So-net無料ブログ作成
検索選択

「これが青春だ!」 [映画]

koregaseishunda.jpg
〔1966年/日本〕


森山高校に赴任してきた、
教師・由木真介(夏木陽介)は、
学校にスポーツカーで乗り付け、
他の教師たちにあだ名を付けて回るような、
型破りな男。


そんな由木を、
校長(十朱久雄)、
教頭(田中春男)、
教員の中川(藤木悠)らは
苦々しく思うが、
生徒からは歓迎される。


由木は、廃部寸前のラグビー部の顧問をすることになる。
隣町の太田高校との試合も決まり、
寺の和尚が合宿所を提供してくれ、
また、同僚の美人教師・明子(藤山陽子)らの協力により、
ユニフォームを揃えたり、
部は順調に動き出す。


ところが、太田高校のラグビー部員・松本(黒沢年雄)が、
チンピラに追われ、
由木がそれを助けた事から・・・。





「これが青春だ!」。
そっかぁ、これが青春か(笑)。
これは、「青春とはなんだ」というテレビドラマの
映画化なのだそうだ。


同じころ、他にも、
「これが青春だ」というテレビドラマがあったそうで、
そちらの映画化だと勘違いされる事も多いらしい。
そりゃあ、そうだろう。
なぜ、全く違うテレビドラマのタイトルを、
映画に付けたのか。
「!」を付けたからいいってもんじゃない。


内容は、ご想像通り、
とにかく健全。
不良まで健全(笑)。


これは昔の不良はみんな健全だったなどという
理由ではないと思う。
同じ時代の別の映画では、
不良な少年が、
とんでもない事件を起こしたり、
スケバンが売春するなどの映画もあったはずだ。
本作のコンセプトが、
誰でも楽しめる、
健全な不良映画という設定なのだろう。


黒沢年雄の無理のありすぎる
学ラン姿に笑える。
おっさんが学生のコスプレしているみたいだ(笑)。


調べてみると、当時彼は22歳。
そりゃあ、老けて見えるはずだ。
しかも彼は、ホステスと一緒になりたいと、
駆け落ちみたいな事をしでかしてくれる。


ただ、そんな場面も決して淫靡ではなく、
あくまでも健全。
駆け落ちまで青春の延長という感じ(笑)。


ラストも当然、大団円。
絵に描いたような、
青春映画であった(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(81)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 81

コメント 16

hatumi30331

懐かしい!
ずっと見てたよ!!^^
by hatumi30331 (2017-04-02 16:42) 

KINYAN0829

懐かしいです。
子供ころにテレビで放映していましたね(^^♪
by KINYAN0829 (2017-04-02 18:47) 

えーちゃん

これが青春だ 懐かしい~
主題歌は布施明が歌ってたんだよね。

by えーちゃん (2017-04-03 01:29) 

MONSTER ZERO

いやいやこれは懐かしい!
日本テレビ青春ドラマ第1作の映画版ですね!
ちなみに第2作が「青春とはなんだ」で主役が竜雷太さん!
第3作「でっかい青春」も竜さんでした

布施明さんが主題歌をずっと歌われていて我々の世代でもよく口ずさんでいました(^^;

もっとも小学生でしたから観たり観なかったりでちゃんと観たのは再放送の時かも知れません(^^;
by MONSTER ZERO (2017-04-03 10:35) 

裏・市長

「これが!」「青春だ!」。

ここまで決定的に決め付けられたら、
反論は許されないな。

しかし、なんで「これが青春だ」の
タイトルにしてしまったのだろう。
やはり石原裕次郎さんお映画との混同を
避けたかったんだろうね。

それならワザワザ、竜雷太さん主演の
ドラマのタイトルを持ってこなくても
よかったのに。
峰竜太が恐妻家なのは衆知の事実だが。

いやいやいやいや、
これも歴史の中の大事な1ピース。
この日本テレビ青春シリーズのヒットが
なければ、青山実花さんご推薦の
「俺たちの旅」をはじめとした
一連のシリーズもなかったであろう。

そう考えると歴史に無駄なものなど
ひとつもないというのがわかる。

青山実花さんとせめて、もう3日
早く出会っていたら…と世界は嘆くけれど、
今、この時に出会えたのが
すでに奇跡なのかも知れない。

もし、ブログをやっていなければ、
もし、トランプが大統領選に敗北していたら、
もし、大和高田市にオークワがなければ、
もし・・・。

どのひとつが欠けていても、
今はない。実に不思議あきらだと思いませんか?。

「これが!」「運命だ!」。

ここまで決定的に決め付けられたら、
反論は許されないな。

by 裏・市長 (2017-04-03 11:40) 

馬爺

いや~~懐かしい映画ですね、東宝も今ではこんなのが無くなりましたね。
by 馬爺 (2017-04-03 14:07) 

ひろし

これよく観たわ~
青春まっただ中ですね(^^)

by ひろし (2017-04-03 21:31) 

旅爺さん

随分昔の懐かしい映画ですね。
爺も今が青春だと思って頑張ります。
by 旅爺さん (2017-04-04 06:23) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

やはり懐かしいという声が
多いようですね^^

by 青山実花 (2017-04-08 20:58) 

青山実花

KINYAN0829さん
コメントありがとうございます

テレビ版も、
相当人気だったようですね^^

by 青山実花 (2017-04-08 20:58) 

青山実花

えーちゃんさん
コメントありがとうございます

おぉ!布施明さんが主題歌を歌っている事を
ご存じですか。
映画にご本人も登場してビックリしました^^;

by 青山実花 (2017-04-08 20:58) 

青山実花

MONSTER ZEROさん
コメントありがとうございます

さすが、お詳しいですね^^
この当時は、テレビも映画も、
青春物が多かったようですね。
世の中が豊かになったという事でしょうか。

by 青山実花 (2017-04-08 20:59) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

「これが」「青春だ!」。
と決めつけられても、
困りますわ。
だって、この内容、
62年前の、私たちの青春時代とは、
全然違うじゃありませんか。
私たちの頃の青春は、もっと不健全でしたわね。
暗がりを好んでいた記憶しかありませんわ。


峰竜太さんのお家は、
うちの近所なのですが、
その変わった形は、
裏・市長さんにもお見せしたいくらいですわ。
キノコみたいなんですのよ。
あの家の設計は、
あの恐妻がなさったのかしら。
ミステリー作家にならずに、
家の設計技師になったのかしら。


もし、和歌山市駅で裏・市長さんが隠れなければ
もし、井戸に突き落されなければ
もし、梅酒を飲み過ぎてぶっ倒れなければ
もし・・・。

たった一日の出来事を、
一体いつまで言い続けるのか。
裏・市長さんとの和歌山でのエピソードは、
それほど強烈だったという事ですわね。

そりゃあ、これが運命でなくて、
なんだというのでしょう。
62年も友情が続く事など、
滅多にありはしないんですから。

by 青山実花 (2017-04-08 21:01) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます

このようなストレートな青春映画は、
最近はないですよね。
今作ったら、案外受けるかもしれません^^

by 青山実花 (2017-04-08 21:01) 

青山実花

ひろしさん
コメントありがとうございます

ひろしさんも観られてますか。
皆さん、思い出深いようですね^^

by 青山実花 (2017-04-08 21:02) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます

青春に年齢制限などありません。
今が青春、
そしてこれからも青春です^^

by 青山実花 (2017-04-08 21:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。