So-net無料ブログ作成

「ラプチャー 破裂」 [映画]

rupture.jpg
〔2016年/アメリカ〕


その朝、シングルマザーのレネー(ノオミ・ラパス)は、
洗面台にいた蜘蛛を見て震え上がり、
悲鳴を上げた。
それを聞いた小学生の息子は、
慣れた手つきでそれを捕まえ、庭に放した。
レネーは、この世で一番蜘蛛が苦手で、
息子もそれを心得ているのだ。


息子を、元夫に預けた帰り、
車を運転した彼女は、
突然、複数の男女に拉致される。


気が付くと、そこはベッドの上。
拘束され、身動きが取れない。
何やら、人体実験が行われる模様で、
恐怖に慄く。


すると、何という事か、
大きな蜘蛛を、
体に這わせられる。
ぎゃー!
やめて、やめて、やめてくれー!・・・





この映画を知った時から、
公開されたら、
絶対観に行こうと決めていた。


というのも、
私にも、死ぬほど苦手で、
直視することもできない生き物がいるのだ。
それが何かは、絶対、ここには書かない、書きたくない。
名前を書くのも嫌というのもあるし、
何かのきっかけで、
私が誰かから嫌がらせを受けるようなことになったとして、
玄関先に、その生き物を置かれることを、
想像しただけで、ゾっとするから。


それほど嫌いな生き物を、
ずっと与え続けられたら、
人は一体どうなってしまうのか、
興味があった。
慣れるのか、
気が狂うのか。


ただ、想像とは少し違っていた。
主人公のレネーが蜘蛛を投与される場面は、
少ない。
記憶が正しければ、
2回だけ。


映画のほとんどは、
レネーが、いかにして、
この不気味な実験所から逃げ出すかがメイン。
彼女が監禁された建物は、
ほとんど窓もなく、
外へ通じるドアも見つからない。


それに、廃墟のように汚くて、
医学的実験をするに相応しい、
清潔な場所とはとても言えない。
そんな所も、
ホラーっぽい雰囲気を出すのに成功している。


逃げ出そうと、
様々な部屋を覗き見る中で、
レネーは、他の被験者の様子を知る。


「死ぬほど嫌いなもの」は、
蛇の人もいたし、
でも、
生き物だけとは限らず、
自分を虐待した親の映像だったり、
高い所から落とされる事だったり、
本当に様々。


なるほど、そういった物まで含めると、
私も、嫌いなものは
もっと他にもあるわ(笑)。


実験者たちの正体は、
ちょっと意外だった。
あのオチなら、どんな物語でも作れるね(笑)。
まぁ、面白かったけど。


評価 ★★★☆☆

nice!(69)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 69

コメント 18

green_blue_sky

クモは苦手(^▽^;)
by green_blue_sky (2017-06-11 15:51) 

きよたん

想像するだにぞっとしちゃいますね
映画館でじっと座って大きな画面で
大嫌いなものを直視しなければならない
まさしくホラーだわ
by きよたん (2017-06-11 21:35) 

don

きらいなものですか。
はすコラですかね。
あれ見てたら、身体にじんましんがでてきます。
なんででしょうね^^
by don (2017-06-11 22:08) 

えーちゃん

私の嫌いなものは、虫全般です(^^;
by えーちゃん (2017-06-12 01:33) 

hatumi30331

この映画、面白そう〜〜!
私も蜘蛛は嫌い!
前よりはマシになったけど・・・・

ハエトリグサ、買った時、どういうわけか?
青山実花さんも好きかも?って思った私です。(笑)
by hatumi30331 (2017-06-12 07:38) 

旅爺さん

我家は超田舎なので蜘蛛は沢山居て部屋にまで入ってくる事があります。「おてっ」と言うとお手するんですよ。ウソデス

by 旅爺さん (2017-06-12 09:08) 

馬爺

蜘蛛はまだ良いですがニョロちゃんが大嫌いですね。
by 馬爺 (2017-06-12 10:39) 

裏・市長

息子がクモを捕まえ、庭に放した。
いいね。無暗に殺生をしてはいけない。
ボクも虫などは捕まえても、そっと表に逃がす。

ゴキブリなども捕まえたら、
向かいの平岡さんの家の庭に放して差し上げる。
ナメクジなんかも投げ込んでる。
いつか平岡家が野性の王国になりますように、
なりますように・・・。


そりゃあそうと、
死ぬほど苦手で、
直視することもできない生き物…。

それをここに書いてくれなくちゃ、
ボクが今日ここに来た意味がないじゃないか!。

知りたい知りたい知りたい知りたい知りたい
知りたい知りたい尻触りたい知りたい知りたい!!。

それさえ掴めたらなぁ・・・。
一気に形勢は逆転出来るのになぁ。
世の中うまくいかないもんだなぁ・・・。

・・・ハッ!ひょっとして、
その生き物、最初の1文字が「う」で、
最後の1文字がこれまた「う」じゃない?。

それだとすべてが納得できるんですけど・・・。
by 裏・市長 (2017-06-12 21:48) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

蜘蛛、苦手ですか。
では、この映画は見ない方がいいかな^^

by 青山実花 (2017-06-15 13:32) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

私は蜘蛛は苦手ではないので、
この映画は平気だったのですが、
嫌いな生き物が映画に出てくると、
ゾッとして、
手で隠しながら観てしまいます^^;

by 青山実花 (2017-06-15 13:32) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

はすコラ、
私もあれを見た時は、
鳥肌が立って、
夜、眠れませんでした。
なんであんなに神経を逆撫でされるんでしょうね。

悔しいので、友人の何人かに見せてやりました(笑)。

by 青山実花 (2017-06-15 13:33) 

青山実花

えーちゃんさん
コメントありがとうございます。

えーちゃんさんの苦手は虫ですか。
嫌いな方は、
震え上がりますよね^^;

by 青山実花 (2017-06-15 13:33) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

hatumi30331さんも、蜘蛛が苦手なんですね。
映画自体は面白いので、
観てほしいけど、無理強いはできないかな^^;

ハエトリグサ、好き好き(笑)。
名前からして好き(笑)。
一度お会いしただけなのに、
私の事、すっかり知られてしまってますね^^;

by 青山実花 (2017-06-15 13:34) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

蜘蛛は、家の虫を食べてくれると聞いているので、
私は結構、愛着を持って見ています^^

「お手」、一瞬本気にしましたよ(笑)

by 青山実花 (2017-06-15 13:34) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

蛇は、嫌いな人も多いでしょうね。
「スネークフライト」という映画を観たら、
倒れちゃいますね^^;
きっと。
by 青山実花 (2017-06-15 13:35) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さん、困りますわ。
裏・市長さんのせいで、
平岡さんから私の所に苦情が来ているのですよ。

裏・市長さんが、毎日、
平岡さんちに、
鹿だの、豚だの、イノシシだの、山羊だの、
ライオンだの、トラだの、ハイエナだのを、
放り込んできて、困っていると。
そのような動物は、ご自宅で飼えるだけの数を
拾ってきてくださいね。


私が嫌いな生き物をここに書けと?

教えない教えない教えない教えない教えない
教えない教えない尻触らせない教えない教えない!!

裏・市長さんに、そんな弱みを握られたら、
平岡さんと同じ目に遭うのは、
火を見るよりも明らかですわ。

あ、もしかして、既にバレてます?
そうなんです。
私が嫌いなのは、
「ウルトラマンタロウ」
「宇崎竜童」
「うまい棒」
なんですの。
家に放り込まないでくださいね、
特にうまい棒。

by 青山実花 (2017-06-15 13:36) 

裏・市長

・・・うまい棒・・・。

キミ・・・それ、
「まんじゅうこわい」ちゃうのん?。
by 裏・市長 (2017-06-15 13:49) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

ち、違いますよ、
うまい棒なんて、うまい棒なんて、
好きなわけないじゃありませんか。
特にサラミ味は大嫌い。
嘘だと思うなら、うちの庭に放り込んでみて下さいよ。
早く消したくて、その場で食べてしまいますから。
by 青山実花 (2017-06-15 14:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0