですね♪
by don (2017-06-25 20:03) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

答えの出ない問題ですね。

工場見学、行ってみたいです^^

by 青山実花 (2017-06-26 00:19) 

青山実花

sakamonoさん
コメントありがとうございます。

同じご感想、嬉しく思います。
東京⇔那覇を日帰りって、
出来なくはないのかもしれませんが、
大変過ぎですよね^^;

by 青山実花 (2017-06-26 00:20) 

青山実花

tommy88さん
コメントありがとうございます。

『ピウス13世 美しき異端児』は、
存じ上げないのですが、
ジュード・ロウと聞くと、気になります。
ダイアン・キートンもいいですね。

ハビエル・カマラさん、
確かに斎藤さんですね(笑)。
今、話題沸騰の、
「あの」激昂女性議員に罵倒されやすいタイプだと思います(笑)。

この映画、
ぜひ観てみてください。
「自分だったら」と考えさせられます。
トルーマンがどうなるかも、
書かずにおきますね^^

by 青山実花 (2017-06-26 00:20) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

「よく生きる」
身に染みる言葉です。
私は「よく生きている」のか。
いやいや、とてもそうは思えませぬ。
どうしたらいいものか^^;

by 青山実花 (2017-06-26 00:21) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

「人が絶対と言えるのは、死ぬことだけ」とは、
よく聞く言葉ですね。
私も、自分の最期の事、よく考えます。
友人とも話し合ったり。

この映画、ぜひ、観てみてほしいです^^

by 青山実花 (2017-06-26 00:21) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

死を考えるのは難しいですね。
本人が思う自分の命と、
友達が思う自分の命とは違う。

愛する人より自分が長く生きて、
看取ってあげたいという方もおられますが、
自分勝手な私は、
残される恐怖を思い、
先に死にたいと思ってしまうのです。
裏・市長さん、
どうか私より長生きしてくださいね^^


小林麻央さん、
今更ですが、イギリスBBCに向けたコメントが
テレビで読まれるのを聞くたびに、
あの文章の上手さ、分かりやすさ、
心に染み入る感じに、
なんて聡明な方だったのだろうと、あらためて思います。

海老蔵さんやお子様たちの辛さが
クローズアップされがちですが、
私は麻央さんのご両親がどれだけお辛いかを
思います。
子供に先立たれることほど、
辛い事はないのではないかと想像するからです。


そらそうと、今日の裏・市長さん、
なんか…荒れてない?。
特に後半・・・。

なにかお気に触るような事でも、しましたかしら…。

by 青山実花 (2017-06-26 00:27) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

ラテンの乗り、いいですよね♪
日本人も少し見習ったらと思うくらいです^^
by 青山実花 (2017-06-26 00:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0