So-net無料ブログ作成

「グレートウォール」 [映画]

greatwall.jpg
〔2016年/中国・アメリカ〕


宋王朝時代。
火薬(ブラックパウダー)を求め、
世界を旅していた
ウィリアム(マット・デイモン)とトバール(ペドロ・パスカル)ら一行は、
宋に辿り着く。


その夜、
正体不明の怪物に襲われたウィリアムは、
怪物の腕を切り落とし、
何とか助かる。


翌日、馬賊に追われた2人が行き着いたのは、
巨大な城壁、「万里の長城」であった。


長城防衛の命を受けている禁軍は、
捕らえたウィリアムたちを
処刑するか否かで意見が分かれる。


戦略を司るワン(アンディ・ラウ)は、
ウィリアムが持っていた、
怪物の腕に興味を示す。
この怪物こそ、
60年に一度現れる、
饕餮(とうてつ)と呼ばれる化け物集団で、
万里の長城を築いた理由でもあるのだ・・・。





宇宙から地球を見た時、
肉眼で確認できる建造物は、
唯一、万里の長城だけだ、と聞いた事があるけれど、


その、偉大なる万里の長城を築いた理由が、
饕餮(とうてつ)と呼ばれる化け物を侵入させたないため、
という、
トンデモ映画。


チャン・イーモウ監督は、
北京オリンピックの演出を行っただけあって、
映像は凄い。


有り得ない数で襲い掛かってくる化け物は、
大変に不気味だし、
万里の長城もセットには見えない。


でも、だから何?と言われると、
何も無い(笑)。
化け物と人間が、
ワーワーワーワー戦っている以外の場面が、
よく思い出せない(笑)。


化け物が、万里の長城を登ってこようとする様子が、
「ワールド・ウォーZ」にソックリだなと思っていたら、
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2013-08-12
やはり、同じ原作者の構想らしい。


私は監督で映画を語れるほど、詳しくはないけれど、
チャン・イーモウ監督といえば、
「紅いコーリャン」
「菊豆」
「初恋のきた道」
「妻への家路」
などなど、
珠玉の名作を
沢山作ってきた人だ。


もうこれは、私の勝手な希望だけれど、
できれば、今後はまた、
「初恋のきた道」のような、
地味でも、心に響くような作品を作ってほしいなぁ。


ところで、昨日書いた、
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」での、
板谷由夏さんと有村崑さんとのトークショーの中で、
「マット・デイモンが、『マンチェスター~』の主演を降りたのは、
 『グレートウォール』への出演を選んだからだそうです」と言っておられた
お二人の、半笑いな表情が可笑しかった。


いや、笑ってはいけない。
どのような形にせよ、
いつも映画に携わり、
面白い作品を届けてくれるマット・デイモンが、
私は大好き。


評価 ★★★☆☆

nice!(70)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 70

コメント 2

裏・市長

すっげぇレビュー!。

ワーワーワーワー戦うトンデモムービー!。
…わかりやすっ!。

いや、絶対に感動要素入れなきゃ!、
絶対に恋愛要素入れなきゃ!、って事ないんよ。

つじつまなんて合わなくていいんだよ、
細かい事はいいんだよ、
なりゆきに身をまかせてみなよ?って事は…あるで。

丁度1年前の出来事がこんな事態になるなんて…と、
伏線を張ってたワケでもないのに、
思わぬ方に事態が転んでゆく…そんな事もある。
だからこそ、おもしろいのかも知れない。

計算ずくで行動しても、その通りになんか
なるわきゃない!。

歴史にもしもはないけれど、
マット・デイモンに対して、
「グレートウォール」より先に「ドカベン」の
オファーをしていたら、彼は「ドカベン」を
選んだかも知れない。

人生ってそんなモンよ。
それが正解か、間違いか、キチガイかは、
あとの歴史が証明してくれる。

…オレだったら絶対「ドカベン」一択。



by 裏・市長 (2017-04-27 01:36) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

ちゃんとした感想が書けなくて、
本当に申し訳ありませんわね。
これを観ていた時、もしかしたら
眠かったのかもしれません。
なんか、ワーワーワーワーしてたなぁ・・・って・・・
記憶のどこかで・・・。


成り行きに身を任せる・・・
本当に任せてよろしいのでしょうか。
例えば、道端に落ちていたものを
空腹に耐えきれず、成り行きで食べてしまって、
あとになって、腹痛おこして、
「そんなはずじゃ」とか
「腐ってたよー」とかには
ならないのでしょうか。

まぁ、全ては時の運という事もありますわね。
拾い食いしても、
必ずしも腹痛おこすとは限りませんし。
もうこの年になれば、
お腹も頑丈になっていますから、
腐っていても、消化してしまうかもしれません。

裏・市長さんは本当に「ドカベン」がお好きですわね。
いっそ、ご自身で「ドカベン」をお撮りになってはいかがでしょう。
今度こそ、柔道映画でなく、本物の野球映画を。
私もチアガールとして、参加させていただきますわ。

by 青山実花 (2017-04-30 13:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0