So-net無料ブログ作成
検索選択

L'Arc〜en〜Ciel 25th L’Anniversary LIVE [音楽]

L'Arc〜en〜Ciellive.jpg

4月9日、東京ドームで行われた、
L'Arc〜en〜Cielの、
25周年記念ライブに行ってきました。


90年代から2000年にかけてのラルクは、
飛ぶ鳥を落とす勢いな人気で、
友人はもう、hyde命の女(笑)。
私も一緒に、何度かライブに行ったものです。


さすがに最近は、
ラルクの話も殆どしなくなりましたが、
それでも、その友人はファンクラブの更新を
し続けていたようで、
今回、久し振りのライブに誘われたのです。


今のラルクなら、
チケットは簡単に取れるだろうと話していたのですが、
これがとんでもない間違いで。


まず、友人が応募したファンクラブ枠が落選。
この時点で、
私も協力するからと、
一般で応募したのですが、
こちらも2人とも落選。


友人は、最後の一般に賭け、
これがやっと当選したというわけなのです。


正直、もうメンバー全員が50歳近い、
オッサンになったグループに、
それほどの集客力があるとは、ビックリで。
人気はまだまだ衰えていないのだなぁという思いを
強くしました。





で、ライブなのですが、
それはもう大変な盛り上がりで、
めちゃくちゃ楽しかったです。


演奏されたのは、
25周年という、記念ライブのせいか、
シングルヒットが中心で、
誰にでもノリやすく、
楽しめる内容になっていました。



L’Arc~en~Ciel.jpg
※サンケイスポーツさんより


また、トークも爆笑。
メンバー4人中3人が関西出身なので、
関西弁を隠す事なく、
面白話を連発。


hydeの、
「俺たちを待ってたんだろ」
「可愛がってやるからな」のお言葉には、
きゃー☆って感じで ←馬鹿~(笑)。

hyde.jpg
※サンケイスポーツさんより


hydeは、観客に何度かウェイブを要求し、
観客は、ウェイブが最後にHydeに戻るようにすると、
まるでウェイブのせいかのように、hydeに向かって風が吹くという、
面白い構成になっておりました(笑)。


私たちは2階席で、
メンバーは豆粒ほどでしたが、
チケット争奪戦の中、
行けただけでもありがたく、
大きな二つのモニターで見るメンバーのお姿を堪能しました。


hydeも、kenも、tetsuyaも、yukihiroも、
ルックスは、若い頃と殆ど変わらず、
カッコいいオッサンになっていました。


記録として、
セットリストを記しておきます。


1.虹
2.Caress of Venus
3.the Fourth Avenue Cafe
4.Vivid Colors
5.Lies and Truth
6.真実と幻想と
7.forbidden lover
8.Shout at the Devil
9.REVELATION
10.風の行方
11.X X X
12.花葬
13.浸食 ~lose control~
14.HONEY
15.MY HEART DRAWS A DREAM
16.NEO UNIVERSE
17.STAY AWAY
18.Driver's High
19.READY STEADY GO

-----アンコール
20.Don’t be Afraid
21.Blurry Eyes
22.Link
23.瞳の住人

nice!(77)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 77

コメント 14

don

おお、曲数が多いですね。
休憩込みで3時間ほどでしょうか?
50歳のおっさんでも、十分カッコイイですよね♪
by don (2017-04-10 12:11) 

裏・市長

すんげぇ速報記事!。


チケット争奪戦、
ラルクなめんなよ!って感じですか。

あれって、ファンクラブ会員優先にしてやるべきやで。
宝塚とかでも、なんのために
会員になってるねん?と思うわ。

一般発売なんか、余ってたらでエエねん。
どうしても行きたいヤツァ、会員になるやろ?。
そんな手間暇、情熱のないヤツァ、来なくてよろしい。

でもスゴイよな。
この音楽界の荒波の中で25年。
ソネブロの渦潮に巻かれながらの6~7年でも
大変なのに・・・。

いや、オッサンだからカッチョイイのよ。
だって見てる側、聞いてる側のこっちも
同じ時間を生きてトシをくってんだから。

「お互い色々あったよね~、でも、まだ生きてるよね~」。

これよ。

最初に出会った時のドキドキ感、
トキメキは薄れていくだろうけど、
安心感、同志のような連帯感ね。

これは25年追い続けたモンにしかわからんで。

来年もファンクラブの更新、
忘れずに続けてもらって!。
ともに30年、50年祝えたらこんな嬉しいことはなかろうて。
by 裏・市長 (2017-04-11 02:04) 

ponnta1351

身延山、高校時代の良い思い出ですね。
コンサート、久しぶりに血が湧きたったでしょう。ジャンルは違ってもライブは良いですよね。
by ponnta1351 (2017-04-11 11:25) 

馬爺

やはり年なんですね、こういった曲はただ煩いと思うだけなんですね、でもJAZZは多少煩いビートJAZZでも聞きますね。
by 馬爺 (2017-04-11 11:42) 

さくら君

その昔、「1999 GRAND CROSS TOUR」を観に行きました。
ものすごい人の数と暑さでしたがメチャメチャ盛り上がったのを覚えています!
今回のライブ、選曲もいいですね!Caress of VenusやBlurry Eyesは生で聴いてみたいです♪(*´▽`*)

by さくら君 (2017-04-11 17:02) 

すーさん

盛り上がっていますねぇ!。
観客を巻き込んでのライブ、楽しそうです(*'▽'*)!!。
by すーさん (2017-04-11 18:28) 

駅員3

へ~、もう25周年なんだ!!
今更だけど、歳とったんだたなぁ・・・

あっ、もちろん自分がね(^^)
by 駅員3 (2017-04-12 07:40) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます

donさん、分かってらっしゃいますね。
ライブは3時間くらいでした。
すごい体力だと思います。

50歳だろうが、70歳だろうが、
カッコいいものは、カッコいいですよね♪

by 青山実花 (2017-04-12 14:10) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

確かに、
友人のように、
もう何年もファンクラブに入っている人には、
もう少し融通が利いてもいいのでは、と
思うところがありますね。

チケットが取れなければ、
何のためのファンクラブなんだか、
わけが分かりません。


> この音楽界の荒波の中で25年。

お!さすが!
まるでライブを観たかのようなお言葉です。
hydeは終盤で、
「沢山の音楽グループがいて、
 ラルクのようになりたい、追い越したいと言われる事もある。
 でも、まだまだ、俺たちは頑張るぜ!」
みたいな事を言っていました。
他の追随を許さないラルク、
カッコ良すぎですね。


そうですね、
私も友人ほど熱烈ではないですが、
ラルクが〇〇を歌っていた頃、
自分は・・・と思い出します。
自分の歴史と歌が重なっているんですね。
どんな事でも、
できれば、できる事なら、
長く長く続けていきたいですね。

by 青山実花 (2017-04-12 14:10) 

青山実花

ponnta1351さん
コメントありがとうございます

私にもう少し根性があったら、
人生変わっていた気がします^^;

ライブは血沸き肉躍る感じがしますね。
興奮しました~(笑)。

by 青山実花 (2017-04-12 14:11) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます

そんなそんな、年などと言わずに、
こういった曲も、
大音響でなく、
ボリュームを絞れば、結構楽しめる気がします♪

by 青山実花 (2017-04-12 14:11) 

青山実花

さくら君さん
コメントありがとうございます

「1999 GRAND CROSS TOUR」、
私も行きました~!
湾岸で行われたのですよね。
本当に凄い人でした。
懐かしいです。

「Caress of Venus」の歌詞はいいですね。
そのまま言われてみたいわ(笑)。

by 青山実花 (2017-04-12 14:12) 

青山実花

すーさんさん
コメントありがとうございます

はい、二階席の端っこまで、
空席が一つもなく、
めっちゃ盛り上がっていました。

ラルクって、観客をノセるのが美味いですよね^^

by 青山実花 (2017-04-12 14:12) 

青山実花

駅員3さん
コメントありがとうございます

25年って、あっという間ですね^^

いえいえ、
ラルクも、駅員3さんも、私も、
みーんな年食ってるんですよね^^;

by 青山実花 (2017-04-12 14:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。