So-net無料ブログ作成

「ハナ子さん」 [映画]

hanakosan.jpg
〔1943年/日本〕


ハナ子さん(轟夕起子)は、
お年頃の明るい女性。


ハナ子さんは、ご近所の五郎さん(灰田勝彦)と
結婚の約束をしている。
早く一緒になりたいな。
お父さん、いいでしょ?


晴れて夫婦となった2人は、
ボーナスの日に、
お父さんたちをお食事に招待するが、
お邪魔でしょうと断られる。


やがて、ハナ子さんは、
可愛い男の子を産む。
その子が歩き始めた頃、
五郎さんに、召集令状が届く。
ハナ子さんは、五郎さんを明るく送り出すように、
陽気にはしゃぐ・・・。





この映画の事は知っていた。
戦時中に、戦意高揚のために作られた映画だと。


もし、その事を知らずに観たとしたら、
ヘンテコな映画だなぁ、と思っただけで終わっていただろう。


なにせ、これはミュージカル。
登場人物たちが、何かというと歌ったり、
ダンサーさんたちのレビューが挟まっていたり、
めっちゃテンション高い。


この映画は、捉え方も人それぞれのようだ。


・わざと明るい内容にして、人々の気持ちを洗脳している。
・軍の要請で作られたけど、精一杯の抵抗でわざと明るく作られた。
・そこまで深読みする必要はない。単なるミュージカル
などなど


私は、「そこまで深読みしない」派かなぁ。


だって、むしろホッとするのよ。
現代の、日本の戦争映画に辟易する作品が多いから。
今、作られる戦争映画は、
登場人物たちが、ただひたすらしゃっちょこばって、
家族に対しても敬語、
背中に物差しでも入ってるんじゃないかってくらい、
直立不動で、
笑う事さえ許されない感じ。


いくらなんだって、それはないだろうといつも思う。
親に軽口叩いたり、
笑ったり、
当時だって、みんなしていただろう。
戦争って、
そんな市井の人々が巻き込まれたからこそ、
悲しいものなんじゃないのかなって。


私がこの映画で、一番好きなのはお父さん。
婚約しているハナ子さんに、
「そんなにすぐに結婚しなくても。婚約時代とはいいものだよ」
みたいな事を言う。


これは、かなりショックだった。
私は戦時中は、
「産めよ、増やせよ」のスローガンのもと、
とにかく早く結婚して、子供を産めと、
皆が言っていたのだと思っていたから。


そんなお父さんに、
なんとか結婚OKの言質を取りたいハナ子さんは、
お父さんの背中に、熱いお灸をしてあげて、
どさくさに紛れて、結婚の許可を。
そこに、お父さんの威厳などは微塵もない(笑)。


さらに、お父さんが、子供たちと一緒になってかくれんぼしたり、
新婚の五郎さんが、お掃除をする場面まである。
私が今まで聞いてきた、
戦時中の男性像とは、全然違う。
やっぱり今と大差ないじゃないか。


まぁ、このような映画でも検閲が入ったらしく、
ラストは、ある場面がカットされたらしく、
意味合いが変わってしまったらしいけど。
戦争がなかったら、
この平和な家族は、
平和なままだったんだろうなぁ。


評価 ★★★☆☆

nice!(62)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 62

コメント 12

sakamono

「いくらなんだって、それはないだろうといつも思う。
親に軽口叩いたり、笑ったり、...」
ココのところの意見、私もまったく同感で、そんなふうに感じていました。

先日は楽しいひと時をご一緒くださり、ありがとうございました。
またの機会にも、よろしくお願い致します^^。
by sakamono (2017-03-07 23:31) 

hatumi30331

全く知らない映画です!
よく見つけてきましたね〜〜♪^^

今度こちらに来られた時は、カラオケ、大衆演劇!!
連チャンで行きましょう〜♪(笑)
by hatumi30331 (2017-03-08 06:19) 

きよたん

>>
戦争って、
そんな市井の人々が巻き込まれたからこそ、
悲しいものなんじゃないのかなって。
>>

まったくそのとおりです。庶民的な普通の家族像を描く事で
戦争の悲惨さが伝わるんですよ
by きよたん (2017-03-08 09:57) 

MONSTER ZERO

灰田勝彦!
♪ 野球小僧を知ってるかい~!♪ 「野球小僧」なる名曲を
歌っておられましたね!(^^
轟夕起子さんは戦後、石原裕次郎さんのお母さん役なども
されていた記憶があります

by MONSTER ZERO (2017-03-08 11:14) 

馬爺

戦争の時代の摩訶不思議な映画のようですね、轟由紀子さんは映画ではよく見た方でした。
by 馬爺 (2017-03-08 14:59) 

裏・市長

「しゃっちょこばって」。

久々に聞いたわ!。
てーか、関西では使わないな。
こっちではなんというんだろう?。
「かしこばる」?かしら?。

サザエさんシリーズを無事達成したと思ったら、
今度は「さん」シリーズね。

なんやかんや言うても、いい時代やで。
与えられる情報だけを信じて、
生きて行くしかなかった頃を思えば、
こんな奈良県のクソ田舎から、
個人の意見が発信できるんやで。

こうやって連日、顔も合わせた事のない人の
(厳密には一度、オフ会ですれ違いましたが…)
コメント欄に嫌がらせの書き込みも出来るんやで。

報復を怖れてか、懐が深いのか、
手の平で転がして遊ばせてくれる青山実花さんの
人間の器の大きさよ!。

青山さんがどんぶりならば、
ボクなんて養命酒についてくるキャップよ!。
そのぐらいの差がある。
ボクもがんばって、せめて…せめて、
ヤクルトの容器ぐらいにはなりたいものだ。

このまま戦争のない世の中が続いたら、
乳酸菌とともに生きていけたなら、
いつかボクもヤクルトレディーに…。


by 裏・市長 (2017-03-09 09:54) 

青山実花

sakamonoさん
コメントありがとうございます

これから戦争映画を作るなら、
もう少し、自然なものが見たいですよね。

こちらこそ、ありがとうございました。
皆様、魅力的な素敵な方々ばかりで、
本当に楽しかったです。
これからもよろしくお願いします。

by 青山実花 (2017-03-09 15:02) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

古い映画ですから、知らなくていいのですよ^^

おお!行きましょう^^
オフ会という形でなくても、
そちらに行った際は、
遊んでくださいね♪

by 青山実花 (2017-03-09 15:03) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます

敬語を使うような家族を描くのでなく、
もっと愛情深いものを描けば、
戦争の悲しさが伝わるのに、と思います。

by 青山実花 (2017-03-09 15:03) 

青山実花

MONSTER ZEROさん
コメントありがとうございます

すみません、「野球小僧」知りません^^;
youtubeで聞いてしまいました。

轟・裕次郎の母子といえば、
「陽のあたる坂道」を思い出します。
あれは良い映画でしたね。

by 青山実花 (2017-03-09 15:03) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます

そうなんです、今の私が観ると、
製作の意図がよく分からないという^^;

by 青山実花 (2017-03-09 15:04) 

青山実花

ヤクルトレディさん(笑)
コメントありがとうございます

今日も配達、お疲れ様でございます。
最近の事はわかりませんが、
ヤクルトというのは、レディさんたちの買い取りなのだそうですね。
売れ残ると、駅前で売ったという話を
聞いた事がございます。
裏・市長さんがヤクルトを余らせて、
大和高田駅でお売りになる際は、
このコメント欄から、ご一報をお願い致します。
買いに行きますので。
1つでいいかしら。


本当に、連日の嫌がらせコメントの数々、
いつもありがとうございます。
嫌がらせを止めるべく、
こちらも嫌がらせで書く返信と、
そして、毎日10通以上は必ず来る、
私の身を案じて下さる皆様のご心配メールへの返信に追われ、
ほぼ1日の時間を使い果たしてしまいますわ。

いくら私が宇宙のように広い心の持ち主とはいえ、
限界がありますので、
これからは、海くらいに心を狭めて、
返信は執事にさせようと思っております。

いっその事、
裏・市長さんも、コメントは家政婦さんに書かせてみては
いかがでしょう。
家政婦さんのコメントに、うちの執事が返事を書いていたら、
裏・市長さんと私の接点は、
何一つなくなってしまいますけれど。

by 青山実花 (2017-03-09 15:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0