So-net無料ブログ作成

「美女と野獣」 [映画]

bijotoyaju.jpg
〔2017年/アメリカ〕


ある大きな城に住む王子は、
その傲慢な性格ゆえ、
魔女の魔法で、野獣の姿に変えられてしまう。
王子が人間の姿を取り戻すには、
魔女が残した薔薇が全て散ってしまう前に、
誰かを、心から愛し、愛されることが必要。


一方、麓の村で暮らす、
ベル(エマ・ワトソン)は、
美しいけれど、少し変わった女の子。
本を読むことが大好きで、
ハンサムだけど、野卑で冷酷な
ガストンからのプロポーズには見向きもしない。


ある日、ベルの父・モーリスが商用に出掛けた帰り道、
森の中で、道に迷ってしまう。
狼に襲われ、
逃げ込んだのが野獣の城。
モーリスは、ベルへの土産にと、
庭の薔薇を一輪手折ったところ、
野獣の逆鱗に触れ、牢に入れられてしまう。


父の愛馬だけが家に戻り、
異変を察知したベルは、
馬に乗り、野獣の城に行く。
自ら、幽閉された父の身代わりになったベルは、
城で暮らす事になるが・・・。





なんという美しさ。
まさかこれほどとは。
ディズニーの魔法に酔った130分。
観終わったあとも、
余韻がずっと体から離れずにいた。


ベルが父親の身代わりになった場面、
ベルと野獣のダンス、
そしてラスト・・・
何度も何度も涙が出た。
人は悲しい時や嬉しい時だけ、
涙を流すわけじゃない。
美しいものを見た時や、
切ない時にも、
涙は自然に出てくる。


元々、「美女と野獣」はとても好きな物語。
ベルはとても能動的で、
メソメソして他人に頼ったり、
王子様の出現をひたすら待っているわけじゃない。
父が野獣に捕まれば、
自ら身代わりを買って出る、
その男前ともいえる勝気さ。
そんな所に強く惹かれる。


ベルの幼い日の秘密も明かされる。
そういった「付け足し」場面が、
アニメが84分だったのに対して、
この実写が130分に膨らんだ理由だろう。


今回のそういった「付け足し」、
私は、まぁ、あっても無くても良かったけど(笑)、
とりあえず実写だし、大作だし、
あった方が、お得感があるのは確か。


それにしても、
ガストンというのもおかしな男だわ。
ベルが好き、結婚したい、と言っているのに、
何故かベルの父を酷い虐待行為を。


彼はきっと、
彼女の美しさだけに惹かれ、
そして、
村でたった一人、
彼を愛さない女がいる事が許せず、
強引にでも「モノ」にしようとしているのだと想像する。
こういった男に自由にされたら、
すぐ飽きられて、ポイ捨てされる・・・
と私は断言する(笑)。


このガストンと、
舎弟のル・フウとの間に同性愛的感情があって、
そのせいで、アメリカ・ロシア・アジアの一部地域で、
上映が規制されたと知って、ビックリ。
あの2人がそんな関係だとは全く感じなかったので。
私が鈍いのか?
観られた方はお気づきになられているのでしょうか。


ベルを演じたエマ・ワトソンは、
「ハリー・ポッター」シリーズで、
ハーマイオニー役だったことは誰もが知っている事だけど、
本当に上手く成長していると実感する。
「何をやらせてもハーマイオニー」というのが、ない。


彼女に限った事ではなく、
以前はよく言われた、
「子役は大成しない」というジンクスは、
最近はあまりないと感じるのは、気のせいだろうか。
それは本人の努力もあるけど、
過去の一部の子役たちの悲惨な末路から、
親や、周囲の人々が学んだ結果というのも大きいのだろう。


とにもかくにも、
エマは、ベルの役にピッタリだった。
もう一度観て、
今度は細部を検証したい気分。


評価 ★★★★★

nice!(81)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 81

コメント 22

Ginger

美しいものにココロを揺さぶられて溢れる涙・・・いいな~♪
そういうものを感じ取れる状態でいたいものです!!

セクシャルの多様性をほのめかすのって、イマドキなんでしょうかね?
by Ginger (2017-05-31 12:43) 

green_blue_sky

エマ・ワトソン、ようやく、イメージチェンジになる作品になりそうですね。
by green_blue_sky (2017-05-31 18:42) 

mitu

観たいなぁと思っていたのですが
青山さんの感想により、絶対観たい!になりましたよ~^^

by mitu (2017-05-31 22:00) 

ちょろっとぶぅ

この間、フランスが作った「美女と野獣」を楽しみに観だしたのだけど
寝ちゃったぁ。。。 (^^;
Disneyでリベンジかなぁ(笑)
by ちょろっとぶぅ (2017-06-01 07:53) 

馬爺

この映画は見てみたい映画ですね、孫を連れてみてきます。
by 馬爺 (2017-06-01 10:16) 

裏・市長

130分に感じなかったな!。
「シンドラーのリスト」は長かった…。
白黒だから余計長かった…。

途中でオークワの半額弁当買いに出かけて、
戻ってもまだやってた。そのぐらい長い。
(そーゆードキドキやワクワクを楽しむ
映画ではないが…)。

ガストンとル・フウに同性愛的感情?!。

鈍いのかしら…。
まったく感じなかった。
ジャイアンとスネ夫的、力で服従させる関係かと…。

人は見た目だけで
すべてを判断してしまいがちだけれど、
見えないものこそ大事なんだよね(立松和平風に)。

こんな物語を見せられた時に「だけ」強く思うね。
明日になったら忘れてるね。

そうだ!ソネブロ版自主制作ムービー、
「美女とケダモノ」この冬、公開予定で、
全ソネブロ民を後悔させようぜ!。

もちろん青山実花さんが「美女」役でんがなまんがな。
これは、まぁ誰も異論はないだろう。

問題は「ケダモノ」役ですが、
僭越ながら立候補させて頂いても、
よろしかったでしょうか?。

特技はCG不使用でケダモノになれます!。
履歴書に書けます!。STAP細胞はありまーす!。

by 裏・市長 (2017-06-02 05:08) 

sakamono

美女と野獣、有名ですが、どんなお話しか、よく知りませんでした...。
こんなストーリーだったんですね^^;。
何度も観て、細部を検証したくなる映画は、よいと思います。
by sakamono (2017-06-02 07:45) 

リュカ

同性愛的感情と、はっきりとは思わなかったけど
なんかあやしーって少し思いました(笑)
上映が規制された地域があるなんてのはビックリだけど!!(@@
よく知ってる話だし泣くことはないだろう!っておもって
映画館で見たけどやられたよー。
客席があかるくなったとき、泣き顔隠すの必死でしたw
by リュカ (2017-06-02 09:53) 

ponnta1351

良い映画の様ですね。最近は映画館には行って無いな。
↑のコメント面白いですね!
by ponnta1351 (2017-06-02 10:45) 

don

こんにちは~
おお、5つ星じゃないですか。
久しぶりに映画に行こうかな♪
by don (2017-06-02 12:35) 

すーさん

裏・市長さんの記事とセットで楽しんじゃいました^^。
レビュアー変われば映画の印象も全く(?)変わって見えた(かも)♪。
by すーさん (2017-06-03 18:16) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

鈍い私ですが、
これには泣かされました。
いい映画ですね。

同性愛のほかにも、
本来この時代には白人とは同席できなかった、
黒人さんの起用など、色々新しいようです。
ディズニーも斬新なところを見せたのかもしれませんね。

by 青山実花 (2017-06-04 18:24) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

エマの「ウォール・フラワー」や「ブリングリング」も
面白いですよね^^

by 青山実花 (2017-06-04 18:25) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

こんな与太ブログでも、
「絶対観たい!」と思っていただけるとは、
嬉しいです。
mituさんもきっと感動されるような気がします。

by 青山実花 (2017-06-04 18:25) 

青山実花

ちょろっとぶぅさん
コメントありがとうございます。

レア・セドゥ版でしょうか。
あちらもとても綺麗だったと記憶しています。

ディズニー版、ぜひ観てみてほしいです^^

by 青山実花 (2017-06-04 18:25) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

お孫さんの情操教育にピッタリですね。
きっと一生忘れない気がします。

by 青山実花 (2017-06-04 18:25) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さんもこの映画を観られたとは、
嬉しい限りでございます。
また、裏・市長さんのブログに、私のブログをご紹介くださって
ありがとうございます。
揉め事ばかりの私たちではございますが、
100回に1回くらいは、
気が合う事もありますのね。


私も、ガストンとル・フウが同性愛的関係だとは、
まるで気付きませんでしたわ。
もし知っていたら、
裏・市長さんがご覧になる前に、
コメント欄からご連絡していた所なのに、
残念でしたわね。


ソネットで「美女と野獣」を作るのは構いませんが、
美人揃いのソネットで、
私が「美女」役とは、
ありえまへんがなまんがな。
異論噴出でございます。
私は小道具係をさせていただきます。

ケダモノ役といっても、
・外見も中身もケダモノ
・外見は紳士で、中身はケダモノ
・外見はケダモノで、中身は紳士
・外見も中身も紳士

・・・と、4タイプあると思いますの。
裏・市長さんに当てはまるのはどのタイプかしら。
和歌山でお会いしてから1年以上経ってしまったので、
もうお顔も忘れてしまいましたわ、おほほ。

by 青山実花 (2017-06-04 18:27) 

青山実花

sakamonoさん
コメントありがとうございます。

有名な物語でも、
ストーリーを知らないって事、結構ありますよね^^;
これを機会に、sakamonoさんにも、
ぜひ観てほしいです。

by 青山実花 (2017-06-04 18:27) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます。

リュカさん、凄いです!
あの2人の関係を、怪しんでいただなんて。
ご一緒すればよかったです^^

ほんと、泣けましたね。
私は膝掛け代わりに持って行った風呂敷(笑)が、
めっちゃ役に立ちました^^

by 青山実花 (2017-06-04 18:27) 

青山実花

ponnta1351さん
コメントありがとうございます。

感動でしたので、
久し振りに、映画館に行かれるのもいいかもしれません^^

皆さんの心温まるコメントは嬉しいですね♪

by 青山実花 (2017-06-04 18:28) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

映画の点数は、
「どれだけ我を忘れたか」で決めている所があるので、
号泣したこの映画は5点です^^

by 青山実花 (2017-06-04 18:28) 

青山実花

すーさんさん
コメントありがとうございます。

裏・市長さまの中では、
なんと、ガストンが主役ですからね^^;
色々な見方があって、楽しいですね^^

by 青山実花 (2017-06-04 18:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0