So-net無料ブログ作成

「家族はつらいよ2」 [映画]

kazokuhatsuraiyo2.jpg
〔2017年/日本〕


平田家の主・周造(橋爪功)は、
年齢のせいなのか、
最近、車をぶつけてばかりで、
家族は、運転免許証の返納を勧める。


しかし、頑固な周造が家族の意見に耳を傾けるはずもなく、
今日も、小料理屋の女将・かよ(風吹ジュン)と、
車でお食事に。
すると、道路工事現場で、
車の誘導をしている老人が、
高校時代の同級生・丸田吟平だと気付く。


吟平は、周造に顔をそむけ、
話し掛けてほしくない様子。
バブルの頃、事業に失敗し、
家族に逃げられ、
この年になっても、
まだ働かざるを得ない境遇なのを
恥じているのが分かる。


しかし、何とか吟平を飲みに連れ出した周造は、
その夜、彼を自宅に泊めてやるのだが・・・。





試写会で観た。


笑った笑った、涙が出るほど笑った。
もちろん、劇場内も爆笑の渦。
昨日、「1」をボロクソに書いた事を、
申し訳なく思ったくらいだ。
山田洋次監督、ごめんなさい(笑)。


この手の映画は、
家でぼんやり一人で観るより、
大きなスクリーンで、
沢山の観客の皆様と一緒に観る方が、
ずっと盛り上がるのかもしれない。


最初は、「1」と同様、
ちょっとイライラさせられるんだな、
人の話を全く受け入れない、
橋爪功演じる周造に。


年を取ったから、
人の話が聞けなくなるのか、
元々そういう気質なのか。
私も年を取ったら、
気を付けなければ、と思ったりして。


それが、周造の友人・吟平が
家に泊った翌日からの
盛り上がりったら。


ある意味、それは不謹慎な笑いで、
笑っていいのか分からないくらいの
内容なんだけど。


いや、笑っていいんだ、いいんだろう。
人生なんてそんなもんだ。
どんな事でも笑おう、
笑い飛ばそう。
深刻ぶったって仕方ない。
・・・って言われてる気がする。


今回、吉行和子さんは、
「一生の夢」だった、という、
北欧へのオーロラを見る旅に出発してしまい、
出番はあまりない。


うーん、羨ましい。
これが私なら、
「一生の夢」である、南米に行くという事だな、と思う。
この夢を叶えるまで、
頑張ろっと(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(67)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 67

コメント 14

Ginger

そうなんですね!観たくなってきましたー。
子供の頃は寅さんのどこが!って思っていたけど、大人になって全巻揃えるほど愛してしまった・・・。山田洋次監督、全然現役なんですねー。

場外では、泰葉サマの爆弾発言で三平のリアル家族はつらいよ、も大変ね~。
by Ginger (2017-05-08 13:53) 

馬爺

なんだか昔あったドタバタ喜劇のようですね。
by 馬爺 (2017-05-08 17:11) 

美美

福生も色々楽しい場所があるようですよ(∩.∩)
by 美美 (2017-05-08 18:11) 

green_blue_sky

出演者を見ると面白そう。
動画で見たい作品(^_^;)
by green_blue_sky (2017-05-08 19:34) 

hatumi30331

私も笑ったよ!!(笑)
by hatumi30331 (2017-05-09 07:46) 

KENT0mg

1より2がいいと言われると何故か観たくなりますね〜
笑いながら、南米の夢を叶えてください。^ ^
by KENT0mg (2017-05-09 08:19) 

裏・市長

松竹もツライのよ。

東宝には「ゴジラ」がある。
東映には「プリキュア」がある。

だが、松竹があれほど一世風靡させた
「男はつらいよ」はない。
「釣りバカ日誌」もない。

これに代わるドル箱シリーズを早急に
打ち立てないと!!。
今、それが「家族はつらいよ」ではないだろうか?。

だが、これはちょっと失敗したかも知れない。
キャストがすでに高齢すぎる。
男はつらいよ全48作を越えようとすれば、
今出てる出演者の半分以上がすでにこの世に…。

いや、それより監督の山田・・・。
・・・不謹慎なのでやめておこう。

かと言って、キャストをすべて、
ジャニーズjrとAKBの研究生で埋めてしまえば…。
ダメだ!やつらは不祥事のカタマリだ!。
後に「公開できない」作品だらけになる。

いっそのこと、so-netの超個性派な人々で、
「ブロガーはつらいよ」でも製作すればいい。

これ案外オモロイで。内輪受けな意味で(笑)。

ボクは没個性なんで、
駅前でダンボールかぶって寝てる
ホームレス役を地でいきます。

今秋公開予定、ご期待ください!。
by 裏・市長 (2017-05-09 22:18) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます

はい、とっても面白かったです。
Gingerさんにもぜひ観てほしいです^^

海老名家の皆様は、
全員クセがありそうで、面倒臭そうですね(笑)。
泰葉さん、どうなるんでしょ^^;

by 青山実花 (2017-05-12 22:55) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます

そうなんです。
山田洋次監督なだけに、
寅さんっぽい感じで(笑)。

by 青山実花 (2017-05-12 22:55) 

青山実花

美美さん
コメントありがとうございます

確かに、福生だからとベースだけなわけありませんよね^^;
あ、私、ベースも大好きです。
昔は、横須賀のフレンドシップスデイには、
毎年行っていました^^

by 青山実花 (2017-05-12 22:56) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます

とっても面白かったです。
27日公開ですので、
もしお時間があったら、ご覧になってみて下さい。

by 青山実花 (2017-05-12 22:57) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

「1」より、「2」の方がずっと笑えますので、
いつかきっとご覧になってみてくださいね^^

by 青山実花 (2017-05-12 22:57) 

青山実花

KENT0mgさん
コメントありがとうございます

「1」は、なんとなく人物紹介的なものがありますが、
「2」は佳境に入った感じで^^

南米、行けるように頑張ります!^^

by 青山実花 (2017-05-12 22:57) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

「ゴジラ」と「プリキュア」が同列て(笑)。

いや、まぁ、それはいいとして、
確かに、
寅さんも、ハマちゃんもいない今となっては、
松竹は「家族はつらいよ」に賭けるしかないのでしょうか。


映画界も、ご多分に漏れず高齢化というのは分かります。
「家族はつらいよ」にしても、
吉行和子さんの出番が少ないのは、
年齢による健康問題か!?なんて、
勘ぐったりもしてしまいます。

でも、やり方があると思うんです。
これは私の思い付きなのですが、
「家族はつらいよ」を長らく続けていくつもりなら、
(って、そのようなつもりがあるかどうか分かりませんが(笑))
「007」方式を取ったらどうでしょう。

主役、脇役関係なく、
出演者たちが、何らかの理由で出られなくなったら、
別の人に代わるんです。
もちろん監督さんもです。

ジェームズ・ボンドだって、
今まで色々なかたが演じてきて、
その度に、
「〇〇が演じたボンドは良かった」「良くなかった」と、
話題になってきたし、
Mだって、Qだって、同じです。

日本でも、その方式がないわけではないですけどね。
「水戸黄門」とか。

by 青山実花 (2017-05-12 22:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0