So-net無料ブログ作成

「青い山脈 後編」 [映画]

aoisanmyakuharasetsukokouhen.jpg
〔1949年/日本〕


一人の女子高生が書いた、
偽ラブレターを、
担任教師・島崎雪子(原節子)が
厳しく諫めた事から、
事態は、学校から地域までを巻き込んで
大騒ぎとなる、前編。


雪子の味方に付いた校医の沼田は
暴漢に襲われるも、
怪我は大した事はなく、
理事会に出席する。


生徒の姉で、芸者の梅太郎(小暮実千代)も
父兄の一人として出席、
雪子のために発言する。


議論が出尽くした所で、
雪子と生徒、
どちらの言い分が正しいかを、
投票で決める事になるが・・・。





原節子版、「青い山脈」の後編。


この映画には、個人的なちょっとした逸話がある。


私がボランティアをしている、
「地域住人の皆様のために、映画を上映する会」で、
この「青い山脈」をかけた際、
前後編がある事を知らず、
前編だけを上映してしまったのだ。


私はその日、
当番ではなかったので、
聞いた話なのだけれど、
昨日も書いたように、
前編は突然、プツリと終わり、
お客様も、
当番だった者も、相当驚いたようだ。


お客様は、穏やかな方ばかりだったそうで、
怒る事はなく、
続きは近いうちに必ず上映するという事で、
話は収まったと聞いて、
ホッとした。
ボランティアをしていると、
そういう事がたまーにだけど、ある。


で、この、原節子さん版の後編、
小暮実千代さん演じる、梅太郎が可哀想で可哀想で。


梅太郎は、実は密かに、
校医の沼田に惚れている。
しかし、沼田は、
原さん扮する雪子が好きな上に、
「芸者を嫁にするのは、ちょっとなぁ」などと
平気で口に出す。


梅太郎は、理事会で雪子をかばう発言をするけど、
人に見られないように、
涙を拭いているのだ。


苦しいでしょうね、片思い。
自分がどんなに相手を好きでも、
相手は自分の事など全然好きじゃなくて、
さらに、他の女性といい雰囲気になっていて、
それを目の前で見ていなけりゃならないという、
どうしようもないその辛さ。


ラスト、沼田が、
生徒たちがいる前で雪子にプロポーズするのにビックリだし、
雪子が、その場で返事をするのも、さらにビックリだ。


しかも、この二人、
現代の感覚でいう所の、
「お付き合い」さえしていない。
交際0日結婚か?
大島美幸か?(笑)


まぁ、それでも、
誰も疑問に思わなかった時代なんでしょうな。


これで、「青い山脈」の、
手に入るソフトは全て観たけれど、
もう1本、
司葉子さん主演の
「青い山脈 新子の巻」
「青い山脈 雪子の巻」
というのがあるようだ。
これはソフト化されていないようなので、
名画座にかかるのを待つしかない。


評価 ★★★☆☆

nice!(79)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 79

コメント 8

green_blue_sky

青い山脈、いろいろとあるのですね。
これだけあるとは思わなかったです(^_^;)
by green_blue_sky (2017-05-16 19:18) 

裏・市長

そらぁ、プロポーズに即答してくれないと、
前後編で終われないじゃないか!。
もう1本必要になってくる。

これは前後編で終わってるからいいの!。
人気があるからって、ダラダラ続けたら
末路は悲惨な事になる。
「必殺仕事人」シリーズがそれね。

初期は本当に殺るか殺られるか、
丁々発止の世界だった。
それが続編が出来る度に、
新しいもの、現代の風俗、話題を
作品に取り入れようとスタッフが色気を
出した挙句が・・・、

「主水、エスカルゴを食べる」
「主水、ワープロをうつ」。

とどめが、
「夢次、江戸のテレクラでバイトする」!。
時代劇に「テレクラ」で「バイト」やで?!。

映画を上映する会のホラン千秋…、
いや、ボランティア、まだ絶賛継続中なんや!。
すばらしいな!。

これはなかなかにムズカシイこっちゃで。
自分ひとりなら、外れても「チェッ」で終われるけれど、
自分じゃない第三者を楽しませて、
次も足を運んでもらう、繋げていかなければならない。

ちょっとやそっとの知識では太刀打ちできない作業やで。

その点では青山モガさんは有利だと思う。
映画に偏食がない。

とりあえず食ってみる。

うまければそれに越した事はないけれど、
まずくても、何か楽しめる要素を探そうとする。

料理がダメでも、接客はよかった。
店の雰囲気がよかった。
一緒に行った相手が裏・市長さんでよかった…など、
よかったところを見つけようとする。
(まぁ、最後の一文は余計だと思うが…)。

なので、老若男女、年齢、国籍、惑星を問わず、
適切なオススメの一本を選ぶことが出来る。

これはもう、ボランティアじゃないで。
文化事業の一環やで。

青山モガさんの選んだ一作が人の運命を
変える事だってあるかもよ?アルカポネ。

こうして日々更新するブログ記事だって、
これを読んだ人が、「あ、見てみよう」と思うじゃん。
見るじゃん、それが人生を変える一本に
なるかもよ?アルカポネ。

映画と言う文化を通して、
人の運命をもて遊ぼうとしている
魔女なのかも知れない。青山モガは・・・。

悪女になるなら月夜はおよしよ・・・。



by 裏・市長 (2017-05-17 02:09) 

旅爺さん

随分古い映画ですが青い山脈は懐かしい映画です。
by 旅爺さん (2017-05-17 12:58) 

hatumi30331

あの時代っぽい?
でもあの時代にしては新しいのよね。きっと・・・・
by hatumi30331 (2017-05-18 07:47) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

たくさんあり過ぎですよね^^
時間が経ったら、混乱してしまいそうです。

by 青山実花 (2017-05-23 13:34) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そうですか?
恋の告白をされても、
その場で即答せずに、
焦らして焦らして焦らしまくらないと、
「この女、俺に惚れとるで」と、
調子に乗ったりしないのでしょうか。
とはいえ、私は即答してしまう派ですが(笑)。


もう、こうなったら、

「主水、こってりラーメンを食べる」
「主水、サーティワンを食べる」
「主水、カラオケに行く」

など、スタッフさんの体験に基づいた、
新しい話題を入れていったらどうでしょう。
時代劇など、老人が見るものと
決めてかかっていた若年層のファンを
取り込めるかもしれません。


映画上映ボランティアは、
もう15年くらいやっております。
こんな私をメンバーとして受け入れて、
意見にも耳を傾けてくださる、
メンバーさんのおかげだと、
本当に感謝しています。

私は、割と偏食がない方なのですが、
マニアックなご意見も、
映画選びには、
とても重要なのです。

子供が主役の映画が好きな方、
恋愛映画が好きな方、
とにかく古い映画にこだわる方、
SF映画が大好きな方、
イケメンが出ていると嬉しいという方などなど・・・

本当に様々で、
そういった皆様のご意見で、
次に上映する作品が決まってゆくのです。

私たちの選んだ映画で、
お客様が喜んでくださるのはとても嬉しいです。

お帰りの際に、
「すごく良かったです」とか、
「感動しました」とか、
言ってくださることがあるんですね。

そんな時は、とても幸せな気持ちになります。


裏・市長さまのブログも、
誰かの人生を変えてしまっているかも
しれませんわよ。

例えば、
「このようなブログを書く方って、一体どんな人なんだろう」
と思い、
和歌山に行ったら、騙された人など。

ウラ子の部屋へ電話をかけて 
女と遊んでる芝居続けてきたけれど・・・。

by 青山実花 (2017-05-23 13:34) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

旅爺さんさんは、
吉永小百合さんの世代でしょうか。
吉永さん、素敵ですよね^^
by 青山実花 (2017-05-23 13:35) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

確かに、70年前には
新しかったのかもしれませんね^^

by 青山実花 (2017-05-23 13:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0