So-net無料ブログ作成

「日本一のヤクザ男」 [映画]

nipponichinoyakuzaotoko.jpg
〔1970年/日本〕


昭和初期。
日本一郎(植木等)は、
ヤクザの根本組への一宿一飯の恩義から、
根本組と敵対する前野組の組長の殺しを請け負う。


しかし一郎は、実は殺しなど大嫌い。
前野を逃がし、礼金だけを貰うつもりでいたが、
なぜか、前野は何者かに本当に殺されてしまう。


数年後、街に戻った一郎は、
前野組と根本組が、
相変わらず険悪な事や、
組長を失った前野組が、
今は、前野の妻・登志子(司葉子)が、
取り仕切って事を知る。


一郎は、
鉄道建設の利権を、
前野組にもたらせてやろうと、
一計を案じ・・・。





久し振りに観た、
いわゆる、クレージー映画の一本。


私の、クレージー映画との出会いについては、
このブログを始めた頃に、
書いた頃があるけれど、
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2011-04-22
あと数本を残すところで止まってしまい、
そのままになっていた。
今年中に、全制覇できそうな目途がつきました。
頑張ります(笑)。


で、この映画。
タイトルに「ヤクザ」とあるけれど、
当然、コテコテなヤクザ物であるはずはなく、
お調子者の植木等さんが、
ヤクザ“もどき”として活躍するって内容。
(役名の日本一郎は「ひのもと・いちろう」と読む(笑))


植木さんの背中には、
凄い刺青が彫られているのだけれど、
これがなぜか日替わりで、
違う絵柄になる。
彼は痛い事が嫌いで、
刺青を入れる勇気が無いのだと言う。
まぁ、それはいいんだけど、
この日替わりの刺青、
一体誰が描いてるんだ?(笑)


痛いのが嫌いといえば、
彼が自分の失態の責任を取って、
指を詰める場面があるのだけれど、
実はこの指、
前日、左とん平さんが、
別件で詰めた指を、
自分の指のように見せかけたもの。
そんな物、持ち歩く方が気持ち悪いけど(笑)。


そんなテキトー男の植木さんだけど、
なぜか女にモテモテ(笑)。


司葉子さん、小林夕岐子さん、野川由美子さんらから、
熱烈に惚れられる。
計算高い植木さんも、
それは計算外だったようで、
戸惑っている。
女から言い寄られたからと、
据え膳食わないのが、
彼の魅力なのかも。


クレージー映画には違いないけど、
植木さん以外に出てくるメンバーは、
ハナ肇さんのみ。


その代わり、というわけではないだろうが、
いきなり沢田研二さんが、
流し役で歌い出す。
さすが、ナベプロパワー(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(70)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 70

コメント 10

裏・市長

刺青と言えば、思い出す3つの事柄。

1 「こち亀」の暴力団の組長が
  足の裏にまで施していた、ハイジやペーターの   
  メルヘンチックなイレズミ。
  
2 大武さん(誰やねん?)のお父さんは首から手の甲まで、
  全身に刺青が入っていたのだが、
  やがて年月は流れ、孫が生まれた。
  
  孫が怖がるので、夏でも首巻き。
  手袋を着用したまま。孫と風呂やプールにも
  行けないと嘆いたまま、彼は亡くなった。

3 ヤクザにあこがれたウチの父親が、
  入れ墨を入れ始めたのはよかったが、
  あまりの痛さに途中でやめてしまい、
  色のついていない下絵だけが半分残っていた(笑)。

  子供の頃、なんで「線だけ」なのか?と、
  いつも不思議であった。

今はタトゥーなんて言って、ファッション化してるけど、
後々、ロクなこたぁないね。

ボクですか?ボクは…してないですよ。多分。
よかったら今度、確認してみてください。
いつでもお見せしますよ。明日にでも、7月にでも。
by 裏・市長 (2017-05-30 13:22) 

green_blue_sky

映画のストーリー以外のことに興味がわきますね(^▽^;)
入れ墨、誰が毎日描くのでしょう、このことのほうがすごいことだ(笑)
植木さんが好きですが、映画のほうは晩年の物しか見ていないです。
by green_blue_sky (2017-05-30 19:19) 

MONSTER ZERO

これは懐かしい!
小林夕岐子さんやジュリー(1人)で出てくるあたりがクレージー映画の終盤を感じさせます
しかし本シリーズでの植木さんの役名の素晴らしいこと!
中等(なか ひとし)や平均(たいら ひとし)等々(^^;
by MONSTER ZERO (2017-05-31 08:45) 

馬爺

クレージ映画時代は結構見ましたね、あの軽快なコミックが忘れられませんね。
by 馬爺 (2017-05-31 11:47) 

Ginger

ホントだ!ジュリーが!!
((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!
by Ginger (2017-05-31 12:44) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

1 御所ケ原組長の刺青も、
  たしか、しょっちゅう変わっていたような。
  ハイジとか、アラレちゃんとか。

2 大武さんは信念が無さすぎです。
   (1)自分が自信を持って入れた刺青なら、
     もっと堂々と、孫にも見せるべき。
   (2)もしくは、硬派を貫き、
      孫の面倒なんか一切みない。関わらない。

   祖父の在り方として、一番カッコ悪い気がします。
   私なら(2)。

3 裏・市長さんのお父様は、
  なんか可愛いですね^^
  下絵だけの刺青。
  出来上がっていたとしたら、どんな絵だったんでしょう。
  見てみたかったですね。


裏・市長さん、刺青入れてないんですか?
和歌山でお会いした時、
Tシャツの上に、ベストを着ていたので、
私は刺青隠しだとにらんでいるのですが。

7月に見せたい?
7月は暑そうだからなー。
また次の機会にお願いしますわね。
by 青山実花 (2017-06-03 22:11) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

そうなんです。
背中だから、絶対誰か書いていると思うのですが(笑)。

ぜひ、植木さんの初期の映画も観てほしいです。
面白いですよ^^

by 青山実花 (2017-06-03 22:12) 

青山実花

MONSTER ZEROさん
コメントありがとうございます。

確かに、初期のころは、
ゲスト出演的な人はおらず、
クレージーだけで、十分話がもっていましたね。

私も植木さんの役名、大好きです^^
毎回笑ってしまいます。

by 青山実花 (2017-06-03 22:12) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

クレージー映画、観られてますか!
そうなんです。
クヨクヨ悩むのが馬鹿馬鹿しくなるくらい、
軽妙で面白いですよね。

by 青山実花 (2017-06-03 22:12) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

ジュリーはほんのちょい役でしたが、
ポスターに写真が載るのですから、
やっぱりスターだったんですね^^

by 青山実花 (2017-06-03 22:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0