So-net無料ブログ作成

「バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート」 [映画]

badbuddy.jpg
〔2016年/アメリカ〕


男を見る目が無く、
失恋ばかりのマーサ(アナ・ケンドリック)は、
ある日、
イケメンのフランシス(サム・ロックウェル)と出会い
恋に落ちる。


ところがフランシスの正体が
殺し屋だったことが判明。
しかも、人を殺す事が許せない彼は、
依頼人を殺してしまうという、
超変わり者。


そんな彼だから、
世界中の殺し屋から狙われていて、
一緒にいても危険がいっぱい。


ところが、
フランシスと付き合ううちに、
マーサに意外な才能があることが分かる。
最強の殺し屋になれそうな才能が・・・。





アナ・ケンドリックは、
美人とは思わないし、
私の好みの顔ではないのだけれど、
なんか好き。


特に、わけのわからないコメディに
出演している時(笑)。
一番好きなのは、
「ハッピー・ボイス・キラー」。
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2015-09-21
こんなの誰も観ていなさそうだけど(笑)。


この映画もわけが分からない。
変な男に引っかかってばかりの彼女が、
殺し屋と激しく惹かれ合い、
殺しのテクニックに目覚めるなんて。


一番好きな場面は、
サム・ロックウェルと、
包丁の投げ合いをするシーン。
ロックウェルが、
包丁をヒュンヒュンと、
回転をつけて投げると、
ケンドリックがそれを実に上手く素手でキャッチする。
「私ったら、こんな才能があったのね」みたいな。


ロックウェルは、ケンドリックを愛するあまり、
彼女に散弾銃の弾が当たりそうになったとき、
手のひらで止めて
大怪我したり。


上手く書けないけど、
この2人、
そんなこんなで、出会うべくして出会ったというか、
運命というか。


あまり深く考えず、
楽しめる映画。


評価 ★★★☆☆

nice!(70)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 70

コメント 2

裏・市長

美人と思わないし、好みの顔ではない。
でも、なんか好き。

・・・褒めてんだか、けなしてんだか、
貶めてんだか、よくわからない。
まァ、嫌われてはいないんだろうと、
アナ・ケンドリックには伝えておくよ。

殺しが嫌いな殺し屋、フランシス・・・。
アタマおかしい・・・。
で、そんな殺し屋に魅かれるオンナも、
男を見る目どころかアタマおかしい。
彼たちに明日はない。

包丁の投げ合いをする・・・。
やっぱり、このカップル、アタマおかしい。
でも普通のカップルの営みでは、
才能を開花させることなど出来ないのだろう。

どうだろう、
我々も関東と奈良で弾道ミサイルの
撃ち合いでもしてみないか?。
思わぬ才能が目覚めるかも知れないぜ?!。


by 裏・市長 (2017-05-20 21:51) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

ハリウッドの影の大番長と呼ばれ、
絶大な権力を誇っている裏・市長さんですから、
アナ・ケンドリックとは当然お知り合いですものね。
ぜひ、私がファンだということをお伝えください。
「美人じゃない」という所は、
裏・市長さんの才覚で、
適当な言い回しで、誤魔化してくださいますよう、
お願い申し上げます。


やはり、どんなカップルにも言えるのは、
「割れ鍋に綴じ蓋」。
他人から見たら、頭のおかしいカップルでも、
深く愛し合う2人には、
お互いに共通した趣味や
お互いに無い物を補い合う何かがあるものですわ。

奈良と東京で弾道ミサイルの撃ち合いなどしたら、
隣国のように、国が分断されてしまいますわ。
そうなったら、去年和歌山でお会いしたのが、
最初で最後の私たちの逢瀬ということになってしまいますわね。

by 青山実花 (2017-05-26 00:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0