So-net無料ブログ作成
検索選択

「秘密 THE SECRET」 [映画]

himitsuTHESECRET.jpg
〔2007年/フランス〕


眼科医のベン・マリス(デイヴィッド・ドゥカヴニー)は、
妻・ハンナ(リリ・テイラー)と、
反抗期真っ只中の娘・サマンサ(オリヴィア・サールビー)との
3人家族。


ある日、ハンナの運転する車が、
事故を起こし、
助手席に乗っていたサマンサ共々、
危篤状態となってしまう。


結局、ハンナは亡くなり、
サマンサだけ生き残るが、
言っている事がおかしい。
自分は、サマンサではなく、
ハンナだと言うのだ。


最初は、
サマンサが混乱しているだけだと思ったベンだが、
2人だけしか知らない秘密を話すサマンサに、
次第に、彼女の体にハンナが乗り移ったのだと
信じるようになる。


見た目はサマンサになったハンナは、
学校に通うようになるが・・・。





東野圭吾さんの傑作小説「秘密」を
広末涼子主演で映画化したものは、
以前に観たけれど、

http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2011-04-01
まさか、フランスでリメイクされているとは知らなかった。


まず、欧米の映画らしく、
夫婦がイチャイチャイチャイチャ、
思春期の子供がいても、
まるで平気でキスしたり、抱き合ったり。


もちろん、それは、
その後、起こる悲劇を、
観る者により悲しく感じさせるための
演出なのは分かってるけど。


夫婦、親子の葛藤は、
多くの方が書かれているので、
いいとして、


見た目は娘、
心は母、という女性が、
高校に通い始める、
そこでの展開が興味深かった。


母は、娘の男性関係や、
大麻を吸っている事などを知り、
最初は、大変なショックを受ける。


けれど、娘の体に慣れてゆくにつれ、
次第に遊ぶようになり、
ドラッグを経験。


彼女のセリフから察するに、
どうやら、体中にパワーやらホルモンやらがみなぎって、
発散せずにはいられないらしい。


なるほどね。
若いってそういう事なのね。
自分が高校生の頃は、
そんな事、気付きもしなかったけど、
そう言われれば、分かる気もする。


日本版ほど、心の機微は感じられないけど、
欧米版だと割り切れば、
楽しめる。


不思議なのは、
この映画が、
日本で未公開だった事。


東野さんの原作なのだから、
日本で公開しても良さそうなのに。
何か事情があったのだろうか。


評価 ★★★☆☆

nice!(78)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 78

コメント 6

green_blue_sky

フランスで作られたんですか、興味がわきます。
by green_blue_sky (2017-04-17 12:14) 

hatumi30331

フランスでリメイク、初めて知りました。
面白そうやね。
WOWOWでやったかな?
またチェックしておかなきゃ!^^
by hatumi30331 (2017-04-18 06:41) 

裏・市長

おフランスでリメイクされていたなんて、
ミーも知らなかったザンス!シェー!!。

我々が知らないだけで、勝手にパクられてる
日本原作の映画なんて、星の数ほど
あるんザマショーね。特に中国あたり!。

「ヨンロク=46」、犯人は大正の中にいる…とか、
「はじまり屁の足袋」とか、
もう、最新作「無限の獣人」とか公開されて
大ヒットしてるんザンスよ!。
知らないだけザンス。

それからひとつ気をつけていただきたい事が
あるんザンス。いや、これは青山実花さんに
言ってるんではないザンス。
世間一般の庶民に向けて言ってるんザンス。

ミーは、つまり「おそ松くん」のイヤミと、
「怪物くん」のドラキュラを混同している人が多いんザンス。

そりゃあまぁ、声優も一緒ザンスから。

いいザンスか、
ミーは「ザンス」ザンス。
ドラキュラは「ザマス」ざます。
ザマスとザンスは違うんザンス。

ここ、期末テストに出るザンスよ、覚えておくザンス。

しまったザンス、この映画の重要なテーマ、
「性の問題」について語りたかったんザンスが、
どうやらお時間のようザンス。

それではミーはこの辺で!.
また近い内に来るザンス、覚悟しておくザンス!シェー!。



by 裏・市長 (2017-04-20 03:56) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

まさかまさかですよね。
日本人でさえ知らないうちに(笑)。

by 青山実花 (2017-04-21 10:26) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

日本で劇場公開されていないのですから、
知らなくて当たり前ですよね。
東野圭吾さん原作なのだから、
公開してほしかったですね^^;

by 青山実花 (2017-04-21 10:26) 

青山実花

裏・市長様
コメントありがとうございます。

まさか、あの気位の高い
おフランス人が、
極東の、チンケな国の小説を、
リメイクで映画化するとは、思ってもいませんでしたわね。

そういえば、この間、中国に行った時、
映画のハシゴをしたことを、言い忘れていましたわ。

「サクラダジュンコ・リセット」
「tiger/タイガー 62年目の再会」
「おねえさまへ・・・」
「天使のいる図書館の向かいの税務署」

上記の4本を観たんですの。
どれも面白かったですわ。
裏・市長様にも、観ていただきたかったくらい。


> ミーは、つまり「おそ松くん」のイヤミと、
> 「怪物くん」のドラキュラを混同している人が多いんザンス。

どうでもええがな(笑)。
っていうか、
イヤミとドラキュラを間違える人がいる事さえ
知らんがな(笑)。


あら、裏・市長様、
残念なことに、
おフランス版は、日本版のような
「性の問題」にはあまり触れていないんですのよ。
でも、そこはおフランスの方が正しいと思いますわ。
いくら心は妻だとしても、
体が娘の女と、どうにかなるなど、
気持ち悪すぎですものね。

by 青山実花 (2017-04-21 10:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0