So-net無料ブログ作成

「やくざの横顔」 [映画]

yakuzanoyokogao.jpg
〔1970年/日本〕


やくざの組長の息子・本堂哲平(渡哲也)は、
兄を殺した親和組幹部2人を射殺した。


服役後、
1年間、船に乗っていたが、
この度、横浜に寄港し、
父に連絡するも、
もう二度と帰って来るなと言われ、
愕然とする。


そんな中、哲平は、数人の男に襲われる。
それを助けてくれたのが、
山田銀造(内田良平)と名乗る男だった。
哲平は、どこか影のある銀造が気になる。


また、哲平は、
見知らぬ女・りつ子(香山美子)に声を掛けられ、
親しくなり、
少しずつ、明るさを取り戻してゆく。


ところが、銀造が、
親和組に雇われ、
哲平を狙う殺し屋である事や、
銀造とりつ子が元夫婦である事が分かり・・・。





渡哲也のヤクザ物だけど、
それほどドンパチした場面があるわけでなく、
また、
「筋を通す」とか、
「義理」だの「人情」だのと、
面倒くさい事は殆ど言わないので、
女の私でも結構楽しめる。


それに、女の描き方が、
割と丁寧で、好感が持てる。


まずは、香山美子さん。
彼女は、
やくざの組長の情婦だったが、
組員と出来上がってしまった過去がある。


そんな彼女が、哲平と知り合い、
彼に惹かれていくわけだけれど、
組員を完全に忘れたわけじゃない。


しかも、その組員と再会すると、
彼が殺し屋になっていて、
哲平を狙ってるってんだから、
すごい偶然だ。
(そこは突っ込みたいが、突っ込まずにおこう(笑))。


もう一人、忘れちゃいけない女がいる。
それは、哲平が殺人を犯す前に、
恋人だった丘みつ子さん。


彼女は、ずっと哲平の帰りを待っている。
哲平が、
「俺とはもう関わるな」と言っても、待っている。
観ていて、切なくなってしまう。


そして、丘さんの弟を演じているのが、
沖雅也さん。


さほど重要な役ではないけど、
まだ18歳で本当に可愛い。
姉を思いやる弟の役を好演していた。
まだもう少し、沖雅也ブームは続きそう(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(66)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 66

コメント 10

Ginger

ひゃー、あんなエレガントな実花さまがこういう映画を嗜まれているのが素敵ー♪
私、かつては新宿昭和館に通いつめていたので・・・女優さんは、ひし美ゆり子サマ、渚まゆみサマが好きでした・・・。
by Ginger (2017-03-31 18:21) 

Hide

内田良平・・・懐かしい俳優ですね〜日活映画ではよく観ました!
ハチのムサシは死んだのさ〜♪ こんな作詞もしていたとは驚きです。
へそ下が痛いです・・・
by Hide (2017-03-31 20:26) 

旅爺さん

お早う御座いま~す♬。
今日も1日お互い元気で頑張りましょう!”
by 旅爺さん (2017-04-01 05:09) 

hatumi30331

やくざジリーズやね。
またまたパパリンに見せなきゃ!^^

昨日は雨が降り続き・・・・
ようやく止んだけど・・・・
今日もイマイチ。^^;
by hatumi30331 (2017-04-01 07:51) 

裏・市長

終わってなかったんかい!沖雅也ブーム!。

いやぁ~もう時代は流れて、
今、青山実花さんのアタマの中では、
福本清三一色!と小耳にサンドしていたのですが、
あれはガセネタだったか・・・。

「筋」「義理」「人情」「ドンパッチ」がないと、
昭和の男どもは
「正統派ヤクザムービー」とは認めないぜ!。

どうでもいいけど「ドンパッチ」食べたことあります?。
あれ、初めて食べた時、「なんか動いた!生きてる!」と
思って吐き出したぜ!。まぁ、ご幼少の頃だからな・・・。

いや、ドンパッチはエエねん。
問題は、やくざの横顔についてや!。

昔の邦画を見ていると今はなくなってしまった
昭和の情景が映りこんでおる。

この作品も昭和時代の
横浜あたりが見られるじゃなかったかしら・・・。

今までで一番驚いたのは、
テレビ版「月光仮面」に(どの話数か忘れたが)、
建設途中の東京タワーが映っておった。

東京タワーを題材にした作品、数あれど
まさに今、おっ建てようとしている風景って、
あんまり見られないんじゃない?。
(記録映画をのぞく)。

で、ドンパッチって、今でも売ってるの?。
by 裏・市長 (2017-04-02 04:37) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます

世界一ガサツな私をエレガントて^^;
Gingerさん、あの時、相当酔っていらしたんですね^^

新宿昭和館に通われていたとは、
Gingerさん、凄すぎです。
ひし美ゆり子さん、渚まゆみさんが師匠とは、
Gingerさんが色っぽいのも分かる気がします♪

by 青山実花 (2017-04-02 17:29) 

青山実花

Hideさん
コメントありがとうございます

内田良平さんについて調べてみましたら、
本当に「ハチのムサシは死んだのさ」の
作詞をされているんですね。
すごい才能ですね。

へそ下の意味も、
検索して分かりました^^;

by 青山実花 (2017-04-02 17:31) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます

お返事遅くなって、マヌケな感じでごめんなさい。
土日ウダウダしていました。
明日は会社なので頑張ります。
明後日から、3日間休暇を取って旅行にいくので、
そちらも頑張ります^^

by 青山実花 (2017-04-02 17:31) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

これも旦那様に見せてあげて下さい。

今日からはいいお天気のようですね^^

by 青山実花 (2017-04-02 17:31) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

あら、裏・市長さん、
沖雅也ブームが始まったのは、
去年の7月からですので、
1年も経っておりませんのよ。
私はどのような事でも、10年以上続かなければ、
続いたとは言わないと思っておりますので、
まだまだですわ。
裏・市長さんと私は、知り合ってもう62年ですので、
もう十分続いていると胸を張って言っていいですわね。


ご幼少のみぎりの裏・市長様!
ドンパッチを口から吐き出す裏・市長様!
あぁ、どれだけ可愛い少年だったかと想像すると、
子ども好きの私にはたまりませんわ。
誘拐して、育てたかったくらいでございます。

ドンパッチを検索いたしましたら、
残念ながら、2000年に販売終了のようですね。
今は類似品として、「パチパチパニック」という
商品があるようですので、
いつか、もう一度お会いできる機会がございましたら、
一緒にスーパーに探しに行きたいものですわね。


建設中の東京タワーが偶然映り込んでいる作品は、
私も記憶にないですね。
「三丁目の夕日」は、あくまでもCGですしね。
これから古い邦画を観る時は、
その辺も注意しながら観てみます。

by 青山実花 (2017-04-02 17:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0