So-net無料ブログ作成
検索選択

「花と蛇2 パリ/静子」 [映画]

hanatohebi2.jpg
〔2005年/日本〕


美術評論家の遠山(宍戸錠)には、
年若い妻・静子(杉本彩)がいるが、
年齢のせいで、
体は思うようにならない。


ある日、遠山は、
静子に「パリに行ってほしい」と頼む。
パリには、遠山がスポンサーをしている
画家・池上(遠藤憲一)が住んでいるが、
絵を描いていないようなので、
様子を見てきてほしいと言うのだ。


パリの、池上のアパートに行った静子は、
廃人のようになった彼に会う。
池上は、静子をモデルに描きたいと言い出し、
静子は言われるがままに、恥辱的なポーズを取るうちに、
いつしか2人は結ばれる。


完成した絵を、
日本に持ち帰る前に、
ブラックマーケットに出して、
実力のほどを知りたいと言う池上に抗えず、
古城で開催されているオークションに行った静子。


しかし、オークションに掛けられた池上の絵を
贋作だと決め付けられた静子は・・・。





昨日書いた「花と蛇」の「2」。
しかし、「1」と、
ストーリーの接点はなく、
全くの別物。


「1」よりいい。
「1」は、ショー的な部分が大きかったけれど、
こちらには、それなりのストーリーがあるし、
何より、「心」がある。


遠藤憲一と杉本彩姐さんの
気持ちの動きがいいんだな。


パリでやさぐれた生活をしていた遠藤さんだけど、
彩姐さんをモデルに絵を描くうちに、
ある種の感情が芽生えてきたのが
伝わってくるし、
彩姐さんも、それは同じ。


男女の間に、
どんな関係があっても
自由だと思うけど、
できればそこに「心」があってほしいと思うのは、
私が甘いのか。
でも、「心」のない性愛なんて淋しい。


実は、その後、
遠藤さんの事情が分かってくるのだけれど、
私は彼の一瞬の「心」を信じたい。


オークションの場面も、
「1」より雰囲気があっていい。
パリの古城が舞台なのが、
より気分を盛り上げる。
何だかよく分からないけど、とにかく怪しい、みたいな(笑)。


彩姐さん、本作でも頑張ってる。
とにかく体当たりで、
迷いがない。
凄い事だ。


夫役を宍戸錠にした事で、
映画に重みが出た。
彼の年齢による悩みも、
説得力がある。
前作の野村宏伸では、
申し訳ないけれど、軽すぎる。


「花と蛇」は、
過去にも、この映画の後も、
何度か映画化されているけれど、
いくら全制覇病の私でも、
これを制覇しようとは、ちょっと思わないかな(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(63)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 63

コメント 8

Ginger

エンケン&彩姐さん、興味ありです♪
ムカシ、「ナインハーフ」がスッゴクスキだったのですが、時を経て観直したら、ミッキー・ロークがただの変態オヤジにして見えなくて・・・感受性の変化に自分でも驚きました・・・あの時、わたし、発情期だったのかしら?ニャハ!
by Ginger (2017-03-06 14:37) 

きよたん

2も見てます
杉本彩さんが最もきれいな時かしら
痛々しい姿が最高でした。
この人以外の花と蛇は陳腐すぎて。。
by きよたん (2017-03-06 22:33) 

hatumi30331

面白い映画見つけて来るよね〜
さすがです!^^

今日は寒いよ〜
暖かくして、散歩してきます!^^
by hatumi30331 (2017-03-07 07:29) 

裏・市長

今日は「またかよ!」がいっぱいね。

ハナヘビ「 2 」鑑賞。

またかよ!。

遠藤憲一出演。

またかよ!。

ブラックマーケット。
闇社会、またかよ!!。


なんにでも「こころ」は必要だ。
心がないと動けない。

まず「自分ありき」でいいんだけれど、
ちょっとだけ、行動には移さなくても
ほかの誰かの事を考える、思えるゆとりがあれば、
そrをみんなが行動できれば、
もう少しこの世は暮らすやすくなるのに…と、
裏・市長狂の教祖は考えております。

こんな事をつらつらと書きつづった、
薄っぺらい本を緊急出版して、
ひと儲け企みましたが、干眼さんとこの美子ちゃんに
先を越されて、一瞬プレミア価格だったあの本が、
品が溢れて、ブックオフで買い取り10円と知り、
緊急計画取りやめしました。

今、一部の店舗では在庫が増えすぎて、
買い取りお断りするところもあるらしい・・・。

ブックオフでお値段つきませんでしたが、
処分されますか?と聞かれて、
持ち帰るのも面倒だから「ハイ」と答えると、
高確率でそれらは店頭に並ぶ・・・。


by 裏・市長 (2017-03-07 10:18) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます

あぁ。分かります。
昔めっちゃ感動した映画でも
今見ると、大した事ないなと思ったり、
その逆もあったり。

いえいえ、Gingerさん、
発情期「だった」なんて事は言わず、
お互い、死ぬ日まで「発情期ing」で通しましょう^^;

by 青山実花 (2017-03-09 14:19) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます

きよたんさん、一体どうしたことでしょう、
「花と蛇」マニア?(笑)
彩姐さんだけならともかく、
他のかたの作品まで観られているとは。
他は駄目ですか。
やっぱり観るのやめときます(笑)

by 青山実花 (2017-03-09 14:20) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

これね、某レンタル店のアダルトルームにあって、
店員さんが取ってきてくださったんですよ。
AVじゃあるまいし、それほどかよ、って(笑)

お互い、風邪など引かないよう頑張りましょう!

by 青山実花 (2017-03-09 14:20) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

「またかよ!」のエンケンさんは、
役得すぎです。
あんな美しい彩姐さんと、あんな役(笑)。
CGで犬になったり、
朝日屋の冴えないオッサンの役をした
甲斐があったってもんですよ。


おぉ!
裏・市長教祖様、ついに作家デビューですか!

私も裏・市長教に入信して、
62年が経ちましたが、
中々本が出版されない事に、
苛立ちを感じておりましたのよ。
この度は誠におめでとうございます。

裏・市長様の、
ありがたいお言葉を本にまとめて下されば、
一家に一冊どころか、
七冊でも八冊でも、各部屋に置いて、
いつでも手に取れるようにしておく所存でございます。

さらには、眠る前には必ず読み、
一日の反省に使いたいと思っております。

お値段はいかほどでしょう。
最初から10円に設定しておけば、
ブックオフに売っても、損する事もなく、
読者の皆様から、喜ばれる事間違いなし。
ぜひ、ご検討をお願い致します。

いえ、私は裏・市長様の本を売るなど、
罰当たりな事は絶対にいたしませんわ。
入眠に効果的なアイテムなのに、
そのような勿体ない事を、するわけないじゃありませんか。

by 青山実花 (2017-03-09 14:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0