So-net無料ブログ作成
検索選択

「カフェ・ソサエティ」 [映画]

cafesociety.jpg
〔2016年/アメリカ〕


1930年代のハリウッド。
映画黄金記の、この都に、
辣腕プロデューサーの叔父・フィル(スティーブ・カレル)を頼って、
ニューヨークからボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)がやって来た。


フィルの雑用係をするようになったボビーは、
フィルの秘書で、
美しいヴェロニカ《愛称・ヴォニー》(クリステン・スチュワート)に
恋してしまう。


紆余曲折を経て、ヴォニーと結ばれたボビーだが、
ある日、衝撃の事実を知り、
失意のまま、ニューヨークに帰る。


ニューヨークで、レストラン経営を成功させたボビーは、
かつての恋人と同じ名前のヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)と出会い、
結婚する。


ところが、そんな彼の前にヴォニーが現れ・・・。





試写会で観た。


ウディ・アレン監督。
相変わらず、冴えている。
これを書くにあたって、
そういえば、アレン監督って何歳なのだろう、と思い、
調べてみたら、
なんと81歳!


81歳で、こんな軽妙で、
オシャレで、
面白い映画って撮れるって、
どんだけ素晴らしいセンスなのかと、
驚くばかり。


私がいつか81歳になった時、
せめて今の自分くらいの感覚を
持ち続けていられるだろうか、と思う。
いや、何事も自分次第、努力次第。
頑張ろう(笑)。


この映画も、
一応、
ボビーという青年を主人公として描かれてはいるけれど、
ボビーの主観が全てではなく、
何となく、全体を俯瞰で眺めているような、
人生なんてそんなものさと、
教えられているような、
気持ちになる。


だって、
全ては一筋縄ではいかない。
恋も仕事も、上手くいっている時は楽しいけど、
それだけではないし、
いい波が来たと油断すると、
また壁にぶつかって、
順風満帆だと思っていると、
惑わされるような出来事があって・・・
の繰り返し。


そんなこんなを、
重くならず、
絶妙なタッチで描いてくれるアレン監督。
100歳まで、
映画を撮ってほしいなぁ。


時折挟まれる、
ボビーの兄のエピソードが、
物語の本筋と大きくは絡まないんだけど、
面白くてたまらなかった。


評価 ★★★★☆

nice!(70)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 70

コメント 12

旅爺さん

いろんなドラマやサスペンスは内容を幾らでも変えて作られるので
好みによって楽しかったりつまらなかったりですね。
by 旅爺さん (2017-04-22 12:55) 

hatumi30331

ウディ・アレンの映画好きです。
これ、最近の作品?
スゴいね〜〜♪
尊敬しちゃう!^^
このまま・・・・ほんまに100歳まで頑張って欲しいね。
by hatumi30331 (2017-04-22 14:53) 

きよたん

ウッディ アレン監督 80才過ぎたんですか
都会の男女の軽妙なやりとりが面白い作品ありましたね
洒落た映画なんですね
若い感性をいつまでも持ち続けましょう
by きよたん (2017-04-22 18:14) 

lequiche

予告編を観ましたが美しい!
カメラがヴィットリオ・ストラーロですね。
最近のウディ・アレンから遠ざかっていましたが
これは是非観たいです。
by lequiche (2017-04-22 19:23) 

向日葵

「ちょっとお洒落な大人の映画」

って印象ですね。
見てみたいなぁ~~ぁ。。

by 向日葵 (2017-04-23 00:35) 

裏・市長

ウディ・アレン監督が81歳という事実にも
驚くけれど、この年齢の監督に現役で、
映画を撮らせるアメリカの土壌よ。

やはり日本はアメリカには勝てない。

「ゴジラ」を撮った本多猪四郎監督なんか、
晩年の扱いはひどかった様子。

現在も新作が続く「ゴジラ」の監督やで、
それが、80年代、90年代に
ゴジラが復活した際、
もう「過去の人」扱いで、
試写会にすら呼ばれなかったらしいで。

自腹で劇場で観たらしい・・・。

とにかく日本の映画界は1本当てたら、
持ち上げてチヤホヤするけど、
不入りを出したら最後、もう撮らせてもらえない。
そんな印象。
才能の使い捨てをしよる。

かと言って新人にやさしい訳でもなさそうだし。

なにが言いたいかと言うと、
とりあえずオレに1本撮らせてみようぜ!。
誰かがハッとする
アイデアもっとある
カレーライスはさっと出る。

青山実花さんも出ていただきますわ。
当て書きしますんで、
役柄のご希望があればお知らせください。

ただ、まぁ「芸術」のためですんで、
脱いでいただく事が前提ですが…。

ボクも1カットだけ出演します。
ヒッチコックのように。エッチコックとして…。

by 裏・市長 (2017-04-23 08:31) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます

内容をちょっと捻っただけで、
面白くもつまらなくもなるって、
本当に不思議なものですよね。

by 青山実花 (2017-04-24 08:41) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

ウディ・アレン監督の映画、
面白いですよね。
この映画は、5月5日から公開の新作です。
いつかご覧になってくださいね。

by 青山実花 (2017-04-24 08:42) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます

80歳を過ぎて、なお盛んに、
こんなオシャレな映画を撮り続けるって、
凄い事ですよね。
私たちも、いつまでも若くいられるよう頑張りましょう^^

by 青山実花 (2017-04-24 08:42) 

青山実花

lequicheさん
コメントありがとうございます

lequicheさんに言われて、
私も予告を観てみました^^
感動が蘇りました。
カメラさんの事まで考えていませんでしたが、
調べてみますと、確かにヴィットリオ・ストラーロですね^^

lequicheさんにも、ぜひ観てほしいです^^

by 青山実花 (2017-04-24 08:42) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます

そうなんです。
オシャレで、軽妙で、ちょっとビター。
アレン監督らしい作品だと思います^^

by 青山実花 (2017-04-24 08:43) 

青山実花

裏・市長様
コメントありがとうございます

ウディ・アレン監督にしても、
クリント・イーストウッド監督にしても、
感覚が衰えていないのが凄いですね。
何も言わなければ、
80歳を超えたかたの作品とは分からないと思います。


確かに、
80年代、90年代のバブル期と、その前後は、
世の中全体が浮ついていて、
過去の人や物を、大切にしようという雰囲気が
無かったような気がしますね。
とにかく目先の事ばかりで。

むしろ、最近の方が、
昔の人や作品を大事に思うようになってきている
気がするのですが、どうでしょう。
私もそうですが、
古い邦画の良さが見直されてきていますし^^


裏・市長様、今度は映画監督をなさるとは、
そのマルチな才能には、感心するばかりですわ。

私もその映画に出演?
ヌードになれと?

そりゃあ、身長180センチで、
スーパーモデル並みのプロポーションの私が
ヌードになれば、映画は大ヒット間違いなしでしょうけれど、
わたくし、目立つ事がとにかく嫌いなんですの。
一度有名になったら、
もう永久に自由は失われてしまいますもの。
恋人と手を繋いで歩いただけで、
隠し撮りされるような生活はご遠慮したいところですわ。

いい考えがございます。
裏・市長様がヌードになられてはいかがでしょう。
私より話題性十分ですわ。
その時は絶対、試写会に招待して下さいね。
必ず「評価 ★★★★★★★」を付けますので。

by 青山実花 (2017-04-24 08:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0