So-net無料ブログ作成
検索選択

「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」 [映画]

monroi.jpg
〔2015年/フランス〕


女性弁護士のトニー(エマニュエル・ベルコ)は、
あるクラブで、
学生時代、憧れだったジョルジオ(ヴァンサン・カッセル)と再会し、
激しい恋に落ちる。


深く愛し合う2人は、
結婚し、子供にも恵まれるが、
ジョルジオは、トニーが思っていたほど、
誠実でない事が分かってくる。


何かある度に、
嫉妬し、苦しむトニーだが、
ジョルジオは、
そんな彼女の気持ちを知りながらも、
過去に付き合っていた女と関わる事を、
やめはしない。


息子が誕生し、
安定したかに思えた2人の関係だが、
ジョルジオがそう簡単に変われるはずもなく、
ついにトニーは、離婚を宣言する・・・。





面白い。
スクリーンを見つめながら、
ああ、分かるなぁと思いながら観ていた。
こういう男女っている。


色々書きたいのだけれど、
おそらくこのブログを読んでくださっている
知人たちの中にも、
この映画のようなカップルがいそうで、
なんだか当てこすりみたいな文章になりそうで、
本音が書きにくいのだけれど(笑)。


男と女って、
分かり合っているようで、
もう全然、
理解できない部分もあるし、
女の方が男らしくて、
男の方が女々しいって事が
往々にしてあるわけで。


・・・駄目だ。
何度も書き直してはみたけど、
やっぱり、
色々差し障りがありそうで、
書けない(笑)。
とにかく、
男女は行き着く所まで行くしかなくて、
それで駄目なら、
別れも一つの選択かな、と。


評価 ★★★★☆

nice!(78)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 78

コメント 20

きよたん

<<
男女は行き着く所まで行くしかなくて、
それで駄目なら、
別れも一つの選択かな、と。
>>
男女の関係 出逢うは簡単ですが別れるまでは行くところまで
行きますよね 先がわかっていても降りることができない
そんな感じで。

by きよたん (2017-04-13 17:30) 

sakamono

文章を苦労して書いているところが、なんだか面白かったです^^;。
by sakamono (2017-04-13 23:01) 

裏・市長

あ~あかんあかん。
書かないほうがいい。

どんなにボカして書いたって、
わずかな一部分であっても、
「・・・コレって、ひょっとしてワタシの事?」と、
思われてしまうケースは多々ある。

こちらが意図しようがしまいが、それは関係ない。

そうするとボクのようにso-netブログ事務局に、
「見るだけで不快になるブログがあります!、
削除をお願いしまう」と、おおそれながらの
直訴状が届いてしまう。

これは実はボク、ありがたい事だと思うのよ。
「不快になる」なら見なければいいだけの事で、
「不快になってしまう」のに、ワザワザ見てくださって、
さらにご感想を寄せてくださる・・・。

イヤミでもチビ太でも、デカパンでもなく、
ありがたいと思ってますねん。

人間って、一番怖いのは「無関心」ではないかしら。
好きでも嫌いでもない、無関心。
まったく興味がない。

限られた人生の貴重な時間の中で、
興味を持ってもらえる・・・。
そんなご縁もおもしろいなぁと思うワケです。


女性弁護士のトニーはオトコを見る目がないよねー。
弁護士やで弁護士!自分を弁護してみろってんだ!。

え?裏・市長さんですか?。
さすが!青山実花さんお目が高い!。
裏・市長さんは当店でもイチバンのオススメ品ですのよ。

セールスポイントは・・・。
セールスポイントは・・・。

・・・すいません、すぐには思い付かないわ・・・。

あ、裏側に半額シールが貼ってある!。
つまりはお買い得ってところよ。

残りおひとつよ、お早めに!。
by 裏・市長 (2017-04-14 02:23) 

hatumi30331

男女は、カップルの数だけ違うパターンがあるからね。
みんな同じじゃないってところがね〜^^
by hatumi30331 (2017-04-14 06:40) 

mitu

激しい恋と結婚は結びつかないような気がしますネ
by mitu (2017-04-14 11:07) 

tommy88

どこかで、いつか、落としどころが来る。
そういう予感を持っておいた方が、保険になる。
遊びたがるオスたちに、経験上、そう教えてきた高校教師です。
アランドロン演じる「高校教師」は破滅型ですが。
まあ、家庭を守りたければ、女神崇拝がイチバンだと思います。
私、8つ年下の妻に飼い慣らされて、楽なポジションを得ています。
青春はとっくに過ぎて、玄冬ですから。
精神的には、私も「半額シール」添付済みですから。

by tommy88 (2017-04-14 13:16) 

ipanemaoyaji

まったく、その通り。同感です!
by ipanemaoyaji (2017-04-14 18:01) 

green_blue_sky

男女はわかりません(^_^;)
by green_blue_sky (2017-04-14 21:05) 

旅爺さん

爺と婆も「男女は行き着く所まで行くしかなくて、」もう行き着いた感じです。笑
by 旅爺さん (2017-04-15 05:20) 

Flatfield

男と女のラブゲーム♪だよねー
英語読みだと、トニーとジョージで男と男もわからないよねー。(どさくさ)
by Flatfield (2017-04-15 11:37) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます

もしかしたら、行き着く所まで行けたカップルは幸せなのかも
しれませんね。
完全燃焼したって感じで。
一番辛いのは、
片方はまだ愛しているのに、
一方的に去られた時でしょうか。

by 青山実花 (2017-04-16 11:37) 

青山実花

sakamonoさん
コメントありがとうございます

苦労していると分かっていただけた事が嬉しいです^^
ありがとうございます。

by 青山実花 (2017-04-16 11:37) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

高名な作家先生や漫画家先生の作品にも、
「この物語のモデルは私ですね」と言ってくる人がいるそうですから、
こんな素人の与太ブログなど、
どう曲解されるか分からないですわね。
一般論が、個人攻撃と取られては適いませんわ。

裏・市長様のブログを、
「不快になる」などと、
通報される方がおられるとは。

本当、「不快になる」なら、
見なければいいだけの事。
なぜ見るんでしょう。
怖い物見たさでしょうか。

大体、
金を払っているわけでも、
貰っているわけでもないブログに
そこまで目くじら立てたり、
必死こかなくていいと思うのですが。

桑田佳祐氏の言葉を引用します。
「ただのブログじゃねえか、こんなもん」。


裏・市長様のセールスポイントは、
まずは、超イケメン!
和歌山で62年ぶりに再会した時は、
相変わらずのイケメンっぷりに、
ドキドキしたものですわ。

それから、お仕事能力の高さ。
世の中には、市の数だけ市長さんがおられますけれど、
市長職とパイロットと兼任しているかたは、
裏・市長様だけでございますわ。
あとは、医師免許と、
司法試験に合格すれば、
もう怖いものなしですわね。

さらに、並外れた運動神経。
女子ビーチバレーのオリンピック代表選手に内定された事からも、
その身体能力が窺われます。

なんてパーフェクトなお方。
半額シール?
そんな物、どこに貼ってあるんですの?

by 青山実花 (2017-04-16 11:37) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

そうなんです。
恋愛には様々な形があっていいはずなんですよね。
型にはめられるのは嫌ですよね。

by 青山実花 (2017-04-16 11:38) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます

結婚という形に拘らなくてもいい時代になりましたものね^^

by 青山実花 (2017-04-16 11:38) 

青山実花

tommy88さん
コメントありがとうございます

私もどちらかというと、
どんな事柄でも、
常に最悪な結末を想定して、
生きているような気がします。
いつも脳内シミュレーションしていると、
ショックもそれほどではないし、
咄嗟の時の対応が早くできます。

by 青山実花 (2017-04-16 11:38) 

青山実花

ipanemaoyajiさん
コメントありがとうございます

共感してくださってありがとうございます^^

by 青山実花 (2017-04-16 11:39) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます

私も分かりません(笑)。
愛する人と、永遠に続けばいいなと思うだけです^^

by 青山実花 (2017-04-16 11:39) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます

行き着く所に行き着いた、仲良しカップルですね^^
素晴らしいです。

by 青山実花 (2017-04-16 11:39) 

青山実花

Flatfieldさん
コメントありがとうございます

全ての恋愛は駆け引きなのかもしれませんね。

映画の中でも、トニーは男みたいな名前と言われていました^^

by 青山実花 (2017-04-16 11:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0