So-net無料ブログ作成

「スウィート17モンスター」 [映画]

sweet17monster.jpg
〔2016年/アメリカ〕


「人間には2種類ある。
 何事も要領よくこなす人と、
 何をやってもダメな人」


子供の頃、それを悟ってしまった
ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)も
今は17歳。
子供の頃から冴えなかったけど、
それは今も変わってない。


でも、自分には、たった一人の友達・クリスタがいるから
それでいい、と思ってきた。
今日の今日まで。


ところが、
「何事も要領よくこなす」兄のダリアン(ブレイク・ジェンナー)と、
クリスタが恋仲に!
なんて事だ。
私は独りぼっちじゃないか・・・。





いい映画だなぁ。
まずタイトルがいい。
17歳。
スウィートとモンスターの間で、
ウロウロと迷走中。
原題は違うけど、
この邦題は上手い。


とはいえ、
ネイディーンは、
圧倒的に、モンスターの方に近い。
口が悪く、
思ったことをすぐ言ってしまう。
それで人を傷つけて平気な癖に、
自分が傷つくことには、
過剰なまでに反応する。
被害妄想。
わがまま。
自分勝手etc.


そんな性格じゃ、大人になって困るよ、と
エラソーに言いたくなったけど、
じゃあ、私が17歳の時、
一体どんな女の子だったのかと振り返ると、
ネイディーンと大差なかったかもしれない。


親友と兄が恋人同士になって、
2人がどんどん新しい世界を広げていくのに対して、
自分は何やってるんだ、
のけ者か?
もういらない人間か?
あ・・・
そんな風に考えてしまうのって、
案外、大人になった今も、変わっていないかも。


ネイディーンには憧れの上級生・ニックがいて、
これが結構なイケメンで、
もちろんネイディーンの事など、
存在も知らない様子。


で、彼女は、
絶対ここには書けないようなエロメッセージを
なんとなくスマホで打って、
もちろん消すつもりでいたら、
間違って、送信を(笑)。
爆笑したけど、
映画だから笑ってられるけど、
現実だったら、
死にたくなるわ(笑)。


ネイディーンの担任教師を演じた、
ウディ・ハレルソンが、
めっちゃいい先生で、
なんか感激。
「あんた昔はナチュラル・ボーン・キラーズだったじゃん」と
からかいたくなった(笑)。
あの映画以来、
私の中で、ハレルソンのイメージは、
ずっと「不良」のままだから(笑)。


ネイディーンの隣の席の、
東洋系の男の子が、
彼女に気があるようで、
とても親切にしてくれる。
すごく爽やかないい子。
日本人でいえば、錦織圭くんみたいな。


でも、日系の俳優さんではないみたい。
中国系か、韓国系か。
こういう時、日系のいい俳優さんっていないのかな。


評価 ★★★★☆

nice!(66)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 66

コメント 6

lequiche

予告編見ました。
いいですね〜、こういう青春!
バックに〈ヘルプ〉が流れていましたね。
私にはこういう青春はまるで縁がなかったけど、
古き良きアメリカの香りがします。
タイトルはアムロちゃんの
〈スウィート19ブルース〉を連想させます。
by lequiche (2017-05-19 13:02) 

green_blue_sky

何をやってもダメな人に共感を覚えそう(^_^;)
by green_blue_sky (2017-05-19 19:31) 

裏・市長

おいおい、17歳にしてすでに悟ってしまったのかよ?。

ボクなんか齢87歳にして、まだ惑ってるぜ?。
最近のテーンエイジャーはなんて早熟なんだ。

ボクが17歳の頃・・・。
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・思いだせないほど昔やな。
多分、東京がまだ江戸と呼ばれ、
杉良太郎が岡っ引きとして街を駆け抜けていた頃。

なーんも考えてなかったな。
もともと男という生き物はアホなので、
今日のことしか考えてない。
明日の事を考えようとしても、
夜寝たら忘れてしまうからなぁ・・・。

部活はやってなかったので、
絵にかいたような青春ではなかったなぁ。
青い春などありゃしない。

テレビ局に再放送のお願いをするハガキばっかり
書いてたな。あまりに熱心すぎて、
むこうが折れてくれたり、
「そりゃ無理だわ」という返事をもらった事も
あったな。

今ほど個人情報やセキュリティに
厳しくなかった頃のハナシ。

たかがレンタルビデオ店の店員のくせに、
偉そうに関西の東映や東宝支社に、
いきなり乗り込んでいった事もあったな。
今思うと怖ろしいな。

「絶対ここには書けないようなエロメッセージ」。
ここに書かなくていいんで、
内緒でこそっと送って下さい。
NTTの押し花電報で。待ってます。
by 裏・市長 (2017-05-20 21:32) 

青山実花

lequicheさん
コメントありがとうございます。

いつの時代も普遍な、
17歳の青春が描かれていて、
とても面白かったです。

安室ちゃんの「スウィート19ブルース」は、
小室氏の歌詞の中では好きな方です^^

by 青山実花 (2017-05-26 00:18) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、
green_blue_skyさんも、他の多くの皆様も、
ご謙遜されてはいますが、
立派な方々ばかりだと思います。

by 青山実花 (2017-05-26 00:19) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さんと私が知り合って、
早62年が過ぎていますが、
未だに惑ってますねぇ、お互いに。


確かあの年は、
江戸で大火事があったんでしたわね。
どこかの家のてんぷら油に火が付いたとか。

いくら「火事と喧嘩は江戸の華」とはいえ、
鉄筋の家など殆どなかった時代、
火の回りが早くて焦りましたわ。
何とかうちは類焼を免れて、
地下のホームシアターも無事だったんですけどね。


奈良で、再放送のお願いハガキを書いて、
それは飛脚にお渡しになられたのかしら?

あの頃は、奈良から江戸まで、
飛脚の足でも
一週間はかかりましたものね。
テレビ局の方も驚いたでしょうね。
そんな遠方から、
飛脚を使ってまで、観たい戦隊物があるなんて、と。

その熱意に感激して、
お返事をくださったのではないかしら。
お返事も飛脚でしょうから、
やり取りには随分時間がかかったでしょうね。
ブログが発明されて良かったですわ。
ほんの1秒あれば、
裏・市長さんの嫌がらせコメントが、
私のコメント欄に届く時代になったのですものね。


了解しました。
エロメッセージを電報でお送りさせていただきます。
台紙は500円から12,000円まで各種取り揃えていますが、
いくらのをご希望されますでしょうか。

by 青山実花 (2017-05-26 00:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0