So-net無料ブログ作成

「無限の住人」 [映画]

mugennojunin.jpg
〔2017年/日本〕


100人斬りの異名を持つ侍・万次(木村拓哉)は、
目の前で、最愛の妹を惨殺され、
生きる意味を失う。
すると、そこへ現れた謎の老婆(山本陽子)から、
体の中に「虫」を入れられる。
「虫」は、あらゆる傷口を塞いでしまう力があり、
万次は不死身となる。


50年後。
逸刀流統主・天津影久(福士蒼汰)に
両親を殺された少女・凛(杉咲花)は、
復讐を誓う。


凜は、江戸のどこかに存在するという、
不死身の男を探し回り、
やっと万次に辿り着く。
凜の姿が、
かつて殺された妹にソックリな事に驚く万次。


凛の敵討ちの手助けをすると決めた万次は、
影久を追ううちに、
壮絶な戦いに身を投じてゆく事となる・・・。





試写会で観た。


拓哉だ。
去年、正月明けから大晦日までの丸々一年間、
私を振り回し、
一喜一憂させた、
SMAPの木村拓哉だ。


拓哉の姿をスクリーンで観るのは、
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」以来
7年ぶり。
「どこを切っても拓哉」だった、
7年前の、あの演技から、
変化はあるのか、
それとも、変っていないのか。


まぁ、私はどちらでもいい。
拓哉の演技には、
特に期待はしていない。
SMAPのメンバーとしての拓哉が好きだった。
5人揃った時が好きだった。
もう、この世にSMAPはいない。


で、映画。
中々面白かった。
拓哉がもう、
バッタバッタと人を斬りまくる。
「そ、そんなには無理じゃない?」と思うくらい斬る。
でも、違和感はなく、
むしろ、流れ出す血を楽しむ。
グロいとも思わない。


拓哉が斬られると、
その傷口に、
何やら、うじゃうじゃしたものが蠢く。
これが、謎の老婆から体に入れられたという「虫」か。
実際、体の中に虫がいると想像すると、
ゾッと背筋が寒くなるけれど、
その辺の映像は上手くできていて、
嫌悪感は湧かない。


それより、
この「虫」のおかげで不死身だというけれど、
死因って、
何も斬られた時ばかりとは限るまい。
もしも、焼死したとか、
溺れ死んだとか、
毒殺されたとかだったら、
この「虫」は役に立つのだろうか。


死ねない拓哉は、
毎日が退屈で、無為に生きている。
生きる事に飽きている。
やっぱり人は、終わりがあるからこそ、
今しか出来ない事に
一生懸命になるのでしょうね。
私は永遠の命なんていらない。


一応、時代劇の体をなしてはいるけれど、
無国籍映画といっていいだろう。
人々の髪形も、着物も、刀も、
日本であって日本でないような描かれ方。
何も考えずに楽しめる。


評価 ★★★☆☆

nice!(75)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 75

コメント 10

馬爺

昔の一時期の日活と同じ無国籍映画なんですかでもよく時代の風習などが出せますよね。
by 馬爺 (2017-04-19 12:46) 

裏・市長

「一年間、私を振り回し一喜一憂させた」・・・。

そうなの・・・それはツラかったわね・・・。

でもハッキリ言わせてもらうと、
それは青山実花さんの男を見る目がなかったのよ。
厳しくてごめんね。

でも、それに気付けたって事は、
前に進めたって事じゃないかしら。

坂口杏里さんなんかごらんなさい。
前に進むどころか、バックしたままで急発進よ。
あれは本人も回りもすべてがおかしい。
表に出してはいけない動物だったのよ。

山本陽子さんが「老婆」という役柄に驚く。
あの山本陽子やで!。山本のりのCMでおなじみの!。
ハングマンにおける、秋野太作の嫁やで!。
夜に舞う蝶、パピヨンやで!。

時代の流れを感じるわぁ・・・。

でも、いつまで経っても年相応の役を演じない、
吉永小百合さんよりは違和感は感じない。
あの人、絶対おばあちゃん役とか受けないよな!。

多分、女子高生役でも引き受けると思う。
by 裏・市長 (2017-04-20 04:10) 

hatumi30331

やっぱり拓哉!
カンヌやね〜〜♪
映画みたい!
好きなんです! タクヤ・・・・へへ:
私的には・・・真田広之の方がもっと好きやけど。(笑)

by hatumi30331 (2017-04-20 06:44) 

ちょろっとぶぅ

そっかぁ。。。 振り回されたんね。
私は、なんだか好きになれない。
気になるけどね。
by ちょろっとぶぅ (2017-04-20 07:39) 

きよたん

ポスター見ても時代は感じさせませんね
少しSFみたいなところもあるのでしょうか
木村拓哉 頑張ってますよね
by きよたん (2017-04-20 09:05) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

小林旭さんの世界ですよね^^
今見ると、変な映画ですよねー^^;

by 青山実花 (2017-04-21 10:56) 

青山実花

裏・市長様
コメントありがとうございます。

去年は1年間、
辛かったですわ。
25年も愛し続けてきた
5人の恋人に振られたのですから。
そりゃあ、5股もしていた私が悪いっちゃ悪いのでしょうが、
だからって、あのような仕打ち、
男に振られた事のない私には、衝撃の出来事でしたわよ。

そんな目に遭っても、
男を見る目に、大した変化はありませんのよ。
人って、そう簡単には変われないものなんですわね。
新しい恋人は、
拓哉そっくりですの。
本当ですのよ、お見せしたいくらい。


山本陽子さんといえば、
なんといっても「両国予備校」ですわ。
受験生という年でもない、母親ですらない彼女が、
もう長年に渡って予備校のイメージギャル!
何かある、と今は亡きナンシー席さんも勘ぐっておられたわね。
田宮二郎さん、沖田浩之さんは、
彼女の毒気に当てられたのかしら。
山本さんから体に「虫」でも入れられたのかしら。

まぁ、JK役の吉永小百合さんよりはマシですわね。
清純ぶった女より、
男を食い殺す女になりたいものですわ。

by 青山実花 (2017-04-21 10:58) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

拓哉には、不思議なオーラがありますもんね♪
ぜひ、この映画、観てほしいです。

真田広之さんがお好きなんですね。
今、国際的に活躍していて、
日本の誇りですよね^^

by 青山実花 (2017-04-21 10:59) 

青山実花

ちょろっとぶぅさん
コメントありがとうございます。

SMAPに振り回され続けた1年でした^^
泣いて騒いで、
馬鹿丸出しでした^^

by 青山実花 (2017-04-21 10:59) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

時代も、国籍も、
あまり関係ないって映画でした^^
SFというか、オカルトというか、
ちょっとそんな風に感じられるかたもいるかもしれませんね。

一人になった拓哉、
これからが正念場ですね。

by 青山実花 (2017-04-21 11:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0