So-net無料ブログ作成
検索選択

「鳥獣の館 『美女と野獣』より」 [映画]

chojunoyakata.jpg
〔1978年/チェコ〕


裕福な家で、
父親と、2人の姉と暮らす、ユリエ(ズデナ・スチューデンコバ)だったが、
父の商売が上手くいかず、
生活が危うくなる。


父は金を稼ぐため商用に出掛けるが、
その帰り道、
城を発見し、そこで一夜を明かす。
帰り際に、庭の薔薇を一輪手折った父は、
恐ろしい姿をした野獣に捕まり、
お前の3人の娘のうちの1人を差し出せと言う。


慌てて家に帰った父が、
このことを娘たちに話すと、
長女と次女は拒否。
ユリエだけが自ら進んで、
城に行く。


城で暮らし始めたユリエに、
野獣は背中から声を掛け、
決して振り向くな、と言う。
醜い自分の姿をユリエに見られるのは
耐えられないと・・・。





エマ・ワトソンの「美女と野獣」の感動が
体から離れないうちに、
別の「美女と野獣」を観てみたいと思い、
少し調べてみた。


ジャン・コクトー版
レア・セドゥ版
ディズニーアニメ版
は、既に観ている。
未見の作品は、といえば、
アメリカ、オーストラリア、チェコなどで
作られているものがあるようだ。


本作は、チェコの作品。
レンタル店にビデオがあったのは幸運だった。
基本のストーリーは同じだけど、
主人公が父親の身代わりになるまでの過程が
ディズニー版とは微妙に違う。
ディズニーでは、
アニメでも実写でも、
主人公が自ら身代わりになったのに対して、
こちらは、
父親が、娘たちに事情を話す。


やっぱりディズニーって、
観る人全てを納得させるように、
話をうまーく変えてあるのね。
ジャン・コクトー版も、
レア・セドゥ版も、
そこが、どうしても納得がいかなかったもの。


それから、本作は、
野獣の造形が、他の映画と全く違う。
その姿は、といえば、
獣というより、鳥。
大きなくちばしがあり、
肌の質感も、気持ちいいものとは言えず、
野獣が自分の姿を見ないでほしいというのも、分かる。


ディズニー版の、
世間の皆様の感想をネットで読んでいると、
「野獣の姿の方が、王子の戻った時よりカッケー」
というのが多数あって笑ったけど、
このチェコ版で、そう言う人はいないであろう。


ガストンに当たる人物はいない。
その分、
主人公と野獣の心の交流が
丁寧に映画かれている。


世界には、
日本に入ってきていないだけで、
もっともっと沢山の「美女と野獣」が
あるような気がする。
世界中のを制覇するのは無理だろうなぁ。


評価 ★★★☆☆

nice!(61)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 61

コメント 10

リュカ

こっちも観たくなりました。
たしかにいろんな美女と野獣があって
それぞれ見所も違いそうですよねー。
by リュカ (2017-06-02 14:35) 

裏・市長

よぅ、こんな映画探してきたな!。
「野獣」が「鳥獣」になっているよりも、
もぅ、その事に驚くわ。

これは…知らんかった。
今日から君を「ムービーハンター」と命名する。
駅の伝言板に「AYM」と書かれていたら、
それは仕事の依頼の合図だ。

埋もれた、誰も覚えていない。
だが、特定の人には想い出の一作。
DVDにもなっていない、見る手段が…ない。
そんな一作を探し出すのが、
ムービーハンターの仕事だ。

美女の依頼を待ってるぜ!(声・神谷明)。


そうねぇ、「あやしい彼女」みたいに
世界各国にはご当地版「美女と野獣」があるかもね。

特に中国とか北朝鮮なんかは、
まったく違うタイトルで、
パッと見はカンフーアクションなのに、
見てみたら…これって…、
「美女と野獣」じゃん!ってな作品、
6本ぐらいはありそうだ。

さぁ!ムービーハンターの出番よ!。
by 裏・市長 (2017-06-03 01:58) 

green_blue_sky

この映画日本で制作するとどうなるでしょうね(^▽^;)
1日中猫のようにゴロゴロしていたいですが、現実にはそうできないのが人のあわただしさ・・・
by green_blue_sky (2017-06-03 06:59) 

旅爺さん

お早う御座います。
爺は野獣です、美女に会いたい、爆
今日もまた暑くなりそうですね。
by 旅爺さん (2017-06-03 07:05) 

駅員3

同じお話しを見比べてみるのは面白いものですね。

by 駅員3 (2017-06-03 08:40) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます。

作り手側の主観や、
原作にどれだけ合わせるか、合わせないか、
などで、内容が全く変わってくるのでしょうね。

by 青山実花 (2017-06-04 20:51) 

青山実花

冴羽リョウさん(笑)
コメントありがとうございます。

あら、そんなに驚かないでいただきたいわ。
これは冴羽様が根城にしている新宿の
某ビデオレンタル店に在庫してありましたのよ。
もしよろしければ、今度ご案内いたしますわ。
冴羽さんがお探しの映像もきっとあると思いますわよ。

では、わたくしが、
冴羽様にお仕事を頼みたいときは、
駅の伝言板に、「USC」と書くのでよろしく。
わたくしのお願いしたい仕事は、
お買い物ですの。
犬印鞄の旅行バッグ買ってこい!とか、
パジャマ買ってこい!とか、
仕事は無数にありますわ。
あ、買い物に出た際は、サーティワンアイスの
テイクアウトを絶対に忘れないでくださいましね。

そういえば、冴羽様を生み出されました、
北条司さんには、他にも「CAT'S EYE」がございますわね。 

一言言ってよろしいかしら。
あの映画は、酷すぎましたわ。
劇場まで行ったのに、あまりな内容に熟睡してしまいましたのよ。
ま、おかげで目的だった併映の「シャ乱Qの演歌の花道」は
スッキリした頭で観ることができたんですけどね。

by 青山実花 (2017-06-04 20:52) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

あ、いい発想ですね。
日本人で作ってほしいです。
ただ、誰が演じても、ブーイングの嵐かも^^;

一日ゴロゴロって、中々できないものですね^^;

by 青山実花 (2017-06-04 20:52) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

では、日本版「美女と野獣」の野獣役は、
旅爺さんさんにお願いしたいです。

私もイケメンに会いたい(笑)。

by 青山実花 (2017-06-04 20:54) 

青山実花

駅員3さん
コメントありがとうございます。

同じお話や、シリーズ物の制覇、
大好きです^^

by 青山実花 (2017-06-04 20:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0