So-net無料ブログ作成

「さよならモロッコ」 [映画]

sayonaramorocco.jpg
〔1974年/日本〕


CMディレクターの岡田(愛川欽也)と、
スタッフ一行は、
モロッコのマラケシュに、
新しいCM撮影のためにやって来た。


岡田が、撮影の合間に、
一人車で砂漠を走っていると、
ピストルを頭に向け、
今まさに自殺しようとしている
フランス人の女・マリーテレーズと出会う。


マリーテレーズを車に乗せ、
街に戻った岡田は、
彼女の可憐な愛らしさにすっかり参ってしまい、
2人は恋人同士となる。


しかし、マリーテレーゼに、
パリから手紙が届く。
それは、彼女の元恋人からで、
そこには、
「もう一度やり直そう」と書かれており・・・。





すごいなぁ、
恋のパワー。
全編通して、恋でみなぎってる、この映画。


異国で出会ったパリジェンヌに恋してしまった
愛川欽也扮する主人公・岡田は、
腑抜けのようになってしまい、
もう、なーんにも手に付かない。


彼女からの「死にたい」と書かれた手紙を受け取れば、
仕事そっちのけで、
彼女の元に駆け付け、
スタッフはカンカン。


彼女にのめり込む彼は、
翌日、仕事の遅れを取り戻すため、
一度は車で出発するが、
途中まで行った所で、「もうロケやめた」とつぶやき、
スタッフから離れ、
また彼女の元へ。


挙句の果てに、
日本に帰るために、
空港に向かう途中の車を降り、
「やっぱり帰らない、彼女とこの地で一緒にいたい」と。
どんだけ惚れちまったんだよって(笑)。


けれど、
元々が不安定な関係、
当然の事ながら、破局はすぐにやって来る。


彼女が元恋人からの手紙に、
悩み、苦しんでいるのを知った岡田は、
「パリに帰っていいんだよ」と。
その時の、
2人で抱き合って泣くシーンの切ない事ったら。
たったこれだけのお話しなのに、
私はもうすっかり、
岡田の気持ちに寄り添ってしまったようだ。


この映画、
愛川欽也さんが、
監督、製作、音楽、主演まで、
全てをこなした、
ほぼ、プライベートフィルムとの事だけれど、
それだけで、ここまでの作品が作れるって、
やっぱり凄い人だったんだなぁと、
今更ながらに思う。


彼女がどんなに我儘言っても、
勝手な事をしても、
決して怒らず、
全てを許す主人公。
ラストも切なかった。


評価 ★★★☆☆

nice!(61)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 61

コメント 8

hatumi30331

懐かしい映画ですね〜♪
by hatumi30331 (2017-04-30 13:41) 

green_blue_sky

誰かと思えばきんきん、若い(^_^;)
by green_blue_sky (2017-04-30 17:23) 

Ginger

あのキャラだけどすっごくロマンティストな方なんでしょうねー。実生活でも亡くなるまで恋してらしたみたいだし・・・。
by Ginger (2017-05-01 12:47) 

裏・市長

ルンペン大将純愛編!。

まったく関係のない第三者から
冷静に見たら、とんでもないオンナに
引っ掛かってしまったものだ。

死ぬ死ぬ詐欺オンナがっ!、
「死にたい」などと書いた手紙を寄こし、
あげくの果ては元のオトコのもとに…。

とんでもねぇわ!許せないわ。
オトコと揉めて、その穴埋め期間に
オレたちのキンキンを利用しただけじゃねぇか!。

その当時のことは、よく知らないのですが、
キンキンは1970年代、ラジオのデスクジョッキーで、
若者の「アイドル」だった時代があったらしい…。

ヤモメのジョナサンとか、なーるほどザ!しか、
知らない世代には信じられないかも知れないが。

キンキンのオンナ好きと映画好きは有名。
自分で劇団と劇場を持ってたらしいぞ!。

前の嫁さんを捨てて、ケロンパと一緒になったけど、
やっぱりクチが大きいわ!こりゃダメだ!と、
劇団のオンナにも手を出していたという。
これはケロンパ公認。

…しまった。なんだかキンキンの暴露大会のように
なってきた…。亡くなった人の事を悪く言ってはいけません。
いや、亡くなったから言えるのか。

ボクも何を言われるかわからんか、
うかうか死ぬに死ねないな。
青山実花さんもうかつに死なないように、
がんばって今日を生きてください。

どっちが先にくたばるかチキンレースだぜ!。
by 裏・市長 (2017-05-01 21:06) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

40年以上も前の映画なんですね^^;
懐かしいはずですね。

by 青山実花 (2017-05-02 21:47) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます

この写真を見ても、
若いなぁと思いますよね^^

by 青山実花 (2017-05-02 21:48) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます

私もそう思いました!
ロマンティストで、
常に恋していたい人だったのだろうと。
それはそれで、素敵ですね♪

by 青山実花 (2017-05-02 21:48) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

考えてみれば、「ルンペン大将」も、
結構ロマンティックなお話しでしたものね。
やっぱり愛川さんって、
ロマンティストなのだと思います。


「死ぬ死ぬ詐欺」に引っ掛かる男、
いるんでしょうね。
他人から見たら、
「ほっとけよ!」と、
「死にたいなら、死なせてやればええやん!」と、
思うけれど、
それが出来ない男。

まぁ、この映画の場合は、
愛川さんは、彼女の惚れてしまっていますから、
「指先を1ミリ切った」でも、
「膝を擦りむいた」でも、
駆け付けていたのかもしれません。


愛川さん、
彼にとって恋はパワーの源だったのかもしれませんね。
やっぱり恋をしているのとしていないのとでは、
朝の目覚めから違いますので(笑)。
暴露とは違うと思います。
きっと彼は、恋の数々を
勲章のように思っている気がします。


私は淋しい事が嫌いなので、
裏・市長様より先に死にたいものですわ。
その時は、
追悼レビューをお願いします。
褒めて褒めて、褒めちぎってくださいね。
あぁ、読めないのが残念・・・。

by 青山実花 (2017-05-02 21:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0