So-net無料ブログ作成
検索選択

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 [映画]

manchesterbythesea.jpg
〔2016年/アメリカ〕


ボストンで便利屋をする、
どこか影のある男・リー(ケイシー・アフレック)の所に、
兄が倒れたとの連絡が入り、
彼は慌てて、故郷“マンチェスター・バイ・ザ・シー”に帰る。


到着したとき、兄は既に死んでおり、
16歳の甥・パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の
今後をどうするかが問題になる。


兄の遺言書には、
リーが、パトリックの後見人となり、
“マンチェスター・バイ・ザ・シー”に戻ってほしいと
書かれていた。


リーの脳裏に、
この地で暮らした思い出と、
そして、「二度と戻らない」と決め、街を出て行った、
衝撃の出来事が浮かび上がってくる・・・。





試写会で観た。


珠玉の一作。
冴えない中年男が、
兄の死で故郷に帰り、
甥や、旧友や、元妻と再会し、
自分の過去をなぞってゆく。


「マンチェスター・バイ・ザ・シー」とは、
マサチューセッツ州に実在する街の名前なのだそうだ。


甥のパトリックの存在が、
物語のかなり大きな位置を占め、
彼のおかげで、
ただ暗いだけの話にならずに済んでいる。


なにせ、このパトリック、
高校生にしてモテモテで、
現在、関係しているJKが2人、
他にも、候補がいると言う。
そんなガールフレンドたちとの
ドタバタが可笑しい。


個人的に一番受けたのは、
パトリックが生き別れた母親に会いに行く場面。
母親は、
パトリックを捨てて出て行った当初は、
やさぐれた、
どーしようもない女だったらしいが、
現在は、再婚相手の影響からか、
真面目になっている。


ただ、この真面目がクセモノで(笑)。
なぜ、あんな風に、
極端から極端に走るかな。
中間ってものがないのか?(笑)
別に笑わせるシーンじゃないんだけど、
私一人、クスクス笑いが止まらなかった。


そんなこんなを、
少ないセリフで全て理解させる脚本が凄いと思ったら、
やはりアカデミー賞の「脚本賞」を受賞しているとの事だ。


リーが、故郷を捨てた理由も壮絶。
あんなことがあったら、
街にはいられないわ、確かに。


そして、ミシェル・ウィリアムズ演じる元妻と、
路上でバッタリ会った時、
彼女は再婚相手との間にできた赤ちゃんを
ベビーカーに乗せている。


何もないようでも、
時は確実に流れていて、
新しい命が誕生している。
私がリーだったら、
赤ちゃんを抱き上げていたかもしれない。
私が女だからかもしれないけど。


試写のあと、
女優の板谷由夏さんと、
映画評論家の有村崑さんとの、
トークショーがあった。

manchesterbythesea2.jpg

板谷さんは、この映画の応援団との事で、
内容について、
めっちゃ熱く語っておられた。


この映画、マット・デイモンが、
製作に名を連ねているけれど、
最初は彼がリーを演じる予定だったそうだ。


でも、マット・デイモンじゃなくて良かったというのが、
板谷さんと有村さんのご意見で、
私も、そう思った。
マット・デイモンでは、
スタースターしすぎて、
ケイシー・アフレックの雰囲気にはならなかったと思う。
ちなみに、ケイシー・アフレックは、
この映画で、アカデミー賞主演男優賞を受賞している。


映画の前に行われるトークショーだと、
ネタバレしてはいけないと、
中々深い話が聞けないものだが、
今回は面白かった。
映画のトークショーは、
試写後に行うのが正解ね。


評価 ★★★★☆

nice!(64)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 64

コメント 4

green_blue_sky

味のある映画のようですね(^_^;)
マット・デイモンが出ていたら、雰囲気が変わりすぎでしょう。
プロデュースだけで十分でしょうね。
by green_blue_sky (2017-04-25 12:52) 

裏・市長

珠玉の一作。

珠玉、いただきました!。

やっぱり書いてないな。
「リーが、故郷を捨てた理由」。

それが一番知りたかったのにぃ~~~っ!!。

理由、原因には2通りあるよな。

本人はなーんも悪くないのに、
外的要因でその場にはいられなくなる。

本人が絶対的に悪い。弁解の余地もない。
この2通りだ。

ボクだったらどうだろう。

てゆーか、ここまで連日、人様のコメント欄
荒らしにやってきて、よく通報されないな!。
通報されないのをいいことに、よく来れるな!。
自分でも思うわ。

ボクを追い出す、寄せ付けない方法が
実はひとつだけあるのです。
ヒントは…リング…おっと、これ以上は。


おぅ、トークショーは観た後でやってほしいな。
壇上の人の話に共感できたり、
あったあったと頷ける場面も多いと思う。
話す方もネタバレ配慮しなくていいだろうし。

まぁ、しかし関西を代表する映画評論家、
浜村淳先生なら、試写の前だろうが後だろうが、
途中で上映を止めてトークをはじめようが
変わらんだろうがな。

彼は自分の言いたい事をすべて言う。
関西では、重鎮すぎて彼の発言を
誰も止める事が出来ない。

生きて恋して、愛して歌って…。
さぁ、今宵一緒にご覧いただく
この映画は
「マンチェスタァ・バイ・ザ・シ~~」。
貴女は一体、
バケツ何杯分の涙を流せるのでしょうか?!。
by 裏・市長 (2017-04-27 01:04) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます

はい、とても良い映画でした。
こういった静かな映画は、
地味な俳優さんの方がいいのかもしれませんね。

by 青山実花 (2017-04-27 21:48) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

> やっぱり書いてないな。
> 「リーが、故郷を捨てた理由」。

そりゃあ、裏・市長さん、
そんなネタバレ、書けるわけありませんわ。
だって、まだ試写会の段階ですのよ、
一般の人は、誰一人観てないんですよ。

そんな状況で、そんな重要な事を、
こんな与太ブログで書いたら、
せっかく来てくださっている、
数少ない読者の方にまで、
見放されてしまいますわ。

> この2通りだ。

そ、それがですね、
この2つのどちらでもない、というか、
「絶対的」に悪い、とも言えない、というか、
あぁ、余計にわけが分かりませんわね。
やっぱり、裏・市長さん専用の、
例の裏ブログに書いた方が良さそうですわね。
パスワード:1231226


裏・市長さんを寄せ付けない方法?
「リング」?
貞子の「リング」?
鈍すぎて、全然分からないんですけど、
この答えも、裏・ブログに書いておいてくださいね。


トークショーは、できれば映画の後にしてほしいものですが、
あの・・・ほら・・・言いにくいんですけど、
映画の後だと、時間が21時近くになってしまい、
ワガママなタレントさんは、
きっとそんな時間に、
お仕事するのは嫌なので、
どうしても映画の前になってしまうのではないかと・・・
あくまでも憶測ですよ、憶測なんですけどね。

浜村淳さんの評論、面白そうですね。
ウィキペディアによると、
観てもいない映画の解説までしてしまうとか。
浜村さんのトークショーが21時から始まったら、
終電が行ってしまうのではないかと・・・。

by 青山実花 (2017-04-27 21:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0