So-net無料ブログ作成
検索選択

「青春ア・ゴーゴー」 [映画]

seishunagogo.jpg
〔1966年/日本〕


浪人中の松本悟(浜田光夫)と村木賢一(山内賢)は、
世間で大ブームのエレキに夢中で、
勉強に身が入らない。


2人はスパイダースが出演しているジャズ喫茶で、
高校生の増田、
夜間学生の橋本・江川と知り合い、
バンドを組む事に。


練習は、橋本と江川が務める会社の倉庫でしていたが、
叱られ、追い出される。
困った彼らだったが、
廃屋となっている教会を見つけ、
ここなら!と忍び込む。


すると、彼らの音を聞きつけた少女・ユリ子(ジュディ・オング)が
やって来る。
歌の上手いユリ子をボーカルに据え、
テレビの、
「勝ち抜きエレキ合戦」に出場した彼らは、
10週を勝ち抜くが・・・。





冒頭から凄いなぁ。
テレビの討論番組で、
大人vs若者
という構図で、
エレキは是か非かが
話し合われている。


討論はかなりエキサイトしている。
大人は絶対エレキを認めないし、
若者は大反発。


この時代は、
大人と子供の境界線が、
きっちりあったのね。


今、大人が、
ロックを聞くなんて当たり前、
それ以外だって、
アイドルを追っかけようが、
アニメに夢中になろうが、
ゲームしようが、
他人に迷惑を掛けなければ、
何をしたって自由。
この映画と比べると、
隔世の感があるわ。


現在、
主演の浜田光夫さんが73歳、
スパイダースの堺正章さん、井上順さんが70歳、
ミック・ジャガーやポール・マッカートニーが73歳だから、
そういった若者が出てきた時代だったのだろう。
このような皆様がいて、
今がある。
ありがたい事です。


梶芽衣子さんが、
旧芸名の太田雅子さんの名前で、
山内賢さんの妹役で出ている。


まだ、とても若く、
顔もぷくぷくだけど、
声だけは変わらない。
勉強がめっちゃ出来る女の子という設定で、
「私が大学に受かるのは、決まっている事だから」などと言う。
美人は何を言っても許される(笑)。


そして、梶さんよりビックリなのが、
ジュディ・オング。
彼女が出ているという予備知識があったから、
良かったけど、
知らなかったら、
最後まで気付かなかったかも。


私の、ジュディ・オングのイメージは、
気位の高い美人、という感じだけど、
このころは、まだおきゃんな少女という印象。


評価 ★★★☆☆

nice!(78)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 78

コメント 10

green_blue_sky

ジュディ・オングさん、若いころは目立っていないですよ。
いつからかわかりませんがオーラ―すさまじい(^_^;)
ポスターの梶さん、若いですね。
by green_blue_sky (2017-05-09 19:02) 

裏・市長

せやな、今は境界線が曖昧だから、
「こどものくせに!」とか、
「大人のくせに!」とか、
「裏・市長の分際で!」なんて言えないね。

ボクがご幼少の頃は、
小学生になったら、まんが柄のついた物は
恥ずかしい物というご時世だった。

ウチの父親は厳しい…というか、
その日の気分で怒りまくる人だったので、
マンガのついた上履き入れを投げ捨てるぐらい
マンガ=子供向けだった。

今はいいよな!。
ユニクロなんて大人向けにクリィミーマミの
Tシャツとか売ってるんだぜ?!。
大人が着て歩いても、誰も振り返らないんだぜ?!。

ウチの父親が見たら、
木刀持って追いかけて来よるで!。
死んでてよかったで、正直。

エレキとかGSとかいう言葉も
充分、「死語」だけれど、
「おきゃん」って80年ぶりぐらいに聞いたわ!。

「 お き ゃ ん 」やで「 お き ゃ ん 」。

もう、キャインキャインやで!。
ねぇ、おちゃっぴぃな青山さん。
by 裏・市長 (2017-05-09 23:08) 

旅爺さん

お早う御座います。
ジュディオングさんももうお婆ちゃんの仲間入りでしょうか?。
今日も健康に気をつけて1日頑張りましょ~う♬
by 旅爺さん (2017-05-10 06:24) 

馬爺

このころはエレキ等やるのは不良だと決めつけれれていましたね、ロックなんてとんでもない事でした、浜田光夫等と同い年ですからね。ジュディオングなんて本当に懐かしい名前ですよ、たまに日展などで見かける名前ですね。
by 馬爺 (2017-05-10 12:23) 

don

ジュディオング、なつかしいです。
女は海~♪
好きな男の腕の中でも 違う男の~♪
という大ヒット曲を思い出しました。
by don (2017-05-10 12:24) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます

私がジュディ・オングさんを認識したのは、
やはり「魅せられて」からでしょうか。
梶芽衣子さん、可愛いですよね^^

by 青山実花 (2017-05-12 23:00) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

私が子供の頃、
大人はもっと大人で、
「ラルクのライブに行っちゃった♪」とか、
「仮面ライダーのDVD買ったぜ!」なんて、
言わなかったと思うんです。

もしも子供の頃、
クリィミーマミのTシャツを着ている大人がいたら、
きっとビックリしたでしょうね。
あの人、大丈夫か?って。
近所でも、噂になったと思います。

いい時代になって
幸せです。


「おきゃん」は、
裏・市長様と私が知り合った頃、
ずいぶん流行ったので、
あの頃を思い出して書いてみました。

そうですか、もう死語なんですか。
あれから62年も経っていますから、
そんな言葉を使う人は、
いないんでしょうか。

おちゃらけ裏・市長と、
おちゃっぴい青山といえば、
当時は知らない人はいないコンビでしたのにね。

by 青山実花 (2017-05-12 23:01) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます

ジュディ・オングさんは67歳のようですが、
あのような美しい方をお婆ちゃんと言ったら、
叱られる気がします^^

by 青山実花 (2017-05-12 23:01) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます

むかし、ロックが大人からどのように言われていたか、
時々、映画などで見聞きしますが、
本当にそうだったんですね。

ジュディ・オングさん、多才ですね^^

by 青山実花 (2017-05-12 23:02) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます

昔はあまり深く考えませんでしたが、
今聞くと、「魅せられて」って、
めっちゃ意味深な歌詞ですね^^;

by 青山実花 (2017-05-12 23:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0