So-net無料ブログ作成

「特急にっぽん」 [映画]

tokkyunippon.jpg
〔1961年/日本〕


12時半きっちりに東京駅を出発した、
特急こだまは、夕方7時に新大阪に着く予定。


食堂車ガールのサヨ子(団令子)と、
食堂車のシェフ・喜一(フランキー堺)は恋仲だが、
サヨ子が、喜一と大阪で弁当屋を開く事を夢見ているのに対し、
喜一は、東京の一流ホテルで働きたいという夢を持っている。


サヨ子は、
客室乗務員の有女子(白川由美)が、
喜一に接近している事に気付き、
嫉妬に燃える。
実は有女子は、
今度自分が赤坂で開店するレストランのシェフに
喜一を採用したいと考えているのだ。


そのレストランに出資してもいいという、
中年男・岸和田(小沢栄太郎)も
列車に乗っていたが、
彼は途中で乗ってきた、
チャイナドレスの女・ヤエ子の色香に参ってしまう。


そんな中、
列車に時限爆弾が仕掛けられているとの
噂が流れ・・・。





全編、ほぼ、
列車の中だけで物語が進行するのであるが、
これがめっちゃ面白い。


人間関係が入り乱れて、
でも、それがちっとも不自然じゃなくて、
お話がどんどん進んでゆく。


まぁ、どんどん進まないと駄目なのは当然。
だって、東京・大阪間という、
限られた時間と距離でのお話だから。
全てがその中でオチが付かないと、
作り手側も、見る側も、困るわけで(笑)。


小ネタも沢山ある。
特に小沢栄太郎さん関連。
小沢さんの部下が、
小沢さんの悪口言ってるのが、
車内放送で流れちゃったり、
小沢さんのお財布を開くと、
わざとらしく、札束が飛び出すように
入れてあるなど。


前にも書いたけど、
小沢さんは、
素で喋ると本当に素敵な紳士なのに、
どうしてこうも、嫌みな役が上手いのか。
凄い人です。


コメディなので気楽に楽しめばいいのだけれど、
一箇所だけ、
この小沢さん絡みで、
気まずいだろうなぁと思った場面がある。
それは小沢さんと、白川由美さんの関係。


小沢さんは、白川さんのレストラン開店に、
出資してもいいと言っているが、
2人の間に、男女としての結びつきはない。


そんな中、色気で小沢さんに迫る女・ヤエ子が現れ、
こちらも、店の出資者を探していると言う。
小沢さんは、
お堅い白川さんより、ヤエ子に出資したいと考えるようになる。


例えば、小沢さんと白川さんとが、
愛人関係であったとしたら、
白川さんは、泣いて彼を責める事もできるだろうが、
それもできず、
なんとも、説明しがたい空気が二人の間に流れる。
そもそも、
小沢さんの役のような、色と欲だけの男に、
金だけ出させて、
あとは何も無し、というのが無理なんだろう。


様々なドタバタした場面を、
列車の外側から、
セリフ無しで映す場面など、秀逸。


評価 ★★★★☆

nice!(61)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 61

コメント 10

向日葵

お!?
厳しい批評家=実花さんが「星4つ!?」

それはそれは。。
さぞや面白いに違いありませんね。。

by 向日葵 (2017-04-16 12:24) 

きよたん

これは面白そう
テンポも良さそうだし
by きよたん (2017-04-16 12:33) 

裏・市長

時代を感じるなぁ。

東京から大阪まで来るのに夜7時か・・・。
12時53分に新大阪へ到着するのは
まだまだ先のハナシやな。

それでも、「こんなに早く」、
東京→大阪間を移動できるなんて、
まさに「夢の超特急」だったのだね。

コメディの皮をかぶりながら、
密室劇であり、制限時間サスペンスあり、
盛りだくさんすぎる(笑)。

この当時としては「新しい」し「挑戦的」やな。

でも、画面を離れてふと考えると、
この映画に出演されている主要キャストは、
ほとんど他界されてるな。
物語はおもしろいけれどなんだか淋しくなる。

やっぱり生きてるうちが花やのぅ。

12時53分に新大阪へ気軽に到着できる
時代になったけれど、それだけ危険も増えるという訳だ。
大阪まではいい。大阪まではいいんだが、
そこから先が危険すぎて、
もぉ、おっちゃん目が離せません。

離れられなくなりそう・・・。(なんのこっちゃ)。

by 裏・市長 (2017-04-16 19:43) 

団厚作

これは以前、名画座の川島雄三特集で観ましたが面白かったですね。
チューインガムの歌とかやたら変な種類があったりガムのくだりで爆笑した記憶があります。
団令子は接吻泥棒も慎太郎原作らしからぬ凄く楽しい映画でした。
by 団厚作 (2017-04-16 23:24) 

MONSTER ZERO

涙が出るほどイイ時代の映画です!(^^;
by MONSTER ZERO (2017-04-17 10:28) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます

いえいえ、私の評価など、
本当に個人的好み100%ですので、
当てになりません^^;
体調、気分などにも左右されやすいので、
4点連発の時もあります^^;

by 青山実花 (2017-04-18 08:36) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます

限られた空間、限られた時間の映画って、
スリルがあって、
面白いですよね。

by 青山実花 (2017-04-18 08:36) 

青山実花

おっちゃんさん(笑)
コメントありがとうございます

え?
12時53分に大阪に着くようにしたいのですか?
そうなると・・・
この映画の時代だったら、
朝6時半の特急に乗らないと駄目ですわね。

という事は、
5時頃に起きて、
支度しなければなりませんわね。
本当に大変な時代だったんですね。
当時としては、画期的な速さだったのでしょうが、
こればっかりは、
「昔は良かった」とは言い難いですね。

小沢栄太郎さん、フランキー堺さん、
団令子さん、白川由美さん・・・
皆さん、もう他界されて・・・。
本当の惜しいですね。


関西には、それほど危険な地域があるのですか!?
どんな風に危険なんでしょう。
地雷が埋められているとか?
武装した兵士がいるとか?
やはり迂闊に関西に近寄ってはいけないとの思いを
強くいたしましたわ。

離れていても心は一つ・・・。(なんのこっちゃ)。

by 青山実花 (2017-04-18 08:39) 

青山実花

団厚作さん
コメントありがとうございます

劇中ずっと、「有難や節」が歌われていて、
可笑しかったですね。
ガムの使い方も上手かったです。

by 青山実花 (2017-04-18 08:40) 

青山実花

MONSTER ZEROさん
コメントありがとうございます

この時代の映画はいいですね。
つい観てしまいます。

by 青山実花 (2017-04-18 08:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0