So-net無料ブログ作成

「怪物はささやく」 [映画]

kaibutsuhasasayaku.jpg
〔2016年/アメリカ〕


コナーは、
難病の母と暮らす13歳の少年。


母の病気は重い上に、
学校ではいじめに遭い、
唯一の楽しみは、
絵を描くことと、妄想だけ。


ある日、そんなコナーの所に、
墓地から怪物がやってくる。


怪物は、
「自分が3つの物語を話すから、
 お前が4つ目の物語を話せ」とコナーに迫るが・・・。





試写会で観た。


まず、映画の上映の前に、
「第55回 優秀外国映画輸入配給賞」の
授与式があった。

shikiten.JPG

なんだかよく分からないけど、
そのような凄そうな式典に、
私のような者が参加していいのか!?と思う。
普段着だし(笑)。


それに、大抵の式典って、
なんか、壇上に上がった人が、
小難しい事を長々スピーチして、退屈・・・という刷り込みがあり、
「仕方ない、試写が始まるまで、
 頑張ってやり過ごそう」というくらいの気持ちでいた。


ところが、式典は、
そんな風に考えて事を申し訳なく思うくらい、
素敵なものだった。


この、「優秀外国映画輸入配給賞」というのは、
優れた外国映画を買い付けた映画配給会社に贈られる賞で、
映画作品そのものに与えられる、
他の映画賞とは一線を画しているのだそうだ。


今年は、
最優秀賞はギャガさん(「ルーム」など)。
優秀賞はロングライドさん(「スポットライト」など)。
奨励賞はファントム・フィルムさん(「アイ・イン・ザ・スカイ」など)。
そして、特別賞はポニーキャニオンさん(「ラ・ラ・ランド」)。


各会社の皆様のスピーチを総合すると、
映画の買い付けというのは、
先見の明と、決断が何より大切で、
リスクの伴う、大変なお仕事だとの事。


買い付けた映画がヒットしたり、
アカデミー賞にでも絡んでくれれば御の字で、
ヒットしない作品の方が多いくらいだという。


それでも、このような会社で働いてくださる社員の皆様のおかげで、
私のような者が、
日々、映画を楽しみ、
そして、ブログを書くことができる。
本当にありがたい事だと、
心からお礼を言いたくなりました。


式典のあと上映されたのが、
最優秀賞を取ったギャガさん配給の、
この「怪物はささやく」。


孤独な少年と、怪物とのダークファンタジーで、
この怪物というのが、
墓場に立っている大きな木が
動き出したものというのに、
胸ときめいてしまう。


不動が宿命の木が歩きだすという物語はたまにあるけど、
どれを観ても、毎回、
うわー、と思ってしまう。
心のどこかで、
樹木というものに、
何か畏怖の念のようなものを感じているからかもしれない。


母の重い病と、いじめが辛く、
ちょっと暗くなってしまったけれど。


評価 ★★★☆☆

nice!(90)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 90

コメント 6

hatumi30331

試写の女王ですね!
羨ましい限り。
なかなか映画館に行けないのよね。

WOWOWで我慢。
by hatumi30331 (2017-04-20 23:31) 

sakamono

配給会社に贈られる賞があるとは、知りませんでした。
こういう賞があると、励みになるでしょうね。
by sakamono (2017-04-21 00:12) 

裏・市長

「優秀外国映画輸入配給賞」!。
ものすごい場に立ち会ってしまったな!。

外国映画の買い付けってムズカシイらしいね。
先物買い、株、小豆相場的なところあるよね。

海外でヒットしたからといって、
日本で必ず当たるとは限らないし、
話題作で間違いなくイケる!と思えるものは、
契約料も高いだろうし。

それだけに「やりがい」はあるだろうね。

まさか、こんなモノが当たるなんて…!、
というような快感を覚えてしまうと、
まさに「この稼業、やめられまへんな!」でっせ。

平成の現在に至るまで大人気を誇り、
おもちゃ会社、映画会社を儲けさせてウハウハの
「ガンダム」だって「ルパン三世」だって、
「宇宙戦艦ヤマト」だって、
あめんぼだーーーってーーーーー♪。

一番最初に登場した時は不人気で、
全部途中で打ち切られてますねんで。
信じられる?。

ヤマトなんか1年かけてイスカンダルに行く予定が、
半年で終わりになったから、急に駆け足やで!。

「宇宙戦士バルディオス」は急に打ち切り決定で、
地球を津波が襲ったところでENDやで!。
「超攻速ガルビオン」は通常ストーリーの
ラスト10秒でこれからの物語をナレーションで話して「完」。

「ドラえもん」もいっぺん打ち切られとんねん。
1年間の放送予定が半年でおしまい。

で、しばらくしてから、再度アニメ化を…と、
シンエイ動画のエライさんが藤子不二雄先生んとこへ、
日参しとったんやけど、
「いっぺん嫁に出して、傷ついて戻った娘ですので」…と、
断られ続けたらしい。

それを押し切って放送したら、まさかの大ヒット!。

いまだに毎年新作映画が作られて、
来年も「のび太の真・大和高田市大冒険」が
公開予定だそうな・・・。

なにが当たるか、人生どう転ぶかなんて誰にもわからんよな。
by 裏・市長 (2017-04-22 02:10) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

hatumi30331さんもご存じのとおり、
私は全く「女王」というイメージではなく、
「小間使い」ってなもんです^^;

WOWOWで「我慢」だなんて、
そんな勿体ない。
私の家は地上波しか映らないので、
羨ましいくらいです^^

by 青山実花 (2017-04-24 08:39) 

青山実花

sakamonoさん
コメントありがとうございます

私も、この賞の存在にビックリしました。
受賞すれば、社員さんたちの士気も上がるでしょうね^^

by 青山実花 (2017-04-24 08:40) 

青山実花

裏・市長様
コメントありがとうございます

そうなんです。
試写状に、何か式典があると書かれていたのですが、
あまり気にも留めず、
映画さえ観られればいいや、と思っていたんですね。
こんな素晴らしい賞の授与式に立ち合えて良かったです。


ほんと、映画の買い付けって、
ギャンブルみたいな要素がありますね。
スピーチによると、
「ラ・ラ・ランド」などは、
今どき、ミュージカルなんて流行らないし、
やめた方がいいと、社長さんが言ったのを、
社員さんが「面白いから絶対大丈夫!」と言うので、
買ったのだそうです。
社長さんは、その社員さんに凄く感謝していると言っていましたし、
私も「ありがとうございます。」という気持ちになりましたよ。
あんな素敵な映画に出会えたんですもの。


「ガンダム」に「ルパン三世」に「宇宙戦艦ヤマト」まで、
最初は不人気?
それが今では、
観た事はなくても、
タイトルを知らない人はいないくらいにまで
成長したのですから、驚きですね。

やっぱり、諦めたら駄目なんだと思います。
何かで聞いたのですが、
視聴率が低いのは、
つまらないからではなく、
まだ世間にその番組の面白さが、
浸透していない場合があるとの事で。

それを数字だけで、すぐ判断して、
打ち切りにしてしまうから、
良質の作品も、知られないまま
葬り去られてしまうとか。


「のび太の真・大和高田市大冒険」も、
たとえ客が不入りでも、
諦めたらいけませんね。
最初は駄目でも、
アタック、アタック、アタックあるのみ!
そのうち、口コミで面白さが伝わって、
大和高田市が、日本の首都になる日がくるかもしれません。

by 青山実花 (2017-04-24 08:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0