So-net無料ブログ作成

「彼女の人生は間違いじゃない」 [映画]

kanojonojinseihamachigaijanai.jpg
〔2017年/日本〕


東日本大震災から5年が経った、
福島県いわき市。
市役所の職員・みゆき(瀧内公美)は、
津波で母を失い、
父(光石研)と仮設住宅で暮らしている。


みゆきは、週末になると、
高速バスで東京に行く。
彼女は誰にも内緒で、
渋谷のデリヘルでアルバイトをしているのだ。


客がいい人間ばかりとは限らない。
危ない目に遭いそうになると、
ケータイで事務所に連絡する。
するとスタッフの三浦(高良健吾)が飛んできて、
助けてくれる。


父は、補償金を使い果たす勢いで、
パチンコ三昧の日々。
そんな父に、
みゆきの苛立ちは募るが・・・。





試写会で観た。


上映前に、
廣木隆一監督、
瀧内公美さん、
高良健吾君、
柄本時生君、
光石研さんの舞台挨拶があったのだけれど、

kanojonojinsei2.jpg

それよりなにより、
「うわっ」と思った出来事が。


会社の帰りに、
時間ギリギリに劇場に到着した私が、
焦ってロビーへのエスカレーターを降りてゆくと、
なんだろう、エスカレータの先に、輝くようなオーラを感じる。


そのオーラの方を見ると、
何という事か。
高良健吾君が目の前にいるではないか。
思わず、「ウソでしょ・・・」と。
舞台挨拶を前に、スタンバイしていたらしい。


以前、「笑っていいとも!」に高良君が出演した時、
タモリ氏が、
「俺、自分がこの顔だったら、有頂天になるな」と言っていたのを思い出す。
至近距離で見た高良君のカッコよさに、
今になって、タモリ氏の言葉に深く肯いてしまった(笑)。


で、映画。
真面目な地方の市役所職員の女が、
土日は東京でデリヘル嬢を・・・
と書くと、
なんだかショッキングな内容のようだけど、
それだけがテーマではない。
震災から5年が経っても、
まだ立ち直れずにいる、
市井の人々の生活と地域の様子が描かれる。


なぜ、デリヘルなのか。
そこがイマイチ私にはよく解からなかった。
月並みだけど、
八方塞の現状の打破?
でも、それなら、
特に性風俗でなくてもいいのでは。
いや、何かを変えるには、
それくらいの事をしなければ駄目なのか。


ただ、
現実から少し離れて、
違う自分になってみたい、というのは、
分からなくもない。
例えば、私が映画を観るのだって、
現実逃避という意味が多分にある。


彼女は、昔の恋人から連絡をもらい、
会いに行く。
「もう一度やり直そう」と言った彼と、
ホテルに行った彼女は、
デリヘル嬢をしていることを
打ち明ける。


元恋人は、
一瞬驚くけれど、
「それでもいい」と。


その辺りに、
このタイトルの意味があるのかもしれないな。
「彼女の人生は間違いじゃない」。
人の人生に、
正解も間違いもない。


人は、
全てを受け止め、
許し、許され、
生きていく。


評価 ★★★☆☆

nice!(68)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 68

コメント 12

きよたん

高良健吾さん 個性的で好きな俳優
年をとるともっと素敵になりそうな俳優さん
50過ぎた彼が待ち遠しいです。

by きよたん (2017-06-13 20:08) 

hatumi30331

深いね〜
TVで記者会見見てたよ。
観たくなる映画です。

高良健吾が目の前に!!
しばらく興奮で若返りそう〜〜♪^^

by hatumi30331 (2017-06-14 09:05) 

旅爺さん

高良君お見て楽しい思いをしたなんて実花さんの人生は間違いじゃない!。今日も頑張ろう~!”♬
by 旅爺さん (2017-06-14 09:13) 

馬爺

複雑な気持ちにされるような映画ですね、もし自分が女だとしたらそこまで落とすかどうかですね。
by 馬爺 (2017-06-14 10:56) 

mitu

うわっ、なによりも高良健吾さんが近くに・・・が、羨ましい
ミーハーです^^
先日のブラビといい、嬉しい出会いが続きますね♪
by mitu (2017-06-14 11:36) 

裏・市長

性風俗は必要。絶対に必要。
これがあるからこそ、どれだけの犯罪が
未然に防がれているかと思えば、
すべての性風俗店をNPO法人に認定して
やってもいいと思うぐらい。

ただ、市役所職員が、
土日は東京でデリヘル嬢をしている。
わざわざ高速バスを使ってまで?。
つまりは地元で働いてご近所に知られたくない。
そーゆーこっちゃろ?。

人様のコメント欄に書くこっちゃないと思うんですけど、
なんでもかんでも「震災のせい」に
するのはよくないと思うの。

仕事がない。

そんな事ないやろ~?復興のために、
よその地方から震災地に出向いて
働いてる人もおるやろ~。
こう言うと、

自分にあった仕事がない。

みんながみんな、自分の好きな仕事で
食ってるハズないじゃん。
多かれ少なかれ、自分を殺して妥協しとるわ。

被害にあって有無を言わさず、
人生を強制終了させられてしまった人の事を
思えば贅沢やなぁ~と思うのです。

でも、それを公の場で発言すれば、
現場を知らないクセに被害者を叩くなと
怒られるんですけど…。

で、結局風俗で働くというのは、
男の目線から言わせれば、
手っ取り早く金になる…ということでしょう?。
誰に強制された訳でなく、
自分で選んでその場所にいるのでしょう?。
決して間違ってはいない。

最近、社会問題化しているのが、
エロDVDに無理やり出演させられている
犠牲者続出!。

これもおかしな話やで。
女衒の時代じゃないんやで、
ちゃんと契約書があるハズで、
自分で契約しとるんやで。

世の中見た目はマトモでも頭の弱い子、
精神の弱い子が多いみたい。

どこかおかしくないと、
あんな永久に映像が残る仕事は出来んわな。
将来的な事を考えると。

でも、おかしい人も必要やねん。
おかしい人がエッチな姿を晒してくれているから、
犯罪に走らずに救われてる男も多いねん。
ボクも含めて。

そう考えると彼女らは女神さまやで。

その女神さまに対して、社会から救いの手を
差し伸べようなんて、大きなお世話や!。
人間が神を救おうなんて驕りですよ。驕り。

あぁっ女神さまっ!。
by 裏・市長 (2017-06-14 22:19) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

確かに、
今の若い高良君もいいですが、
年を重ねた時、どんな男性になるのか楽しみですね。
一緒に見守りましょうね^^

by 青山実花 (2017-06-17 07:47) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

色々気になる内容でした。
いつかご覧になってみてくださいね。

「あ!高良君だ!」と思い、
見とれていたら、
スタッフさんから、「しっしっ」と
犬のように追い払われました(笑)。
時間ギリギリに行って、申し訳なく思いましたが、
神様に感謝しました^^

by 青山実花 (2017-06-17 07:48) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

間違いだらけの私の人生でも、
そう言っていただけると、本当に嬉しいです。
はい、今日も明日も頑張りましょう!

by 青山実花 (2017-06-17 07:48) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

難しい問題ですね。
この映画のみゆきも、
お客で、怖い目に遭ったりしていますし、
あまり勧められる職業ではないかもしれません。

by 青山実花 (2017-06-17 07:49) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

私も超が付くミーハーなので、
ちょっとでも有名な人がいると、ドキドキしちゃって。
(馬鹿~(笑))。
イケメンを見るのは、目の保養になりますね^^

by 青山実花 (2017-06-17 07:50) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

性風俗をどんなに取り締まったとしても、
次々、新しい店ができるという事は、
やはり需要があるからで、
人々、主に男性がそれを求めているからなのでしょうね。


本文でも書きましたが、
私には、この主人公がなぜデリヘル嬢をするのか、
その目的がよく分かりませんでした。
お金の話は、たぶん一度も出てきていないので、
アルバイト代が欲しいという感じでもないのです。

仕事がないのとも、違う。
だって、彼女には、市役所の職員という、
食うに困らない本業があるんですもの。

こういった話になると思い出されるのが、
「東電OL殺人事件」なのですが
主人公には、東電OLの渡辺泰子氏に感じるような、
ある種の異常性や、切羽詰まった様子はなく、
どこか緩い。
どうせなら、渡辺氏のように、
完全に突き抜けてくれれば、面白くなったのに、と思います。

みゆきのデリヘルの仕事は、
本番無しなんですよ。
それだと、物語にどこか甘さが見えてしまう。
いっそ、ソープに通っているという設定だったら良かった。
本気な感じが出ますからね。

風俗に関してなにか書くのは難しいですね。
何度も書き直してみましたが、
何を書いても、
嘘臭いか、
綺麗事か、
他人事か、
対岸の火事か、
のどれかになってしまいます。

裏・市長さんと、またいつかどこかでお会いする日があったら、
この問題を語り合いましょう。
今日はここまでで、すみません。

by 青山実花 (2017-06-17 07:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0