So-net無料ブログ作成
検索選択

「ポエトリーエンジェル」 [映画]

poetryangel.jpg
〔2017年/日本〕


玉置勤(岡山天音)は、高校卒業後、
家業の梅農園で働いているが、
地味な仕事に満足できず、
妄想ばかりの毎日。


そんなある日、
彼はひょんな事から、
「詩のボクシング」のサークルの一員となる。


「詩のボクシング」とは、
5人1チームで、
相手チームと交互に1人ずつ詩を読んでゆき、
審査員に、どちらの詩が優れていたかを
判定してもら競技だ。


一方、女子高生の杏(武田玲奈)は、
吃音のせいで、
積極的になれず、
悩んでいたが・・・。





試写会で観た。


とにかく内容盛り沢山の試写会で、
全てのイベントが終わったのが、
22時40分頃。


まず、この映画は、
和歌山県田辺市が毎年行っている「弁慶映画祭」の
第10回記念作品という事で、
上映前に、
田辺市の市長・真砂充敏さんが登壇し、ご挨拶。


「まさか新宿の劇場で、弁慶映画祭の作品がかかるとは思っておらず、
 東京に来られて嬉しいです」
みたいな発言に、
会場からは笑い声が聞こえ、
私も笑った。
やはり、本物の市長さんともなると、
試写会で挨拶するだけでも、
公費で出張ができるのね(笑)。


そして、映画の上映のあと、
人力舎の芸人さん3人と、
女優さんら3人のチームによる、
「詩のボクシング」大会の実演。


ステージ上に、
ボクシングのリングを模したセットが設えられ、
そこで対戦。
なんというか、
全員が、詩の朗読というよりは、
ピン芸人のコントみたいな体になっていて、
笑える。


これが終わって、
最後は、
監督の飯塚俊光さん、
主演の岡山天音さん、武田玲奈さん、
主題歌を担当したグループ・Mrs.GREEN APPLEの
トークショー。


今まで見た事のある、
どのトークショーより、
登壇者の皆様同士の距離感が近い感じで、
お友達同士の会話を聞いているような安心感があり、
楽しかった。


肝心の映画は、といえば、
これも町おこし映画といっていいのでしょうね。
主人公の家業が梅農園という事で、
田辺市の名産・梅干しが何度も映り、
梅なら何でも大好きな私は、
その度に、じっと見てしまう(笑)。


地味な稼業に甘んじている事に不満を感じる主人公だけど、
「詩のボクシング」を知った事で、
成長してゆく様子が、
笑いあり、涙ありで、描かれている。


和歌山県には、
昨年、オフ会で行ったばかりなので、
なんだかもう、知らない土地とも思えず、
懐かしいような気持ちで観させていただきました。
集合から解散まで4時間。
ポエムチックなひとときでした(笑)。


評価 ★★★☆☆





※追記
お土産にいただいた、
中田食品さんの梅干しです。
umeboshi.jpg
1個入りの個別包装です。
美味しかったです。

nice!(68)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 68

コメント 10

hatumi30331

面白そう〜♪
田辺が舞台なんやね。^^
こういう映画、結構好き!
青春映画や学園ものも・・・
この前WOWOWでやった、「ちはやふる」とかも
好きでした。^^ 
桜満開! 今日もいっぱい撮って来たよ。^^
by hatumi30331 (2017-04-12 13:34) 

きよたん

これは面白そうですね
詩のボクシングはテレビかなんかで紹介されてて
知ってました。言葉の競技 映画で観てみたい

by きよたん (2017-04-12 21:03) 

向日葵

なかなか貴重な体験をなさいましたね。
しかも試写会の映画そのものが「それなりに面白かった」の
なら、これは儲けものです!!

普通あまり無いタイプの映画みたいで、少し地味かもー?
な感じですが、ご覧になった印象は★3つ!!

興業的には「難しい?」のかも、ですが、
こういう映画がもっともっと作られて欲しいですね。
by 向日葵 (2017-04-12 23:55) 

裏・市長

「詩のボクシング」。

これって、別にボクシングじゃなくてもよくね?。
「大相撲」でもよくね?。

「うっちゃり!」とか「おしだし!」とか、
「つきだし!」「まわしムチ!」。

映画作品として絵的にどうよ?とは思うけど。

でも、この濃い内容!リングのセットまで組むって、
試写会の枠を越えてね?。
これであと、おみやげにミカンでも頂けたら、
カンペキじゃね?。

田辺市の市長にも会えたし。

あ~~~~!思いだした。
真・大和高田市の市長には面会を
激しく拒否するクセに田辺市がOKの理由を、
400字詰め原稿用紙5枚以内で述べよ。

提出期限は明後日のこの時間、この場所だ。

言っておくけれど、
「裏」だから、なんてのは理由になりませんので、
そのおつもりで。

いや、それにしても試写会で4時間・・・。
こないだの前編・後編イッキ見!ぐらいのぼりうむ。
これからは試写会も体力勝負の時代やな。

殺るか殺られるか!?。

by 裏・市長 (2017-04-14 01:57) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

和歌山は楽しい思い出なので、
映画も面白かったです。
若者が何か新しい事を始めるっていいですよね^^

「ちはやふる」は未見です。
今度観てみますね♪

by 青山実花 (2017-04-15 22:02) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます

きよたんさんは、詩の本を出されているくらいですので、
「詩のボクシング」の活動にも、
よりご興味が湧くのではないでしょうか。

この映画、いつかご覧になってみて下さいね。

by 青山実花 (2017-04-15 22:03) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます

確かに、この試写会に行かなければ、
「詩のボクシング」を生で見ることは
なかったと思います。

町おこし映画とはいえ、
地味でも味のある映画が、
これからもどんどん作られるといいですよね。

by 青山実花 (2017-04-15 22:03) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

「詩の柔道」
「詩の空手」
「詩の合気道」
「詩の少林寺拳法」
「詩のカンフー」
「詩のレスリング」
「詩のムエタイ」・・・

キリがありませんので、
この辺で終わりにしたいと思います。


裏・市長様は、
相変わらず、冴えていらっしゃいますわね。
試写会の際に、お土産をいただいた事、
見抜いておいでなんですのね。
ただ、いただいたのは、蜜柑ではなく、
梅干しなのでございますの。
それも、1個でしたので、
裏・市長さまにお裾分けする事ができず残念でしたわ。
どんな物なのか、写真を追加しておきますわね。

あら、私は、田辺市長さんとの面会を
OKしたわけではございませんのよ。
向こうが勝手に、アポなしでやってきたんですから。
大体、特別行政区である新宿に入るには
厳しい審査があるというのに、
よく入れたものだと、不思議に思っているのですよ。
市長特権を使ったのかしら。

食うか食われるか!?。

by 青山実花 (2017-04-15 22:05) 

裏・市長

あ!梅干しもろてる!!。

そういう事は早よ言わなアカンわ!。
お父ちゃん、和歌山の市長に会うた時、
お礼言われへんがな!。

これから人にモノもろたら、
絶対先にお父ちゃんに言うねんで、わかった?。

やっぱり関西人はサービス精神旺盛やな!。
求められてもいないのに、梅干しを用意して
お客様を待ち受ける。

やっぱり関西人はどこかケチやな!。
「 ひ と つ ぶ 」。

いっこて・・・。

まぁ、気持ちや、気持ち。
気持ちだけ受け取っておいて!。


by 裏・市長 (2017-04-16 19:27) 

青山実花

お父ちゃん(笑)
コメントありがとうございます。

お父ちゃん、ごめんね。
お父ちゃんに梅干しの事を言ったら、
横取りされると思ったから、
言えなかったんだよ。
だって1個しかないんだもん。
お父ちゃんに隠れて、
急いで食べたら、
種まで飲み込んじゃったんだよ。
きっと来年あたり、お腹から芽が出て、
10年後には、梅の実が成ると思うの。
その時は、その実で、
梅干し漬けて、
梅酒も作るから、
許してね。
10年後が楽しみになってきたね。
お父ちゃん、長生きしてね。
by 青山実花 (2017-04-17 15:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0