So-net無料ブログ作成
検索選択

「燃えろ!太陽」 [映画]

moerotaiyou.jpg
〔1967年/日本〕


ある高校の教師たちが、
素行不良の生徒のランキングを発表した。


1位になったのは、立川太平(黒沢年雄)。
彼の得点は、なんとマイナス45点。


由木真介(夏木陽介)は、
そんな太平を鍛えようと、
サッカー部に入部させる。


一方、女生徒の和子(酒井和歌子)は、
2人の妹の世話をする健気な少女。
和子は、本当は心の優しい太平に心惹かれ・・・。





夏木陽介の青春シリーズ第3弾。


冒頭、教師たちが、不良生徒の一覧を発表する場面。
最近でも、同じようなニュースがあったなぁと思い出す。


この映画で、それを発表する教師たちは、
底意地が悪そうで、
嫌らしくて、
「なんて酷い事を」と思うけど、
それは映画上の演出であって、


実際のニュースで見た感じでは、
教師が会議で、そのようなプリントを配布したのも、
致し方ない面もあるのかなぁと思わなくもない。
子どもに不良のレッテルを貼るのは、
勿論良くないけれど、
指導をしていく上で、
ある程度の事は知っておかなければならないし、
情報の共有もあるだろう。


生徒の個性を知ったうえで、
その子に合った指導を考えてゆけばよいのでは、
と思ったり。
ただ、そのプリントが外部に流出するような状態にしたのは、
駄目だったと思うけど。


それから、自分の子供の名前が、
その一覧に入っていたからと、
怒鳴り込んできた親がいるというのも驚く。
我が子が、世間からそんな風に思われている事に
ショックを受けて、
申し訳ありません、
どうかよろしくご指導をお願いしますと、
なぜ言えないのか。


・・・って、なんでこんな事を書いてるんだ、私は。
映画の感想でもなんでもないじゃん(笑)。


なんか、3作とも、
コテコテの青春で、
どこを切っても同じな感じで、
感想も、書きようがなくて(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 60

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0