So-net無料ブログ作成
検索選択

「ムーンライト」 [映画]

moonlight.jpg
〔2016/アメリカ〕


マイアミで暮らす黒人少年・シャロン(アレックス・ヒバーグ)は、
学校でいじめに遭う、辛い日々。
ある日、いじめっ子たちに追われたシャロンは、
麻薬の売人・ファン(マハーシャラ・アリ)に助けられ、
以来、親切なフアンを父のように慕うようになる。


高校生になったシャロン(ジャハール・ジェローム)。
フアンは既に死んでいたが、
フアンの恋人・テレサとの交流は続いていた。
学校では相変わらず孤独だったが、
唯一の友達・ケヴィンには心を開いている。


しかし、ある日、ある事件が起こる。
シャロンは、今までの鬱積した気持ちをぶつけるように、
ある行動に出て、
逮捕される。


大人になったシャロン(トレヴァンテ・ローズ)は、
子供のころとは別人のように
体を鍛え上げ、
逞しい男に成長していた。
麻薬の売人をする彼のところへ、
ケヴィンから突然の電話が入り・・・。





今年のアカデミー賞作品賞受賞作。


有力と言われた、
エンターテイメント性ばっちりの
「ラ・ラ・ランド」と比べて、
とても地味な作品。
まさに、「月の光」のような。


けれど、だからと言って、
退屈するわけではない。
一人の黒人男性の、
幼少期から青年期までの出来事が、
じっくりと描かれる。
まるで自伝のように。


私の記憶違いでなければ、
ほぼほぼ、出てくるのは黒人だけ。
学校も、街も。
「もしも世界が黒人だけだったら」という
仮定の映画を観ているみたいだ。
(白人がはっきり映るのは、ケヴィンのレストランの数人の客だけだったと思う)
 


なので、
そこに人種間の争いや軋轢は皆無で、
全ては、
黒人vs黒人で話が進行する。


同じ肌の色だからって、
全員が互いに連帯意識や、同胞意識を持っているわけじゃない。
どんな世界にもいじめがある。


そうした設定には、
もちろん何か理由があるのだろうけど、
何が言いたいのだろう。


黒人は、黒人社会の枠の中だけでも、
別に生きられない事はないんだぜ、視野は狭いけどよ、
って事だろうか。


もちろん、日本に住んでる私だって、
日本人の知り合いしかいないのだから、
同じじゃないかと言われればそれまでだけど、
でも、やっぱりそれとは違うよね。


3点か4点かで迷ったけど、
シャロンとケヴィンの再会の場面が好きなので、4点。


詳しくは書けないけど、
シャロンがケヴィンに対する思いを表すセリフがあって、
すごいな、
見た目からは想像できないな、と。


国も、人種も、性別も、生活も、
私とは全く違う世界で生きている主人公だけど、
人を思う気持ちは万国共通、同じだ、と思ったり。


評価 ★★★★☆

nice!(57)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 57

コメント 6

hatumi30331

これは是非みたい作品です。
様々なチェック点がありそうです。
映画って良いよね。^^
by hatumi30331 (2017-04-29 13:30) 

Ginger

白人至上を覆すための受賞だったら、それも!っと思うけど、生まれた環境から明らかに自らを生きることはできるのだと・・・鼓舞される。ブラビの映画愛も・・。
by Ginger (2017-04-29 16:15) 

裏・市長

『ラ・ラ・ランド』か『ムーンライト』か。

アカデミー賞授賞式、あんな事あんねんな。
最初はアメリカンジョークかと思った。
それにしても、この手の冗談は、
アメリカンすぎてブラックユーモアやで…とも。

それだけ、どちらが獲ってもおかしくない
出来だったのだろう。

この授賞式会場で、
スパンコールを散りばめて、
胸元からヘソのあたりまで開いた
真っ赤っかなドレスに身を包んだ
青山実花さんも、
『ラ・ラ・ランド』はもう一回、劇場で観たいと
おっしゃってましたもんね。

普段、同じものを2度観る時間があれば、
私はまだ見ぬ作品に出会いたい…と、
冒険家のような発言をする青山実花さんにしては、
めずらしい発言だったので、
すごく印象に残っています。

ボクも『ドカベン』は10回以上見ています。
これは意図的に見ようとして見るのではなく、
年に2回ぐらい放送されてしまうので、
なんとなくチャンネルがあってて、なんとなく最後まで
見てしまうのです。やはり『名作』なのでしょう。
いや、『迷作』がふさわしいかも知れません。

しかし、1977年のアカデミー賞を、
なんで『ドカベン』が獲ってないのか?!と、
今さらながら調べたら、『ロッキー』やて!。

どっちも同じスポーツジャンルじゃん!。
似たようなモンだよ。

余談ではあるのですが、
行った事ねぇよ!と一蹴されそうで、
書くのも怖いのですけれど、
大和高田市の近商ストア。

夕方レジが混んで来るじゃないですか?、
お客さんの列が出来ますよね。
そしたら店内に、
この「ロッキー」のテーマが流れるんです。

これはレジ応援要請の合図なんです。
これが流れると、手の空いてる社員たちが、
奥からノコノコ出て来るんです。

これでまたひとつ、
大和高田市通に近づきましたね!。










by 裏・市長 (2017-04-30 10:12) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

hatumi30331さんも、
きっと感動されるのではないかと思います。
映画っていいですね。
ぜひご覧になって下さいね^^

by 青山実花 (2017-05-02 20:59) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます

黒人さんだけって、
やっぱりアメリカでは深い意味があるのでしょうね。
主人公の育ったあの環境からして・・・。
ブラピ、やっと元気が出てきたのでしょうか^^;

by 青山実花 (2017-05-02 21:00) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

アカデミー賞に限らず、
なんだか世界全体が緩んでいるというか、
プロ!みたいな人がいなくなってきているというか。
まぁ、私自身も緩んでるんで、
いいんですけどね。


あ、見てくださっていたんですね、
私の、あの深紅のドレス姿。
レッドカーペットの赤も霞んでしまうくらいの
美しさだったでしょう?
身長が180センチもあると、
どんなドレスも似合ってしまって、
他の女優からの嫉妬が大変でしたわ。

今年のエスコートはプリオにお願いしましたけれど、
来年はぜひ、裏・市長様にお願いしたいと思っているのですが、
いかがかしら。
タキシードのご準備と、
スケジュールの調整をお願い致しますね。
身長216.2センチの裏・市長様と私が並べば、
どれだけ見栄えがする事か、
来年が待ち遠しいですわ。


裏・市長様の「ドカベン」は、
私の「プレデター」のようなものですわね。
私も、なぜか年に一度は必ず放送される「プレデター」を
毎回観てしまうんですのよ。
しかも、毎回、初めて観るような新鮮な気持ちなんですの。
やっぱり「名作」なんでしょうか。
ただ単に、痴呆が進んでいるという説もあるようですが。


それから、ちょっとビックリですわ。
わたくし、今日からでも、
近商ストア大和高田市で働ける気が致します。

なぜなら、私が朝起きる時、
目覚ましに使っている音楽が、
「ロッキー」のテーマなんですの。
やる気のない朝も、
あれが鳴ると、元気が出るんですのよ。

控室にいる時、
あの音楽が鳴ったら、
条件反射のように、
一番に飛び出していく事間違いありませんわ。
優秀社員として、
表彰される日も近いと思われます。

by 青山実花 (2017-05-02 21:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0