So-net無料ブログ作成
検索選択

「リベンジ・リスト」 [映画]

revengelist.jpg
〔2016年/アメリカ〕


中年男・スタンリー・ヒル(ジョン・トラヴォルタ)が、
妻・ビビアンと、
空港で車に乗ろうとした、その時、
3人の強盗に襲われ、
スタンリーは助かるが、
ビビアンは死ぬ。


警察は、
犯人の一人を逮捕するが、
証拠不十分で釈放してしまう。


実は、スタンリーは、元工作員であり、
殺人はお手の物。
警察が当てにならないなら、
自分でやるしかないぜ、ってんで、
昔の仲間・デニスと組んで、
復讐開始。


すると、この事件、
単なる強盗ではなく、
知事が仕組んだ、
政治的な理由がある事が分かってくる・・・。





まったく、手垢の付いたような、
平凡で、よくある復讐物なんだけど、
それはそれで、面白く観た。


ジョン・トラヴォルタって、
いい俳優だ。
銃を持たせても、めっちゃハマるし、
コメディもいける。


カッコいいんだか、悪いんだかも
イマイチ判断できず(笑)、
どこか隙があって、
愛嬌があって、憎めない。


この映画も、
そんなトラヴォルタが大活躍・・・なんだけど、
「それって、映画として反則なんじゃ?」という
場面があった(笑)。


トラヴォルタが、ラスボスの知事に復讐するため、
知事の大邸宅に行く。
すると、庭には、
何十人という用心棒が、ウロウロしている。


あんなに沢山の用心棒、どうやって倒すのさ、
と思って観ていると、
なんと、次の場面で、
用心棒たちは全員、死んでいる。


どうやって倒したのか、
その場面は一切無し。
いくらなんでも、省きすぎだろうよ(笑)。
63歳のトラヴォルタに、
激しいアクションはきつかったのか?
まぁ、いいけど。
トラヴォルタだから(笑)。


それにしても、
アメリカも、日本も変わらんね。


どんな酷い事件があっても、
政治家の圧力一つで、
それが揉み消され、
犯人は野放しのやりたい放題。


警察は政治家の犬に成り下がり、
裏社会と癒着しまくり。


さらに、政治家は、
「環境のために、身を粉にして働いてます」って体でいながら、
実は、自分に入ってくる莫大な利益が何よりの目的で、
データを全て改ざんした資料を、
国民に発表。


映画だからトラヴォルタがやっつけてくれるけど、
現実は、
そういった人たちに、
特に天罰など下る事なく、
殆どはお幸せなまま、人生が終わるのだろう。
それならこっちも、自由に生きなきゃ損だ、
好きにやってやる、ってな気持ちになるよ。


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 59

コメント 10

裏・市長

肝心な場面を省きすぎ。

それは昭和の脚本家、
伊上勝先生お得意の十八番。

とにかくご都合主義。
伏線張ってても回収しない。
回収しないうちに、次の伏線が。
そして、それをセリフで片づける。

またしても、例えが「仮面ライダー」で
申し訳ないんですけれど、
敵の作戦で死んだハズのライダーが出現!。

驚く戦闘員、怪人たち。

「ど…どうして死んだハズのお前が!」、
怪人は不思議ですもの、聞きますわな。

ライダーはひと言、言い放ちます。
「そんなこと、オレが知るか!!」。

ハイ、それで終わり。

「仮面の忍者 赤影」という時代劇に、
UFO出したのもこの人。
おもしろければなんでもいいじゃん♪と、
大凧もサイレン鳴らしながら飛んできます。

理屈じゃないねん。なにがなんでも一から
十まで説明しないとわからないでは、
おもしろくないねん。

想像する余地が必要やねん。

大体、復讐を計画するほど、
強そうな元工作員が強盗に襲われて、
嫁さん殺されるなよ!。ここで突っ込んだらダメ。
物語が成立しない。

そらそうと、今日の青山実花さん、
なんか…荒れてない?。
特に後半・・・。

なにかお気に触るような事でも、しましたかしら…。
by 裏・市長 (2017-06-22 04:13) 

hatumi30331

オフ会、また今度ね。^^
遠いから、なかなか積極的には誘えなくて〜
10月にもこそっとあるかもしれないから・・・
また誘うね。
by hatumi30331 (2017-06-22 06:53) 

旅爺さん

お早う御座います。
大分ハードな映画がお好きなんですね、昔は爺も同じでした。
昨夕~朝は凄い土砂降りもあって大変でした。
今日は晴れると良いんですが・・? です。
by 旅爺さん (2017-06-22 08:26) 

馬爺

おはようございます。
映画は見ないのでこちらで見てから見たいなと思うのがあれば見行くんですがね。
最近は年のせいか余りドンパチ映画は好まなくなりましたね。
鐘楼も楼門になっている所の階段は結構スリルが有りますね。
by 馬爺 (2017-06-22 08:44) 

tommy88

裏・市長の仰るとおり。
後半、確かに荒れています。
どうしたことでしょうか。
裏・市長さんの用心棒が気に食わなかったのかな。
トラボルタのニコラスケイジと顔を取り替える映画、あほらしくて面白かった。
彼はアクションを見せるのではなく、高笑いを見せるのが良いと思うのです。

by tommy88 (2017-06-22 11:57) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

なるほど、伊上勝先生という、
お偉い先生は、
「仮面ライダー」を手抜きで書いていたと。
伏線くらい、回収しろと。
そう言いたいのでございますね。

「そんな先生、知らんがな」
と思いましたが、
一応、ウィキペディアで調べましたら、
中々すごい作品を書かれているご様子。
しかも、もう亡くなられておられるではないですか。
あまり失礼なことは言えませんわね。


元工作員が、
強盗に襲われて、
簡単に妻が殺されて・・・
そう、確かに、あの妻は簡単に殺されていましたわ。

なぜトラヴォルタは、
妻を救う事ができなかったのかしら、
あんなに強いのに。

もしかしたら、
本当は、妻とは上手くいっていなかったのかしら。
強盗が来た時、
「ラッキー!」と思ったのかしら。
だから、ロクに抵抗もしなかったのかしら。

じゃあ、なぜ復讐したのかしら。
暴れたいだけなのかも。
そうだ、そうとしか思えませんわ。

> 想像する余地が必要やねん。

ご進言のおかげで、
想像して、やっと答えが見つかりましたわ。
ありがとうございます。


荒れてます?
いえいえ、逆でございます。
国の偉い人が、自由にやっているのだから、
私もますます自由にやるぞ!と思うと、
嬉しくなったのでございます。

by 青山実花 (2017-06-26 00:17) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

いえいえ、
かえってお気を使わせてしまい、
申し訳ありません。
遠いのですから仕方ありません。

いつかまた、お会いできるといいですね^^

by 青山実花 (2017-06-26 00:17) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

ハードもソフトも、
もう見境なく、なんでも観てしまいます(笑)。

今日(6月25日)は、東京も結構雨が降りました。
会社が休みで良かったです。

by 青山実花 (2017-06-26 00:18) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

たとえ映画に行かれなくても、
こんな与太ブログでよろしければ、
読んでいただいて、
観た気になってくだされば嬉しいです^^

ブログにアップされていたような、
梯子のある建造物って、
上がると何があるんだろう、とわくわくします^^

by 青山実花 (2017-06-26 00:18) 

青山実花

tommy88さん
コメントありがとうございます。

最近、この独裁国家のような国の在り方が
気になり、
「私も自由にやるぞ!」と所信表明させていただきました。
「フェイス/オフ」は最高ですね。
私も大好きです。
あと、「パルプフィクション」。
トラヴォルタ、やっぱりいいです^^
by 青山実花 (2017-06-26 00:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。